yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20160211湯ノ丸山の北峰に登ってから南峰へ

<<   作成日時 : 2016/02/15 14:36   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 8

湯ノ丸山(2101m)

時期 2016年2月11日(木)

天気 晴れ

駐車場  角間山登山口前(トイレはありませんから手前の 湯ノ丸スキー場 で利用すると便利です。)
      
行動時間  6時間40分 (休憩を含む)

コース  角間山登山口8:30-東屋(分岐)7:08-7:52-湯ノ丸山北峰(2098.6m)11:50〜12:52-南峰(2101m)13:00-鐘分岐13:28-つつじ平-東屋(分岐)14:20-角間峠方向に少し進む-角間山登山口15:10

湯ノ丸山のGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。


前日の2日間に40〜60pの積雪があったと天気予報で言っていたので、今回も角間山に登るのは難しいかなと思いながらアプローチしました。
5〜6台の車が駐車しています。
角間山に登るグループなのか聞いて見ると東屋(分岐)から鐘分岐経由で、湯ノ丸山に登るとの事でした。
8時30分、角間峠経由で登る予定で出発です。
画像

9時6分、東屋(分岐)を過ぎてもしっかりとトレースがありました。
角間山に先行しているグループを期待していたのですが、ここから右に進む所でトレースはなく左方向にしっかりとしたトレースは続いていました。
今日は天気も良く、山頂での眺望が期待できますからこのまま、トレースを追って湯ノ丸山を目指す事にしました。(角間山はこのまま進むとラッセル疲れで山頂に立てない?)
画像

トレースがあってかなり助かったのですが、そこそこ沈むので今日は私は後から進みました。
画像

木々の下をくぐりながら進んだり、
画像

直登が難しい所は斜めに進んだり、踏み固めても、ずり落ちたりする所もありました。
画像

10時30分、標高を上げて来て振り返ると篭ノ登山の後ろに浅間山が見え始めました。
今日はおとなしく噴煙はほとんど上がっていません。
画像

10時55分、青空を見上げながらそろそろ山頂に立ちたいと思ってからが長いです。
画像

桟敷山、村上山を背にそこそこ急登なのがわかります。
画像

見上げるとかなり遅れてしまった私。
画像

南方向に目をやると富士山が見えて、手前に瑞牆山、金峰山と奥秩父の山並みが見え始めました。
画像

草津白根山、苗場山方向を背に登っています。
画像

周りの木々が樹氷ぽくなっています。
画像

私は周りの景色が素晴らしくて立ち止まってばかりです。
風もなく穏やかな天気でした。
汗をかくのでゴーグルがくもります。
画像

この景色が見られて大満足。
画像

あそこが山頂であってほしいと下から写真を撮っている私。
画像

もたもたと登っている私を振り返っています。
画像

11時50分、湯ノ丸山の北峰にひょこっと登りあげました。
手前、角間山の後ろに四阿山、根子岳と見えて右には草津白根山方向が綺麗に見えます。
画像

北、妙高、火打(北信五岳)方向は雲が少しかかっていて確認ができませんでしたが、
画像


画像

北アルプスの山並が見事に見渡せました。
画像

乗鞍岳にズーム
画像

槍ヶ岳にズーム
画像

北穂高、奥穂、前穂岳方向にズーム
画像

御嶽山にズーム
画像

気がつくと先月に登った烏帽子岳も雪景色でした。
画像

左に八ヶ岳を見ながら、正面には中央アルプス。
画像

湯ノ丸山の南峰方向を見ると右に八ヶ岳、富士山を薄っすら見えて奥秩父の山並が見えます。
この景色を見ながら、1時間の大休憩。
下山ルートに悩みました。(湯ノ丸山登山口の地蔵峠から自動車道を戻るのは嫌なので。)
角間峠経由で下る事も考えましたが南峰経由で鐘分岐まで下ってつつじ平、東屋(分岐)経由で下山する事にしました。
(朝に出会ったグループがこのコースで歩いているのでトレースは確実です。)
画像

13時、南峰で浅間山を背に記念写真。
画像

南方向の正面に八ヶ岳、左に薄っすらと富士山。
画像

私は北アルプスを背に。
画像

スノーシューの下りは楽しいです。
画像

トレースを少し外れて、ふかふかした雪の中、滑りながら下山。
画像

13時30分、30分もかからずに下って来ました。
画像

鐘分岐から東屋(分岐)に向けての道は快適です。
画像

東に浅間山、
画像

西に湯ノ丸山を見ながら楽しいスノーシューコースです。
画像

角間山も見えて来て、
画像

14時20分、最後はそこそこ急坂を下って東屋(分岐)に出ました。
画像

時間もあったので角間山方向の分岐点までもう一度行って見ました。
朝はなかったトレース(スキー)がありました。
画像

15時10分、明日、角間山に挑戦する?!
なんて言いながら途中で引き返して下山しました。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
この日は滅多に無いくらいの良い天気でしたね。このあたりの山ならばアルプスを始め大遠望を楽しめたと思います。
角間山へは駐車場から少し下に降りて「雪山賛歌」の碑があるところを登って営業していないホテルのような建物の前を真っ直ぐに登って行けば角間峠にはすぐに着きます。途中かまわずに右に登っても山頂直下の白い台地に着きます。往復4時間もあれば行って来れると思います。
インレッド
2016/02/15 19:56
izumiさん達はもしかしたら角間山かな〜と思ってました^^
私達も迷ったのですが、天気が良かったので展望目的で烏帽子でした。
湯の丸の方を見ていたのですが山頂の人影が分からず・・・ズームで見てみれば良かったです(^^ゞ
お天気最高で展望が素晴らしかったですね。
ニアミスで残念でした^^;
翌日もニアミスだったでしょうか?(^^ゞ
sanae
2016/02/15 20:29
素晴らしいお天気で雪山楽しまれましたね!
私も湯の丸、烏帽子、角間などとこの界隈の山何処を歩こうかと迷いながら、結局黒斑山に行ってきました。
沢山の人が入っていたので、スノーシューは履かずにアイゼンで歩きましたが潜らずに歩けました。
眺望が素晴らしく雪山日和で良かったですね。


orihimeff
2016/02/15 21:05
インレッドさん
今回、GPSに角間山に直登するコースや角間峠経由で登るコース等、色々と入れていったのですが、みなさん、ここから湯ノ丸山に登ると聞いて我が家も結局トレースにつられてしまいました。(笑)
北峰にポットでた時は面白かったです。

紅葉館近くの登山口、昨年のレンゲツツジの季節に下山して来て確認済なのについ手前からいつも登ってしまいます。
大展望でしたから満足な山歩きとなりました。
また次回の楽しみとなりました。

izumi
2016/02/15 21:57
sanaeさん
我が家も結果、湯ノ丸に登って良かったです。
風もなく穏やかな山頂で1時間ものんびりしていました。
スノーシューが大活躍しましたね。

我が家、次の日、角間山に再チャレンジ?
信越トレイルの牧峠を目指して登る?
色々と候補はあったのですが、
結局、菅平牧場から根子岳に登りました。(冬の時期は初めてでした。)
我が家には適当なコースです。
izumi
2016/02/15 22:06
orihimeffさん
湯ノ丸スキー場から一旦下って角間山の登山口に下る道はいつも雪が凍っていて少し怖いです。
「帰りはチェーンとつけて登る?」なんて言ってましたが、気温がそこそこあがったの必要なかったです。

角間山、やはり登る人が少ないですから難しいですね。
この日は絶対に山頂に立ちたかったので湯ノ丸山にして良かったです。(笑)

izumi
2016/02/15 22:16
昨日、春に登った湯の丸のコースは良かったね!って話していた所でした。冬は冬で良いですね。私たちは去年、東屋までのラッセルでばててしまって戻ってきました。
スノーシュー、トレースの無い所を歩くのは楽しいですが、雪がありすぎもたいへんですね。
飯盛山はアイゼンすら要りませんでしたよ。4連休羨ましい!
さえ
2016/02/16 07:28
さえさん
湯ノ丸山の北峰に登りあげるなんて考えたらありえない!?
山頂からスノボー、スノーシューで下って来た方のトレースだったのかなと思います。

八ヶ岳を見ながら雪の量が少ないのは分かりました。

4連休だと気分的にのんびり出来ますが、山歩きは2日で十分でした。(笑)

izumi
2016/02/16 12:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
20160211湯ノ丸山の北峰に登ってから南峰へ yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる