yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20151231午後はオルセー美術館で印象派の絵を中心に歩く(2)

<<   作成日時 : 2016/02/05 17:48   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

1900年に建てられた駅をそのまま利用した美術館。
1986年に開館した印象派を中心にした美術館です。

画像

6日間のミュージアムパスの最終日です。
このパスはそれほど割安感がなかったので(1日に回れる数が限られますからね。)最初、購入するか迷いました。
美術館はセキュリティーチェックがありますから入場に時間がかかります。
人気の美術館は優先列がありますから時間の節約にはなりました。
画像

天井が高く、この空間が好きです。
2011年に、大規模な改築工事があったようです。(鑑賞しやすくなったそうです。)
多くの作品を見て来ました。
画像

ホドラー「木を伐る人」
画像

ランソン?(自信がありません。ご存じの方、教えて下さい。)
画像

ランソン?
画像

アンリ・ルソー「戦争」
画像

トゥールーズ・ロートレック「踊るジャヌ・アヴリル」
画像

トゥールーズ・ロートレック「ムーア人の踊り」
画像

エルネスト・メッソニエ「フランス遠征」
画像

夫が熱心に鑑賞していますが?(ご存じの方、教えて下さい。)
画像

時計越しに見えるセーヌ川とルーブル美術館。
画像

マネ「草の上の食事」
画像

マネ「黒い帽子のベルト・マリゾ」
画像

モネ「サン・ラザール駅」
画像

モネ「モントル・ギュイユ街」、お気に入りの絵なのですが今回展示していませんでした。(2007年展示)
画像

モネ「パラソルの女」
画像

モネ「青の睡蓮」
画像

モネ「睡蓮の池」
画像

モネ「ルーアン大聖堂・朝」
画像

モネ「ルーアン大聖堂・夕」
画像

モネ「ひなげし」
画像

ルノアール「草深い坂道」、この絵もお気に入りです。
今回、整理していて勘違いが分かりました。
この絵もモネだと思っていました。
ポスターを買って眺めていた時期もありました。
アルジャントゥイユ(パリの北西)に印象主義の仲間(モネ、ルノアール、シスレー、ピサロ)が集まって新しいだ題材を見つけて作品にしたそうです。
画像

ルノアール「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏場」
画像

ルノアール「都会のダンス」、「田舎のダンス」
画像

ルノアール「ピアノを弾く娘たち」
この絵は注文作品で油絵6点、パステル1点あります。
画像

午前中、オランジュリー美術館で見た、ルノアール「ピアノを弾く少女たち」
画像

ドガ「アイロンをかける女」
画像

ドガ「 舞台のバレエ稽古 」
画像

ドガ「青い踊り子たち」
画像

セザンヌ「スープ入れのある静物」
画像

セザンヌ「リンゴとオレンジ」
画像

セザンヌ「水浴者たち」
画像

セザンヌ「トランプをする人たち」
画像

セザンヌ「たまねぎのある静物」
画像

ゴーギャン「食事」
画像

ゴーギャン「白い馬」
画像

ゴーギャン「アレアレア(笑い話)」
画像

ゴーギャン「扇面のある静物」
画像

ゴーギャン「美しきアンジュール」
画像

ゴーギャンと言えば「タヒチの女たち」を思い出しますが今回はたぶん展示していなかった。(2007年展示)
画像

スーラ「サーカス」
画像

シニャック「赤いブイ」
画像

シニャック「井戸端のプロヴァンス娘」
画像

マイヨール「パラソルの女」
画像


ざっとですが鑑賞して来ました。
それにしても、これだけの名画が当たり前のように並んでいるのには今さらながら驚きですね。

ゴッホの作品は(3)で紹介します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
20151231午後はオルセー美術館で印象派の絵を中心に歩く(2) yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる