yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20160305越後・村松白山で雪庇を楽しむ!

<<   作成日時 : 2016/03/08 10:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 10

白山(1012,4m)

時期 2016年3月5日(土)

天気 晴れ

駐車場  慈光寺バス停前の大規模駐車場。(トイレは冬季使用不可、必要なら寺内)

行動時間  7時間20分(休憩を含む)

コースタイム 駐車場8:00-慈光寺8:10ー尾根線登山口(1合目)8:40-3合目(462m)9:25-7合目10:43-白山山頂11:50〜12:45-天狗ノ腰掛(798m)13:15〜13:22-5合目(678m)14:00-鉄塔(346m)14:40-天狗堂15:05-慈光寺15:10-駐車場15:20


白山のGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。


冬の時期の越後・村松白山に登りたいと思い始めてからここ数年。
天気が安定しない時期ですからなかなか機会がありませんでした。
今週末は日本海側の新潟地方が天気が安定していましたから思い切って遠征して来ました。

北陸道の三条燕ICから1時間弱で五泉市の慈光寺前の駐車場に到着です。

8時過ぎに出発です。
画像

慈光寺は開山600年を超える古刹です。
杉並木は県天然記念物に指定されているだけの事はあって巨木に圧倒されます。
画像


画像

お参りはゆっくり、帰りに寄る事にして、
画像

橋を渡って尾根線登山口から登る事にします。
画像

8時40分、尾根線登山口(1合目)から登り始めますが見上げるとあまりの急登でした。
雪の量が少ないので、さすがにスノーシューでは登れません。
ザックにくくりつけます。
ここで、私がアイゼンをはけば良かった所でしたがみなさん、ツボ足、長靴で登って行くのでつられてしまいました。
画像

トレースがしっかりとついています。
地元の方の話しだと、やはりこの周辺も例年の半分位の積雪量との事です。
画像

9時、2合目を通過、すでに、かなりの汗をかいています。
見上げるとはるか先に尾根線が見えます。
少し気が遠くなる感じを持ちながらゆっくりと登っています。
画像

9時25分、やっと、3合目に登りあげました。
しばし休憩です。
画像

ここからはブナ林の中の登りとなります。
今までのように、急登ではありません。
展望も開けて来ます。
9時54分、4合目を通過しています。
画像

この辺りから雪庇が見られるようになって来ます。
画像

5合目を過ぎた頃からは、見事な、この景色です。
画像


画像


画像


画像

10時22分、展望も益々、開けて来て山頂あたりが見えて来ました。
画像

この辺からは、背負っているスノーシューを履いた方が結果的には楽だった尾根でした。
画像

大蔵山、菅名岳が見え始めました。
画像

10時43分、7合目の標示が見えて来た所で大休憩。
私はシャリばて、夫は登って来る途中から両足がつり気味だったようです。
そして、ここからスノーシューをはいて出発です。
画像

大蔵山、菅名岳の後ろには二王子岳、飯豊連峰と連なるのでしょうが今日はそこまでは見えません。
画像

11時20分、山頂手前からは開けて来ます。
画像

今日はトレースをたどって登って来ましたが、
画像

天気が悪いとコースを見失いそうな所です
画像

今年は雪の量が少ない為か、かなり高い位置にロープが張られています。
見上げる位置です。
画像

振り返ると、新潟平野が見渡せました。
画像

新潟平野、菅名岳が見渡せました。
画像

雪が重く、しかも久しぶりの山歩きでした。
後から登って来る人に、どんどん抜かれながらもなんとか登って来る事が出来ました。
山頂手前の避難小屋が見えて来ました。
画像

避難小屋は2階から出入りするようですが、風もなく暖かいので外で食事をしている人が多いです。
中は確認していませんが。
画像

広い山頂に向かいます。
画像

11時50分、白山山頂に立ちました。
粟ヶ岳を背に立っています。
粟ヶ岳は2006年6月、ヒメサユリの季節に登っています。

1時間近い休憩中、田村線から登って来た数人の方、下山して行く方も多くトレースは期待できそうです。
そして、後ろ隣で食事をしているベテランの女性が下りの様子を詳しく教えてくれました。
画像

12時45分、田村線を下山します。
山頂を振り返っています。
画像

このコースを登って来る、最後の方です。
毎年、この時期だとアイスバーンになっているそうです。
画像

7合目までは急坂ですが少し水分を含んだ重い雪でしたが、スノーシューで滑りながら下って来ました。
画像

山頂を振り返ります。
画像

川内山塊の山並を見ながらの楽しい下山コースです。
画像

7合目手前から山頂を振り返ります。
7合目の天狗ノ腰掛と呼ばれるブナの大木は?
見過ごしたのかな?
なんて思いながら一気に下りて来ました。
画像

13時15分、7合目の天狗ノ腰掛です。
プレートも付いていて、さすがに巨木ですから見落としませんね。
ちょっと、登って見たくなる感じの樹形です。
画像

上から見ていたら、この辺からの、登り返しが気になっていたのですが、それほどのこともありませんでした。
画像

13時40分、6合目で振り返ると、ゆっくり下って来る夫、ブナの芽吹きの頃も気になりますね。
画像

5合目手前からは左方向にコースを取って行きます。
今日はトレースがありますから迷いようがありませんが、直進しないように気をつける所です。
このコースは登りも下りもピンクのテープは付けられています。
一番、この返が欲しい所ですが少なめです。
画像

いつもは雪の下だと思われる、慈光寺、5合目の標示です。
丁度、ブナ林と植林された杉?がぶつかり合う所です。
画像

私は手前から曲がっています。
画像

そして、この先は道があるの?
と思いながらアプローチした4合目手前の急坂を下ります。
斜めに下って行けば問題ありませんが、さすがにここだけは腰近くまで雪がたまっていました。
画像

14時15分、4合目から振り返って見ると、
画像

登って来た白山の全容を見る事が出来ました。
画像

3合目、この辺は楽しい尾根下りです。
ツボ足で走るように下って来た夫婦にアッと言う間に抜かれました。
画像

真似て少し早めに歩き出したら見事にコケました。
その勢いで尻セードーとなりました。
画像

14時40分、鉄塔前と通過、
画像

15時5分、天狗堂の屋根が見えて来ました。
画像

15時10分、慈光寺をお参りして下山しました。

15時20分、駐車場に戻りました。


次の日は五頭山に登る予定でした。
2011年6月に菱ヶ岳から五頭山へ 周回しています。
その時、地元の方に冬の時期もお勧めですよと言ってもらったのが印象的でした。
しかし、疲労困憊!
次回の楽しみとなりました。

小出IC方向に下道を走って入る途中、「加茂 美人の湯」があったので立ち寄りました。
とても、居心地が良かったので休憩、夕食を取って少し元気になりました。

谷川PAで水を汲んで、6日(日)の午前中に帰宅しました。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
すごいせっぴね。普通通りの雪ならどんなのかしら⁉
それにしてもいずこも雪がないのね。困ったことにならないといいけど。ブナの芽吹きの頃もチェックしますね。きれいな景色ありがとう😆💕✨
さえ
2016/03/08 13:26
さえさん
なかなかの景色でしょ!!
雪庇は期待以上でした。

久しぶりの山歩きでしたか次の日の筋肉痛が半端じゃなかったです。

ブナの芽吹きなんて言われると、今年は何処に行こうかとワクワクしますね。
izumi
2016/03/08 14:23
こんばんは
お疲れ様でした
雪の量は少なめでも、新雪が降った後でしたから、歩きやすかったのではないですか?
越後は山に登った後に、お風呂に入って帰れるようになっているの? と思う程に、麓には何処でもお風呂屋さんがありますので、五頭山に登られる時も温泉三昧を予定に入れていらして下さいね♪〜
リッキー
2016/03/08 20:26
やはり越後は雪が深いですね。
通常の半分でもこの積雪、雪庇も多く本格雪山でしたね!
春霞みとはいえ雄大な素晴らしい越後の山並み、堪能させて頂きました。
尻セードー楽しそう!
キャッキャッ喜んでいるizumiさんが浮かびますよ(笑)
orihime
2016/03/08 20:56
リッキーさん
この時期、新潟の山歩きは初めてでした。

昨年は3月21日に大力山に登っています。
例年ですと角田山あたりで、カタクリと雪割草を楽しんで、GWの時期に残雪歩きを楽しみます。

そろそろ、お花を追いかける山歩きかなと思っています。
雪割草、咲き出しているんですね。
izumi
2016/03/08 21:47
orihimeさん
関越トンネルを抜けると別世界が待っている。
真冬はなかなか行けませんが、新潟の春先からの残雪歩きが私がとても好きです。
私は下りが苦手ですからつい尻セードーをしてしまいます。
izumi
2016/03/09 09:59
お早うございます。
田村線で帰りましたか、頑張ったですね。一か所だっけ直進してしまうと違う尾根へ行ってしまう所がありますが迷わずに済んだようです。下の神社付近の雪を見ると、かなり今年は雪が少ないようです。今頃の六万騎はたやすくは登れないと思いますが、山頂からさらに長森山方面に行くと良い眺めの尾根と山頂になります。
インレッド
2016/03/09 10:02
インレッドさん
田村線、しっかりとしたトレースがあったので迷いようがありませんでした。
私は、事前にこのポイントだけ注意する事はインレッドさんのブログを読んでマークしていました。
視界が悪かったり、トレースがない時は下れませんね。
天気が良かったせいもあって多くの方が入っていました。

今年は雪の量がどこも少なめのようなので、場所を少し変えて六万騎か大力山(昨年登っているので。)と思ったのですが・・・

次の日に登る気力がわきませんでした。

長森山まで行って周回するルート、地図に出してあるので春先に行ってみたいです。

izumi
2016/03/09 11:56
こんにちは。
GPS見て、地図も開いて見ましたが、この辺りはまったく分かりません。
数年も思いを込めてきた山ですか。確かにいい山だと思いますが、遠くまで行きますね。
カスミッシモ
2016/03/09 16:31
カスミッシモさん
なかなか、天気が安定しない日本海側です。
今年はどこも雪が少ない中、思った以上に楽しむ事が出来ました。

これからの季節、雪割草、カタクリを楽しむ角田山や弥彦山も近くにあります。
私は、新潟の山歩きが一番好きです。
izumi
2016/03/09 21:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
20160305越後・村松白山で雪庇を楽しむ! yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる