yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20160409アカヤシオが満開の仙人ヶ岳(栃木県足利市)(前編)

<<   作成日時 : 2016/04/12 15:03   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

仙人ヶ岳(663m)

時期 2016年4月9日(土)

天気 晴れ

駐車場  岩切登山口近くの6〜7台(他は路肩駐車)(トイレなし。)

行動時間 6時間10分 (休憩を含む)
  
コース   岩切登山口駐車場7:05-熊の分岐8:29-仙人ヶ岳9:03〜9:50-熊の分岐10:18-知ノ岳(561m)10:34-宗ノ岳(530m)10:52-犬帰りは巻く-維ノ岳(500m)11:47-猪子岳(511m)12:07-猪子峠12:54-登山口(猪子トンネル手前)13:04-岩切登山口駐車場13:15

仙人ヶ岳のGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。

画像



先週2日(土)に新潟県の日向倉山の残雪歩きを楽しみました。
前日まで3日(日)はは60%の確立で雨予報でした。
天気は良い方に変わって晴れ。
角田山でカタクリ三昧となりました。



最初、3日(日)に、この仙人ヶ岳に登る予定でした。
アカヤシオが楽しめる山です。

北関東自動車道、足利ICから下りてのアプローチです。

数台の車がすでに駐車していました。
7時5分に歩き出しました。
桜が散り初めていましたがまだまだ楽しめます。
画像

案内板を読みながら、右の標示に従って私達は手前の登山口から仙人ヶ岳に登る事に。
駐車場で隣合わせになったグループはこの車道を少し歩いて猪子峠から登って行くようです。
周回出来るコースです。

私達は(生満不動尊コース)沢沿いに沿って登って行きます。
登りは山頂にゆっくり歩いても2時間で到着します。
下りはアップダウンを5回、繰り返して下って行きますから時間がかかります。
しかし下りの尾根沿いにアカヤシオはもちろん、ヤマツツジ、ミツバツツジが満開でしたからお花見ロードとなりました。
私達はゆっくり3時間25分かかりました。
画像

沢沿いに登って行きます。
画像

こんな丸太橋を何度、渡ったかは数知れず。
画像

直径にしたら1m位、炭焼窯跡が数個残っているのが印象的でした。
周りが石で固められているのが特徴です。
画像

渡渉も数え知れず。
画像

「火の用心」、「禁煙」の標示が目立ったのには理由がありました。
山頂から見ると最近、比較的広範囲で山火事があった形跡が見られました。
画像

急流で大岩の横を進む時は、
画像

お助けロープが設置されています。
画像

足元には白いスミレ、
画像

ヒトリシズカ、
画像

薄紫のスミレなどが咲いていて楽しませてくれます。
画像

キフジのぶら下がり感がお気に入りです。
画像

ウラシマソウが群落していました。
花穂の先端から長く鞭の様に伸びた付属体を浦島太郎の釣り竿に見立てて名付けられたそうです。
マムシ草は良く見かけますが。
画像

7時50分、少し薄暗い登山道を歩いて行くと、
画像

生満不動尊が祀られていました。
画像

炭焼窯跡よりは少し大き目のこの穴には入れないように網がかけられていました。
鉱山跡(マンガンや銅が産出したそうです。)のようです。
画像

滑りそうでへっぴり腰で渡っていますね。
画像

8時20分、地元小俣小の児童による可愛い表示、ここからは急登になります。
画像

周りは落葉樹ばかりですからやっと日当たりの良い山歩きとなり、周りを見渡すと、
画像

ヤマザクラの木々が多く見られました。
画像


画像

そして、オレンジ色のヤマツツジが満開でした。
画像


画像

8時29分、熊の分岐に到着、下山時はここまで下りて来て周回コースとなります。
画像

特徴的だったこの木は枯れたのか途中から伐られていました。
画像

そして熊の分岐から数分登って行くと今日のお目当てのアカヤシオが見られます。
下山コースは尾根沿いにアカヤシオはもちろん、ヤマツツジ、ミツバツツジが満開でしたがこの時はそれほどとは知らずここでじっくり撮影タイムとなりました。(20分位で山頂です。)
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像

足元に目を落とすとスミレです。
画像

最後の急坂を登って山頂?と思う所ですが、仙人ヶ岳山頂まで300mの標示があります。
画像

広い尾根道を少し進むと、
画像

9時3分、山頂です。
早い方は数人下山して行きました。
ポツポツと登って来る方もいて、静かな山頂です。
時間は早いのですが、休憩、軽食を食べて下山です。
夫は少し物足りなさそうですが・・・(2日目に登る山だな〜!なんて言っていたのですが。)
画像


これからアップダウンを繰り返しながら下っていくコースは満開の花ロードでした。
少し距離は長いですが変化に富んでいました。
その様子は後編で

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
低山でもいい山ですね。近くにあれば何度でも通いたくなる山です。
何所なのかと栃木県の分県登山ガイドを見たら出てましたね〜
ちょっと行けそうもないですが、大好きになりそうな山です。
アカヤシオが美しいですね〜
仙人ヶ岳インプットしました。
カスミッシモ
2016/04/13 19:10
カスミッシモさん
こんばんは!
毎年、アカヤシオの咲く時期に出遅れていてアンテナを張っていました。
もちろん、これから標高を上げていけば、多くの山で、まだまだ楽しめますが。

ここはICからも遠くありませんからアプローチしやすいと思います。
izumi
2016/04/13 22:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
20160409アカヤシオが満開の仙人ヶ岳(栃木県足利市)(前編) yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる