yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20160415西上州・アカヤシオとミツバツツジが咲く四ツ又山・鹿岳(後編)

<<   作成日時 : 2016/04/18 19:07   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

四ツ又山(899,5m)・鹿岳(1015m)

時期 2016年4月15日(金)

天気 晴れ(風やや強し)

駐車場  大久保登山口手前(他は路肩駐車)(トイレなし。)

行動時間 7時間12分 (休憩を含む)
  
コース   大久保登山口駐車場7:22-分岐(マメガタ峠)7:37-大天狗峠8:10-四ツ又山(P1)8:46〜9:05-(P2)9:10〜9:15-(P3)9]22〜9:25-(P4)9:31〜9:35-マメガタ峠10:10〜10:35-鹿岳のコル11:25-二ノ岳11:41〜12:20-鹿岳のコル12:40-一ノ岳12:52〜13:00-鹿岳のコル13:10-マメガタ峠13:56-分岐(マメガタ峠)14:21-大久保登山口駐車場14:30


前編の四ツ又山からの続きです。

10時35分、休憩後に出発です。
マメガタ峠からここまでにして、大久保登山口駐車場に下山することも出来ます。
今日はここからもう一山、登る事になります。
山並みを見ていると、チョット不安な気持ちです。
ここからも、急坂を登って行く事になります。
数分、登って行くとミツバツツジが斜面に咲き出していました。
画像

振り返ると歩いて来た、四ツ又山が見えます。
画像


画像

標高を上げて来ると、蕾も交じって色が濃いミツバツツジ、そしてこれから登る鹿岳がだんだんと近づいて来ます。
画像

さらに登って行くと、今度はアカヤシオが見られ始めます。
画像

急な尾根沿いにアカヤシオが咲いています。
画像


画像

右手には妙義山。
画像

そして、アカヤシオのトンネルの中を進むことになりました。
画像

目の高さの花が多く見られて、撮影タイムです。
 画像


画像


画像

松の木の間から咲いているアカヤシオが面白い!!
画像


画像

蕾のアカヤシオもまだまだありました。
画像

少し薄色のアカヤシオも清楚です。
画像

鹿岳に向けて尾根を登っている頃になると、強風も治まって、日差しもあるので暑くなって来ました。
今日は、ミツバツツジとアカヤシオのてんこ盛りでした。
予想以上に密度が濃く、大満足。
画像

私が見上げているのはアカヤシオではなく、いよいよ鹿岳に向けての大岩が迫って来たので見上げています。
画像

手をつきながら登っています。
画像

手前から見ていた時は大変に見えた所ですが、足元はかなり幅があって、しかもロープがあるので心配なく登れました。
画像

足場が微妙で、ちょっと苦労する所もありましたが、ロープを伝いながら進んで来ました。
画像

11時25分、鹿岳のコルに到着です。
画像

我が家は展望の良い、二ノ岳に先に進みます。
こちらの方が少し大変です。
こんな階段を登って行って、
画像

鎖場の大岩を登って行きます。
画像

足元にアカヤシオが咲いていて、平らな所に出たので山頂?
画像

一ノ岳も見渡せますが、二ノ岳山頂はもう少し登った所でした。
画像

最後は手をつきながら登って来ました。
画像

11時41分、鹿岳のニノ岳に立ちました。
今日は平日ですから歩いている人も少なく静かな山歩きが出来ました。
山頂から西側を見ると荒船山の山頂が平な感じで良く見えました。

急に「荒船山に登って見たい!」と夫が言いだして、「そう言えば荒船山は登っていないね!」と言う事で変更になりました。

明日もアカヤシオを求めて「笠丸山」と「三ツ岩岳」に登る予定でした。
(登っていれば、多くの方とバッタリがあったようですが。)
画像

荒船山にズームです。
この平の所はどうなっているのか、かなり興味はありますね。
画像

八ヶ岳の山並みも、はっきりと見えます。
蓼科山は雪解けが始まってまだらな感じが分かります。
画像

そして、妙義山の左右に草津白根山と谷川連峰の山並みを確認出来ました。
画像

12時20分、鹿岳のコルに向けて下山。
今度は目の前の一ノ岳に登ります。
画像

一ノ岳は二ノ岳程は大変ではなく、あっと言う間に登れます。
画像

ロープがあるので下りは助かります。
画像

ニノ岳を振り返っています。
あそこを登ってきたのですからなんか不思議ですね。
画像

12時52分、一ノ岳山頂です。
摩利支天の石碑が奥にあります。
画像

荒船山が目の前に、
画像

平らな所から左の三角山が経塚山で荒船山全体の山頂になる事は知りませんでした。
画像

さて、下山ルートは?
鹿岳のコルまで下りて、下高原登山口に下りて、車道を歩いて車を停めた、大久保登山口に戻るのが普通。

しかし時間的にも余裕があったので我が家は登って来たコースをマメガタまで戻る事にして、下山する事にしました。
最後に、アカヤシオとミツバツツジのトンネルの下を歩いて来ました。
画像


画像

「こんなにアップダウンがあったかな?」と思いながら頑張って下って来ました。
アカヤシオとミツバツツジをこれほどに、まとまって見たのは初めてでした。
画 像

14時21分、マメガタ峠着。
ここからは植林された杉林の登山道で小走りで、下山出来る道です。(ゆっくり歩いて来ましたが。)
足元には多くのスミレが咲いていました。
画像

一面に咲いていたのはユリワサビ?
画像


14時30分、大久保登山口駐車場に戻りました。
たっぷりと2山登った充実感、そしてアカヤシオとミツバツツジのトンネルでした。

これから、塩の沢温泉「やまびこ荘」へ。
平日ですからこんな時間帯でも貸し切り状態でした。
予定を変更して明日は荒船山に登りますから一度、下仁田の町まで戻ります。

下仁田の町を歩いていたら割烹旅館「常盤館」の看板メニューが目に入りました。
HPに寄るとランチメニューのようでしたが、「下仁田かつ丼」と「鳥重」を夕方にいただきました。
お部屋に通してもらってなんか恐縮です。
もちろん、お味も良かったです。

道の駅「下仁田」で車中泊、明日は荒船山に登ります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
20160415西上州・アカヤシオとミツバツツジが咲く四ツ又山・鹿岳(後編) yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる