yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20160503比良山系の堂満岳で満開のシャクナゲとイワカガミを楽しむ!

<<   作成日時 : 2016/05/10 22:21   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 4

堂満岳(1057m)

時期 2016年5月3日(火)

天気 曇り

駐車場 イン谷口の道路沿いに駐車場がありました。

行動時間 6時間30分 (休憩を含む)

コース 登山口駐車場7:00-ノホノタリ7:40-堂満岳9:40〜10:15-金糞峠11:00-北比良峠11:32-カモシカ台1237大山口13:11-登山口駐車場13:30

画像

霧の中に咲くシャクナゲ。

堂満岳のGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。


連休前半は実家の京都で過ごしました。

昨年のGWは四国の山歩きをしました。

今年は一昨年から少しづつ歩き始めた比良山系の山歩き。
堂満岳と赤坂山から三国山の尾根歩きをして周回しました。

そして、福井県の銀杏峰と浄法寺山に登って来ました。


志賀バイパス(自動車専用道路(無料))から県道322号に入ってから5分位で登山口駐車場に到着します。
こんな便利な登山口も珍しいです。

7時過ぎに出発、駐車場はあちこちに止められますから下山口に近い所に駐車する人もあるのかな?
ぽつぽつと駐車しています。

堂満岳への標示がありませんが、桜ノコバ、比良駅方向のようなので、進みます。
画像

7時10分、ノタノホリ、堂満岳、金糞峠の標示がここで初めて出て来ました。
画像

自動車道に一旦、出て、ここは右かな?と思っていると、
画像

ノタノホリ、堂満岳の標示があってまたまたひと安心。
ここからは分かりやすい登山道で、登山口からは杉林の中を30分位、登って行く事になります。
画像

7時40分、ノタノホリに到着です。
標高450mの所にある池です。
画像

新緑がまぶしい中を登って行く事になります。
画像

今日は予報より天気が悪く、風が強く標高を上げて行くと、寒い位でした。
レスキューポイントの標示がある比良山系です。
画像

8時45分、シャクナゲの葉が見られるようになって来たので注意して見ると、
画像

あちこちに咲いていました。
画像

山頂前後で一緒になった地元の方の話しだと2年前が当たり年で葉っぱが見えない位に咲いたそうです。
画像


画像

ミツバツツジもほとんど終わっている中、満開の木を発見!
画像

そして足元には満開のイワカガミが見られて、ここでもう、大満足です。
画像

そしてブナの木も多く見られて、しかも芽吹きが始まって若葉が見られました。
画像

大岩の真ん中に丸い岩があって、手前にイワカガミが咲いていました。
画像

少し、登ってズームで撮りました。
画像

山頂手前の急登はシャクナゲのトンネルの中を登ります。
画像


画像


画像


画像

9時40分、堂満岳山頂です。
霧も出始めて風も強く、寒い。
休憩しながら雨も降りそうな感じでしたからピストンで戻るか、金糞峠から北比良峠経由で下山するか迷いましたがシャクナゲ尾根と書いてある堂満岳から北比良峠までを歩いて見る事にしました。
女性2人は武奈ヶ岳まで行く予定と言っていました。
画像

10時15分、シャクナゲ尾根を進みます。
多少のアップダウンはありますが楽しい尾根歩きの始まりです。
画像

見上げるほどのシャクナゲの木々の間を進みます。
画像


画像

なだらかな道沿いにも咲いていますからしばし立ち止まって、
画像

撮影タイム。
画像

イワウチハも今年はどこも早くから咲いていたようですが、我が家は初見です。
なんとか残っていてくれました。
画像


画像

山頂からは見えなかった琵琶湖がなんとか確認出来ました。
画像

11時、金糞峠に到着。
ここからイン谷の登山口に直接下る、青ガレコースは通行止め(落石事故が多い為)となっています。
しかし、多くの方が登り下りしているようですが我が家は北比良峠まで進んでから下山します。
画像

シャクナゲ尾根、まだまだ咲いていました。
画像

これだけの尾根沿いにシャクナゲが咲いているのですから、
画像

当たり年ではないようですが、大満足!
画像


画像

11時22分、正面に古い建物が見えて来て、
画像

北比良峠に到着です。
八雲ヶ原方向を眺めています。
広々とした所のようですが・・・
画像

一旦、ここから大山口方向に下山しかけましたが、気になったので八雲ヶ原方向に少し戻ってみました。
GPS山行記録を見るとわかります。
画像

琵琶湖を眺めながらもその上の黒い雲が気になります。
ここから、カモシカ台を経由してダケ道を大山口まで下山、そこら舗装された道をイン谷口まで戻る事になります。
画像

しかし、カモシカ台まで35分のコースタイムの所、イワカガミが満開で立ち止まること数えきれず、1時間近くかけて下ってきました。
画像


画像


画像


画像


画像


画像

それはそれは見事な群落でした。
画像

途中、1本でしたが満開のシロヤシオも見られて大満足。
画像

満開のイワカガミの下山道。
12時37分、やっと、カモシカ台まで下って来ました。
ここからはもくもくと下る事になります。
画像

13時11分、大山口手前で橋を渡って、
画像

大山口に下山。
画像

13時30分、川沿いに咲くレンゲツツジを見ながら、イン谷口の駐車場に戻りました。

温泉は「比良とぴあ」、 道の駅「藤樹の里あどかわ」で夕食、道の駅「マキノ追坂峠」で車中泊と琵琶湖沿いに全てそろっていて快適な所です。
夜中に雨音で目が覚めましたが朝方にはすっかりとあがりました。

予定どおり山歩きができました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は!
GWは実家にお帰りでしたか(^_-)-☆
一月前であれば、イワウチワとバイカオウレンが満開でしたが、
この時季はイワカガミとシャクナゲですよね。もう少し遅ければシロヤシオが追加されますが、一度に全ては欲張りですね。
現在は神爾谷が歩きやすくなっていますから、次の機会には歩いてみて下さい。
山ちゃん
2016/05/13 21:32
おはようございます。
琵琶湖の傍ですと反対側の伊吹山だけ登りましたが、琵琶湖の向うに見えていたのかなと思いました。
この辺りは気候的に日本海からの吹き抜けで、植物が多様なのだと聞きました。
この堂満岳は始めた耳にする山ですが、素晴らしい山です。花の山ですね!
カスミッシモ
2016/05/14 08:25
山ちゃんさん
少し長い休みが取れるGW、気候もよくなって来ますからまとめて山歩きができます。
春の花が咲き始めるこの時期はわくわく感があって好きです。
1週間、ずれるだけでも山の景色はかわりますよね。

それでは、釈迦岳を登った下りに神爾谷を下ってみようかな?
でも、ちょっと怖そう!!


izumi
2016/05/16 16:08
カスミッシモさん
伊吹山は百名山ですから全国から多くの人が集まります。
でも、周りに素晴らしい山が沢山ある事は私は最近になって知りました。

足場がある実家から少しずつですが、登って行きたいと思っています。
雪がそこそこ降るので、春の花も多く素晴らしい事が実感できます。
200名山の武奈ヶ岳の周辺の山です。
izumi
2016/05/16 16:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
20160503比良山系の堂満岳で満開のシャクナゲとイワカガミを楽しむ! yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる