yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20160101パリの元旦は植物園に(前編)

<<   作成日時 : 2016/02/08 17:36   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

大晦日は夜更かしをした訳ではありませんが、寝正月です。
この頃は日の出は8時50分で日の入が17時10分位でした。
朝が日本よりかなり遅いです。

しかも今日は珍しく曇り空、出かけるのにも傘を持って行くような天気です。
さすがに1月1日は美術館、デパート、ほとんどのお店は休業。
実際に午後から出かけて見たら、コンビニ程度の昔ながらのお店はどこも開いていました。
パン屋さん、飲食店もそこそこ開いていました。

植物園は「行ってみたいリスト」に入っていました。
この季節ですからあまり期待は出来ないかな?と。
しかし、今日は行く所もないので散歩がてら、のぞいて見る事にしました。
ホテルから地下鉄5号線でセーヌ川を渡って、4駅のガル・ドステリッツ(Gare d'Austeritz) で下車。
そこから見えています。
植物園、動物園、その他3つの展示館が広大な敷地内にある国立自然史博物館です。
画像

今日は一部は休業のようですが植物園は無休です。
考える事はみんな同じようで地元の散歩をしている方や観光客でそこそこ人がいました。
地植えのパンジーは霜よけのネットがしてあります。
この季節ですからこんな感じなのは分かりますが、
画像

歩いて行くとポピーが咲き始めているのには驚きました。
昨年から今年にかけてパリは本当に暖冬のようです。
2月になっても相変わらずのようで、ホッカイロが余りそうと娘が言っています。
画像

整然とした庭が中央にありますが左右に少し寄り道をしながら歩いて行くとぽつぽつとですが日本でも見た事がある花や逆に珍しい花も見られて意外に楽しめました。
画像

紫色でナス科の花?
画像

ナスタチュームは食べられる花。
画像

緋寒桜?なのでしょうか?
満開でした。
もう少し天気が良ければ綺麗なところです。
画像

八重になったピンク色の桜?
画像

キンセンカに似ていると思いますが自然にポツリと咲いていて、こんな感じが好きです。
画像

パリでは良く見る白い花木。
画像

こんな感じで大きくなります。
ロダン美術館でも見る事が出来ました。
この季節、綺麗だな〜と思ってました。
画像

曇り空ですが風もなく、寒くはありません。
小さなメリーゴーランド、たぶんクリスマスの時期のみ?
常設ではないと思いますが。
画像

タチアオイが咲き始めていてしかも蕾が見えますから狂い咲ではないと思うのですが?(不思議ですね。)
温室内ではありませんよ。
画像

クリスマスローズが咲くのは当然ですが。
画像

真っ赤な花につられて近づいてみると菊、葉を見ると納得です。
画像


画像

苗木も植えられていますね。
正面に見える建物は「進化大陳列館」です。
入れたのかな?
画像

振り返ると、この庭園の一番目立つところに、庭園の発展に大きく貢献したビュフォン伯ジョルジュ=ルイ・ルクレール (1707 - 1788年)の銅像です。
啓蒙思想の博物学者だったビュフォンは、フランスの百科事典である「博物誌」の著者としても有名との事です。
画像

こんな珍しい花も見られて、
画像


画像


画像


画像

黄色い大きな木につられて近づいてみると、ミモザでした。
最近、良く見かける木ですが東京でも早くて3月になってから咲くのにビックリポンです。
画像

大温室前です。
ここも入れないようです。
画像

この大木は?
敷地内に何本かあって見事でした。
葉が落ちていてさすがに幹だけ見てもわからない。
画像

敷地内の動物園は少しですがカンガルー?などの小動物が見えました。
ここは入れましたがパスします。
画像


画像


画像

植物学学校。
画像


小一時間でしたが楽しいひと時となりました。
さて、ここから少し歩きながら西に移動します。
リュクサンブール宮の近くの「ヴァル・ド・グラース病院」近くまで散歩です。

リルケ「マルテの手記」は夫が学生の頃からの愛読書。
川村二郎の訳がお気に入りでした。
冒頭の「つまり、ここへ人々がやってくるのは、生きるためではあるのだろうが、それよりぼくの受けとる感じでは、ここにいれば死ぬことになるとでもいうかのようだ。目にふれたのは、いくつもの病院だった。」と暗唱するぐらいでした。
思い出して、歩いてみる事にしました。

「ヴァル・ド・グラース陸軍病院」は今はもちろん陸軍ではありません。
そして今も周りには多くの病院がありました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
20160101パリの元旦は植物園に(前編) yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる