yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20160327雪割草三昧の角田山

<<   作成日時 : 2016/03/29 13:04   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 8

角田山(481,7m)

時期 2016年3月27日(日)

天気 晴れ

駐車場  角田浜海水浴場の駐車場(トイレあり)

行動時間 2時間20分 (休憩を含む)

コース 桜尾根登山口8:40-角田山手前で引き返す9:50-駐車場11:00

画像



昨年の2015年3月20日に同じコースで歩いています。
今日も山頂手前で引き返しました。
この時期の関越道は夕方から東京方面は激混みになりますから早めに帰宅予定です。

それなのに、カメラの電池を交換するのを忘れて引き返したりと時間ロス。
8時40分に歩き始めました。
それでも早い出発だったようで戻って来た時は広い駐車場も混んでいました。
私達は「こんな感じで止めればいい?」なんていいながら広々とした所に駐車しました。

角田山のこのコースはスパイク付長靴での入山は禁止です。
今日はストックにゴムのキャップを付けてきました。
(前回に登った時にこのコースを管理している方に注意を受けました。)
ストックは下りに使う予定です
画像

今日は安定した晴れ、日本海も穏やかです。
画像

桜尾根コースはそこそこ急登です。
雪割草を見ながら、写真を撮りながら登っていますから辛くはないです。
細い紐が張ってあって、登山道沿いに雪割草が保護されて植えられていますから藪の中まで入って行く事もなく鑑賞できます。
画像

前後して登っていた男性は白の雪割草が自然で一番好きと言っていたのが印象的でした。
画像

私はピンクも、
画像

紫も好きです。
画像

一つずつ、のぞき込みながら進むので夫は先に進んで行きます。
画像


画像


画像


画像

太陽が差し込みだすと花びらが輝きだします。
画像

この時期になると、やはり雪割草が見たくなって、新潟の山に通い始めて8年になります。
画像

一面に咲いている様子がわかりますか?
画像

今年は雪の量が少なかったので残雪の山歩きが気になります。
GWの頃は新潟の山歩きで残雪とブナの芽吹きを楽しんで来ました。
画像


画像


画像

キクザキイチゲの白と
画像

薄紫色が見られて大満足。
写真を撮りたくて、順番を待っていたら、昨日の里山でお会いしたご夫婦でした。
画像

カタクリも咲き始めたようでまたまた、大満足です。
画像


画像

斜面沿いに咲いていました。
画像

広い所で私の到着を待っていた夫です。
今日も手ブラで登っていますね。
画像

笹藪の中を良く見ると、白の雪割草が多く見られます。
画像

足元はこんな感じで咲いています。
画像

9時50分、まだまだ登って来る方が多いです。
私達はこの返で隣のコースを下山します。
このコースも保護されたコースです。
画像


画像

ナニワズの木があちこちに見られました。
画像

このコースの雪割草は大きな木の元に生えています。
日当たりがそれほど強くない為、花が綺麗な状態で、蕾の雪割草も見られました。
画像


画像

ショウジョウバカマもあちこちで咲き始めていました。
画像


画像

暗い森林の中、日が照りだすとやはり綺麗です。
画像

今日はこのコースも登って来る方が多く、山頂は賑やかになりそうですね。
画像


画像


画像


画像


画像

このコースも急坂を下る事になりますが斜面にはこんな感じで雪割草が咲いています。
足元に気をつけながら、お花見です。
画像

雪割草とショウジョウバカマのコラボ。
細い紐が張られています。
画像

咲き始めの雪割草も可愛い!!
画像

光を浴びて黄色い花?と一瞬思いました。
新芽が出始めていました。
画像

オウレンもこのコースは多く咲いていました。
画像

エンレイソウと手前は雪割草。
画像

ヤマネコノメソウが満開です。
画像

11時過ぎに駐車場に戻って来ました。
画像

日本海と佐渡島、こんなにはっきりと見たのは今回が初めてでした。
金北山に雪が積もった様子が分かります。
画像


交代で運転しながら頑張って渋滞前に帰宅。
スタッドレスタイヤの交換も済ませました。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。
角田に弥彦でしたか、まだ間に合ったようで
良かったですね。最近はこのあたりの雪割草
やカタクリにはすっかりご無沙汰しています。
インレッド
2016/03/29 21:05
インレッドさん
土曜日の午前中は2年前にインレッドさんが訪れた里山?にも行って来ました。
今回で私も3度目ですが、一番雪割草が楽しめたと思いました。
日本海を望むベンチがある所までやっとたどり着きました。
前回までは、途中で引き返してました。(笑)

ここの雪割草と角田もそうですが、ある程度、人の手が加わって保護されています。
弥彦山の雪割草は自然で色の種類は少し少ないかなと思いますが、藪の奥まで白い雪割草が自生していて私はこんな感じも好きです。

で、今回は頑張って3か所、歩いて来ました。

「今年はいいかな?」と思う時もありますが皆さまの雪割草のブログアップの写真を見ると、やっぱり出かけて行ってしまいますね。(笑)
izumi
2016/03/30 10:53
わーい贅沢な花めぐり!
海が見えて、花がいっぱいですごいですね。私もいつか行ってみたいですが、
新潟はまだまだ遠いです。
この間、牧峠のガイドさん、新潟の方で魚沼から行く尾瀬の案内をされているそうです。どっちが近くで楽しいのかしらとまたまた課題が増えました。
さえ
2016/03/30 18:00
さえさん
新潟は東京からも遠いです。
しかも日本海側ですから天気が3月は安定しなくて。
天気図とにらめっこです。

魚沼から行く、尾瀬コースはさすがに行った事はないです。
小出ICに着くまでに沼田ICからアプローチしていれば登山口近くまで進んでいるからです。(トンネルが出来て峠越えがなくなったので、益々便利です。)
今年はそんな心配はないと思いますが雪が多くてなかなか開通しない時もあるそうです。(尾瀬の山開きの水芭蕉の時期です。)

izumi
2016/03/31 11:41
雪割草の季節になると角田山の桜尾根コースを上り、海を見ながら灯台コースを下るのが私も大好きです。
と言いつつ角田山は2年ご無沙汰してますが、相変わらず雪割草は沢山咲いていますね。
雪割草三昧の良い2日間でしたね。

私は29日に、初めての国上山とインレッドさんの雪割草の丘?を歩いて来ました。
izumiさんの追っかけでした(笑)

orihimeff
2016/03/31 23:50
この週末はカタクリも咲いて綺麗だったことでしょうね。一週間前は少ししか咲いていませんでした。雪割草はいっぱい増えていたように思いました。
ストック以前注意されてましたか、私は数年前にスパイク長靴で登っていたんですよね(汗; この時出会っていなくて良かったです^^; 当時知らなかったとはいえホントに申し訳ないことをしました^^;
お蔭様で私達も里山楽しめました。この日はお天気悪かったのですね。でも弥彦も行けて良かったです。私達も弥彦の時は小雨でした。
sanae
2016/04/01 00:04
orihimeffさん
この季節になると、我慢できなくなって遠く新潟まで遠征しています。

雪割草は長かった冬が終わる時に咲くご褒美みたいな花ですよね。
雪割草の丘?で地元の方にあった時、あんな感じの山は周りにあるそうです。
名前は教えてもらえませんでしたが、展望が利く所で、「あそこ!!」と指を差して教えてもらいました。
もう少し中に入った所でしたが・・・

国上山、2度ほど行った事がありますがどうでしたか?
レポ、楽しみに待っています。
izumi
2016/04/01 09:07
sanaeさん
桜尾根コースを登って行くとき、早々と下山して来る地元の方に「カタクリはどうですか?」」と聞いたらまだまだと言われました。
「まだ咲いてないのかな?」と思いながら雪割草を十分に楽しんて登って行ったらこんな感じで斜面に咲いていました。
私としてはこれで、十分でした。

管理人さんとはここ2年続けて会っています。
一昨年は桜尾根から登って行って途中左に下る所で出会いました。
その時、一緒にこのコースを案内してもらいながら下山しました。(で、山頂はパス。)
昨年も桜尾根を登って行く途中で会って、ストックの事を注意されました。
砂地の山でどんどん崩れる事を。

今年もすれ違いましたからパトロールを兼ねて歩かれているみたいですね。

我が家もなかなか安定しない天気の中、思い切って行けて良かったです。


izumi
2016/04/01 09:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
20160327雪割草三昧の角田山 yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる