yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20160504比良山系の赤坂山から三国山へ・満開のイワカガミと新緑のブナ林を楽しむ!!

<<   作成日時 : 2016/05/11 16:23   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 4

赤坂山(823,8m)

時期 2016年5月4日(水)

天気 晴れ

駐車場 マキノ高原キャンプ場手前(トイレあり)

行動時間 6時間55分 (休憩時間を含む)

コースタイム 駐車場6:55-赤坂山登山口7:13-武奈ノ木平8:05-粟柄越9:10-赤坂山山頂9:25〜10:00-明王ノ禿10:27- 三国山11:08〜11:31-黒河峠12:20-黒河越林道入口12:27〜12:35(トイレあり)-白谷13:22-駐車場14:00

赤坂山から三国山のGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。
最初、GPSのスイッチを入れ忘れて途中で気が付きました。

画像


2014年5月3日に三国山に登って、この時は天気の都合でピストンしています。
同じ時期でも山の様子は少し変わっていてとても新鮮でした。
駐車場や登山口の様子は参考にして下さい。


6時55分に登山者用駐車場を出発。
前回のときより、若干早いのか、駐車場案内の人もいなくて、我が家が2番目でした。
キャンプ場になっているゲレンデの横が歩きながら15分位で赤坂山登山口に到着します。
振り返ると、テントの花。
画像

赤坂山の登り始めの、どこまでも続く階段が一番、辛いです。
画像

赤坂山から寒風、大谷山に続く高島トレイルを見上げます。
画像

8時5分、武奈ノ木平に到着。
2年前に登った時はここまででもイワカガミが多く咲いていました。
今年はやはり咲き始めが早かったようで終わっていました。
画像

歩き始めて早速にイワカガミの群落が見られ初めてホット一息です。
画像

沢沿いに少し進みますが、ここがこのコースで少し足元が怖い所です。
ここを通過すると、つづら折りの登山道となって歩きやすくなります。
画像

ムラサキヤシオとアオダモ、赤白の饗宴!
画像

ブナの新緑の下にイワカガミの群落です。
このコースのイワカガミの数と山頂手前まで咲き誇る量は半端ではないと思います。
前回に登った時は山頂手前は咲いていませんでしたが、今回は見事に咲き誇っていました。
画像


画像

ブナの木の下、斜面に咲いているイワカガミを眺めながら、
画像

一つずつ観察しながら登る事になります。
ピンク色と言っても濃い色。
画像

薄い色、
画像

花のつき方も色々です。
画像


画像


画像

ブナ林を抜けて来ると笹原に出ます。
石の祠の地蔵様。
画像

標高を上げてきましたが、木々の芽吹きは始まっていて前回の時より、春の感じがします。
イワカガミも足元で山頂の手前まで咲いていました。
半面、カタクリの花はほとんど終わっていました。
画像

オオバキスミも数が少なかった。(ボケボケ写真ですが。)
画像

大岩の石仏と鉄塔がそびえています。
画像

山頂が見えて来ました。
画像

9時40分、赤坂山山頂に立ちました。
登って来るコースは色々とありますから、にぎやかな山頂となります。
そして、皆さんあちこちに進みます。
少し早いのですが軽く昼食休憩です。
気が付くと誰もいない山頂でした。
画像

右が赤坂山山頂、その続きに琵琶湖はなんとなく確認、左がこれから進む、明王ノ禿、三国山方向です。
画像

10時15分、これから明王ノ禿と三国山に向います。
画像

一旦、鞍部まで下って来て、低木ですがブナ林が多いのに感心しています。
赤坂山周辺はブナ林が見事です。
画像

今までとは少し景色が変わって砂地のザレた所を少し、登って行きます。
画像

ここで、やっとイカリソウを発見です。
前回の時は赤坂山の登りから多く見られたのですが・・・
これからの道沿いにぽつぽつと咲いていましたが、淋しい花数でこんな感じです。
画像

10時27分、明王ノ禿はザれていますから鎖がしてありました。
画像

振り返ると、赤坂山と歩いていた尾根がみえます。
画像

巻きなが下って来て、明王ノ禿を振り返ります。
画像

さらに下って来ると明王ノ禿の後ろに赤坂山が見えます。
随分と歩いて来たように見えますが30分位です。
画像

ブナの白い幹と新緑がまぶしいです。
私はこの景色が特に好き!!
画像

10時54分、三国山の分岐点です。
道標はひっくりかえっていて見落としそうです。
もちろん、行きます。
画像

緩やかなアップダウンはありますが、
画像

11時8分、三国山です。
画像

周りは木々に囲まれていますから展望はこんな感じです。
乗鞍岳が見えているのかな?(よくわかりません。)
急ぐ必要もないのでお茶休憩。
画像

黒河峠に向かって下山中、面白い大岩。
画像

このコースで初めてのロープ。
気を付けて下ります。
画像

そしてこの周辺で多く見られたムラサキヤシオ、蕾の木もありました。
画像

12時20分、黒河峠に下山、道標に従って黒河林道を下ります。
画像

12時27分、黒河越林道入口に出ました。
これから、登って行くトレランのグループに出会いました。
トイレもあって休憩です。
高島トレイルの地図を眺めながら、今度はどこを歩こうかと。
ここからは長いコンクリートの道歩きです。
1時間30分位かかります。
画像

途中、タニウツギや、
画像

林道沿いで見つけたキンラン?
画像


14時、駐車場に戻りました。
目の前に「マキノ高原温泉サラサ」は前回に入っていて混雑が予想されたので、
歩いて戻る途中で見た、マキノ白谷温泉「八王子荘」に行きました。
良い温泉でした。

比良山系の山歩きはこの位にして隣の福井県に移動します。

買い物、食事を済ませて、銀杏峰(げなんぽ)の登山口の「宝慶寺いこいの森」の駐車場まで移動します。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
すごいイワカガミの群落ですね!
色の濃いの有り、淡いの有りで花付きも良く綺麗です。
これでもか!という位いっぱいの花が1本の茎に咲くのにビックリ!!
ブナ林の白い幹と新緑が優しく良い季節ですね。
比良山系というとこの辺りも冬は雪が多いのでしょうか?
堂満岳の石楠花も満開で綺麗に沢山咲いてましたね。
遠くてなかなか行くことは出来ませんが、楽しませて頂いてます。
orihimeff
2016/05/11 21:40
orihimeffさん
5月9日までお休みにし11連休でした。
家に戻ってから片付けに追われて、みなさんのブログにお邪魔する時間が取れなくて。
比良山系を代表する武奈ヶ岳をはじめ、日本海に近いですから雪は降りますが適当な量ですから2月に登った事もあります。

福井県の山にも登って来ましたが、まだまだ登って見たくなる山があります。

新潟県の山もそうですが、日本海側の山は冬は雪におおわれますから春先の芽吹きに始まって、花の量も半端じゃないですね。



izumi
2016/05/11 22:51
今晩は!
またまた、お邪魔します。
堂満岳からの続きとは頗るお元気ですね(^_-)-☆
こちらも、一月違いで花の種類が一変しますが、昨年はオオイワカガミとトクワカソウを同時に見る事も出来ました。
今の時期はブナの新緑が素晴らしいですね。林道脇にキンランとはいい収穫がありましたね。ギンランは如何でしたか?ひょっとしたらユウシュンランもあったかも?
サラサドウダンには少し早かったのでしょうか?キャンプ場の温泉”サラサ”はこのツツジからだそうですね。
山ちゃん
2016/05/13 21:51
山ちゃんさん
昨年、まるで同じ時期に登りましたが微妙に違っていて、だから、同じ山に何度でも足を運ぶんですよね。

今年はイカリソウが残念ながらほとんど終わっていました。
トクワカソウ(イワウチワとの違いがやっとわかりました。)にはこの周辺は少し遅かったようでこちら赤坂山周辺では見られませんでした。

目を皿のようにして、いつも歩いていますが見落としも、もちろんありますから悔しい思いも多々あって・・・
サラサドウダンは黒河峠手前で地味な白の小さな木を見ました。(笑)

我が家はこんな感じでゆっくり、亀歩きです。
izumi
2016/05/16 16:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
20160504比良山系の赤坂山から三国山へ・満開のイワカガミと新緑のブナ林を楽しむ!! yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる