yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20160424アカヤシオが満開の石裂山・鎖場や梯子の連続です。(前日光高原の南端)

<<   作成日時 : 2016/04/27 12:46   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 6

石裂山(879、5m)

時期 2016年4月24日(日)

天気 曇り

駐車場 加蘇山神社の下ノ宮、登山口駐車場 (手前の石裂神社にトイレあり)

行動時間 5時間15分 (休憩を含む)

コース 登山口駐車場7:50-東剣ノ峰9:57-西剣ノ峰10:13-石裂山10:34-月山10:52〜11:28-登山口駐車場13:05

石裂山のGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。

画像


2009年4月18日に石裂山に登っています。
丁度、同じ時期で、雨が明け方まで降っていて、山頂付近は霧が立ち込めていました。
ハルトラノウは見ごろでした。


明け方まで、小雨が降っていました。
予定より、遅めの行動開始となりました。
前回、登っているのですが覚えていないと言う夫。

7時50分、まだ余裕の駐車場でしたが、下山して来た時は満車状態でした。
画像

加蘇山神社の下の宮は趣のあるたたずまいです。
画像

丁度、コース整備のグループの方達が入っていました。
途中で追いついて、私がしっかりと道が出来でいる方向に進みはじめました。
「やっぱり、ここはロープをしておいた方が良い!!」、「右じゃなくて、左に進んで!!」と言われてなんか少しお役に?たてたのかな。(笑)
画像

アプローチの道幅が広がっていました。
倒木が多く景色が変わっていました。
画像

左手はイノシシ避けのネットが張られています。
杉の大木が多く圧倒される道。
画像

休憩所が見えて来て、なんとなく思いだした所もあります。
シャリバテと言う夫、手前の道沿いでエネルギー補給をした所でした。
ここまで来て、休憩すれば良かった所でした。
画像

石裂山回遊コースとなっていますから時計周りで左に進みます。
画像

ハルトラノウの群落は多く見られましたが、
画像

残念ながらピークは過ぎていました。(前回は素晴らしかった。)
画像

ハート形の葉っぱがみずみずしかったので立ち止まりました。
気が付くと薄桃色の花でしょうか?
「フタバアオイ」と言うそうです。
初見のような気がします。
画像

天然記念物の「千本かつら」を巻くようにして通過します。
新緑が綺麗いでした。
加蘇山神社の御神木です。
画像

鎖と梯子が出てきました。
ここでストックと夫はカメラもしまいました。
画像

雨上がりですから足元が滑りやすいので注意しながら登ります。
画像

奥ノ宮への階段です。
祠があるのでもちろん、お参りをして来ました。
画像

こんなに急登だったかな?
こんな所の印象はさすがに覚えていません。
画像

木の根っこが滑りやすく慎重に登って行きます。
画像

立派な階段の登りは助かります。
画像

9時47分、尾根に取付きました。
画像

満開のアカヤシオが見えだしました。
画像

そこそこの急登です。
頑張って登って行くと、
画像

9時57分、アカ東剣ノ峰です。
ヤシオが目の高さで見られました。
画像

ここからの下りはこんな立派なハシゴを下る事になります。
折り切った所から見上げています。
画像

10時13分、西剣ノ峰。
標識があるんで迷う事はありません。
展望所の標示、前回も同じような天気で展望はなし。
今回も同じく展望は望めませんでした。
画像

ここから少し気の遠くなる位、続く梯子を下ります。
画像

アップダウンの繰り返しです。
手を突きながら登っている私です。
画像

10時34分、石裂山に立ちました。
晴れていれば、男体山、日光白根山が見えるそうです。
画像

標高も上げてきましたから霧が立ち込めていて幻想的なのですが、写真で見るとパットしませんね。
画像

ミツバツツジが咲き始めたやっと普通の登山道を歩いています。
画像

そして、またまた手を突きながらの登って行くと、
画像

10時52分、月山です。
お社がボロボロになっていてビックリです。
前回に引き続き、こんな天気でしたから展望が望めず残念でした。
日光連山や横根山が一望できるそうです。
画像

ここは石裂山より広く、ベンチ代わりの木があるので休憩する方が多い所です。
画像

我が家もアカヤシオを見ながらお花見休憩です。
画像

アカヤシオに囲まれた山頂。
画像

11時28分、鳥居をくぐって下山開始です。
回遊コースです。
登って来たコースほどはアップダウンはありません。
画像

下り始めて、驚きました。
一面のアカヤシオの木でした。
画像

鎖を頼りに下る所もありますが、
画像

岩に散ったアカヤシオの花びら。
画像

満開のお花見を堪能してきました。
画像

腰掛てお花見?
いえいえ、足が届かないので腰を下ろして下っています。
画像

霧の中のお花見もなかなか良かったです。
画像

大きな岩の一部に祠があります。
画像

バランスを崩すと怖い鎖場を下る所もあります。
画像

ヤマツツジも咲き出していました。
画像

12時44分、回遊コースの分岐点に合流します。
画像


13時5分、駐車場に戻りました。

鹿沼温泉「鹿沼市高齢者福祉センター(出会いの森福祉センター)」に立ちよりました。
前回は600円の所、60才以上は200円、59才以下は400円となり値下げです。
免許証を提示します。(60才以上には見えないとお世辞を言っていただいて気を良くして来ました。)
バスも周回しているようで、お年寄りが多い温泉で、静かでのんびり出来ます。

夕方になると隣のキャンプ場?からの御客さんでにぎわうそうです。

道の駅「西方」で野菜を買って、東北道はそこそこ混んでいる渋滞情報でした。
佐野藤岡が近いのでやっぱりここはアウトレットに寄りましょうと言う事で下道で移動。(高速は渋滞しています。)

山から下山後のアウトレットが我が家のパターンです。
夕飯も済ませて帰宅しました。


今年は十二分にアカヤシオを楽しむ事が出来ました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
写真を見ていると、登った時のことを思い出します。台風の後だったのか倒木が多くて小枝の絨毯の上を歩き、木の間をくぐってを歩きました。レベル1ランクアップだねとか言ってました。
ここのアカヤシオは見事ですね。
カスミッシモ
2016/04/27 17:18
今晩は。
私は宇都宮の生まれですから、古賀志やこの辺りの山は子供の頃に遠足などで登りました。高校生の時にもここは登りました、その頃の青春の想い出の山です。
インレッド
2016/04/27 18:12
こんばんは。
残念ながら二山共未踏です。
古賀志山はロッククライミングで有名な山ですか?・・・(私の勘違いかも。)

石裂山は長い鉄梯子や鎖が多くアップダウンもきつそうですが、満開のアカヤシオに癒されましたね。
古賀志山のヒメイワカガミの群落は見事!
ヒメイワカガミは鳴神山で1度見たことがありますが、白色のイワカガミは少ないですね。
orihimeff
2016/04/27 20:43
カスミッシモさん
前回も同じような天気だったので今回も展望はのぞめませんでした。
台風の影響で倒木が多い?のは今回も感じました。
片付ける事はしないのかなと。
私も歩きながら、こんなに倒木があって、昨年はそんな大きな台風があったかしら?
と思いながら歩いていました。

アカヤシオは今年はどこも花付きが良くて十分に楽しみました。
izumi
2016/04/27 21:23
インレッドさん
こんばんは!
宇都宮生まれなんですか!!
夫は生まれは違いますが、小学校4年生から高校までは宇都宮で生活していました。

古賀志山は前から気になっていた山でした。
コースミスから意外と良いコースを歩く事ができて、ラッキーでした。

石裂山、こんな強烈な山なのに、夫は思いだせないと言うんですよ!!
それこそビックリです。
izumi
2016/04/27 21:29
orihimeffさん
それはチョット以外ですね。
北関東自動車道も東北道にすっかりとつながって便利になりましたから是非一度。
古賀志山、色々とコースがあるようですよ。
中尾根コースはそこそこロッククライミングぽいようですが。
写真にもアップしましたが東稜展望台から下って行くコースも大変のようです。

それ以外は普通に歩けると思います。
ロープ、鎖は少しある所もありますが。

アカヤシオやヒカゲツツジ等、ツツジ目的でのぼった所、ヒメイワカガミに出会うとちょと得した気分になりますね。
私は初めて見ました。

石裂山、ちょっと強烈な山ですがアカヤシオの季節にはお勧めです。
izumi
2016/04/27 21:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
20160424アカヤシオが満開の石裂山・鎖場や梯子の連続です。(前日光高原の南端) yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる