yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20160313信越トレイルの袴岳は霧氷のトンネルでした。

<<   作成日時 : 2016/03/16 16:06   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 7

袴岳(1135m)

時期 2016年3月13日(日)

天気 晴れ時々曇り

行動時間 2時間55分(山頂で40分弱の休憩含む)

駐車場 万坂峠手前で右に赤池方面に進む。(斑尾高原スキー場方向からアプローチしています。)
      左側の路肩に停めれるスペースがあります。

コース  登り口7:00-袴岳8:20〜9:00-登り口9:55

画像


袴岳までのGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。


前日の土曜日に歩いたグループが多かったようでトレースがしっかりとありました。
袴岳まで少しショートコースとなりましたが山頂までは展望がありません。

こちらも、やはり雪の量は少なく、標識が見えています。
画像

7時、雪の壁になった所を乗り越えて行った記憶がありました。
ここは標高940mですから登山口から霧氷のトンネルとなっていました。
画像

当初の天気予報より良いほうに転んだようで青空が見えています。
画像

前日にはそこそこの人数は歩いたと思われるトレースがありました。
画像



昨年の2015年3月28日に袴岳に登りました。
この日はトレースがなく、山頂までGPSを見ながらほとんど夏道を歩きました。
このコースの方が展望が良くおすすめです。

画像

木々の合間からから斑尾山が見え隠れしています。
画像

この標識も本来なら雪の下。
画像

夏道はここで下らずに左方向に行けば展望が望めます。
しかし、あまりにもトレースがしっかりとあったので右方向に少し下って、袴東峰を巻く事になりました。
画像

振り返ると少し樹氷になっていますね。
画像

周りの木々は霧氷となっています。
画像

この景色のなか、スノーシューハイキングとなりました。
画像

ブナの木の周りを少し外れて歩いてみたり、、
画像

緩やかな所を登って行きます。
画像

しばらく進むとブナ林の中の登りとなります。
https://bblog.sso.biglobe.ne.jp/images/manage/mngrp_comm.gif画像

ここの霧氷のトンネルが密度が濃く、まるで氷の世界に迷い込んだようでした。
画像

霧氷の合間から信越トレイルが見え隠れしていました。
画像

頑張って登って来て良かったと思う瞬間ですね。
画像

展望が少し開けてひょっとして山頂?
GPSで確認すると、あと400m位先との事です。
そうそう、山頂はもっと、開けた所でした。
斑尾山の後ろに見えるのは黒姫、高妻山方向かな?
たぶんここは袴T峰付近だと思います。
今年は小雪でしたから周りの木々が雪の下にならず、展望も木々の合間からとなったようです。
画像

広い空間、なだらかになって来るとトレースが分散します。
画像

一歩一歩進んで行くと、
画像

8時20分、前方が開けて来て山頂に立ちました。
画像

山頂標識が今年は雪にうもっていません。
画像

今日は展望は期待していなかった所、これだけの山並みが見えたので満足です。
妙高山に続く新潟県方向の山並みです。
画像

左から黒姫山と妙高山。
画像

今日は新潟県方向は展望がありましたが、長野県方向はすっかり雲の中でした。
9時、山頂に40分滞在していましたが登って来る人はいませんでした。
画像

今年はどこも小雪でしたがやっと雪山歩きを楽しむ事が出来ました。
画像

雪桜が咲く中の楽しい下山。
日差しが出て来て、風が吹くとパラパラと氷が落ちて来ました。
画像

画像

モコモコした樹氷ポイ所を通過。
画像

9時55分、同じコースを下山して来ました。
画像


道路情報によると関越道は夕方から東京方向は40キロ渋滞でした。
今日はどこにも寄らずに帰宅します。

昼時の高速は空いていてあっと言う間に帰宅出来ました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
信越トレイルも雪が少ないと思っていましたが、やはりそれなりにあって、霧氷のトンネルがきれいですね。
行こうか迷いますが、今シーズンはあまり雪山に行ってないです(^^ゞ
あっという間に終わってしまいますね^^;
それにしてもフランスからお帰りになって、どっぷり日本の雪山巡り、スゴイです!
フランスでもスリなんているんですね、ご無事に帰国できて何よりでした。
山からもやはり無事に・・が合言葉ですが、どこに行っても身の安全が第一ですね(^^ゞ
sanae
2016/03/16 20:56
書き忘れました(^^ゞ
鍋倉山に限らないかもしれませんが、マナーが悪くなったのですね。
私達も失礼なことをしていないかと気になりました^^;
ゴミ捨ては論外ですけどスノーモービルが突っ込むってビックリです。
sanae
2016/03/16 21:00
sanaeさん
信越トレイ、もう少し近いと毎週でも行きたくなる地域です。
真夏はともかく、一年を通して楽しめます。
下山後の温泉、お蕎麦、道の駅で買う地場産の野菜等。

駐車場がない所で道沿いに止める場合は特に気をつけなくてはと思います。
駐禁の取り締まりはさすがにない所でも地元の方には生活道路ですからね

フランスに限らず、外国は地下鉄内やホーム付近でのスリ、ひったくりは結構、多いみたいですね。
izumi
2016/03/17 09:42
土日とも北の法がお天気良かったみたいですね。北は雪マーク南は晴れマークと思っていたのに、私は残念でした。
袴湿原って一度行ってみたいと思っています。湿原の見られる時期にね。
京都からだと森の家に泊って、朝もゆっくりお弁当作って出かけられたけど、今は日帰り出来る分せわしないです。道の駅のワンコインランチ美味しいのに食べられない!
さえ
2016/03/17 18:48
さえさん
春の天気はころころと変わりますね。
新潟県に近いのでこの周辺の天気は微妙に良かったです。(笑)

袴湿原は6月1日に歩いています。
川沿いにサンカヨウが満開でしたが湿原自体は遅かったのか水芭蕉とショウジヨウバカマがポツリと残っていた。
タイミングが微妙でした。
昨年の9月に歩いた時は草紅葉と言うより低木が生い茂っていてこれも少し微妙でした。
季節が少しずれるだけで変わってくるのでしょうね。

森の家も今年はほとんど雪がなく景色が違っていましたよ。
izumi
2016/03/18 08:48
こんばんは。
下から見上げる霧氷が美しいですね。樹林帯の中で下から見ることはあまり無いですね。こんなに美しいとは。
下界では桜が咲くと云うのに。そう雪桜が咲くんですね!
カスミッシモ
2016/03/21 20:30
カスミッシモさん
ブナの芽吹き、新緑の葉、そして秋には黄葉して季節を変えて楽しめるブナです。
初めてこの季節に霧氷(雪桜)を楽しむ事が出来ました。
お気に入りの山は、同じ山でも季節を変えて歩いています。

izumi
2016/03/22 13:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
20160313信越トレイルの袴岳は霧氷のトンネルでした。 yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる