yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20160518シロヤシオ満開の檜洞丸・石棚山コースも登りやすなりました。女子会(2)

<<   作成日時 : 2016/05/19 13:03   >>

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 10

檜洞丸(1601m)

2010年5月18日(水)

天気 晴れ

行動時間 7時間20分(休憩含む)

コース 箒沢公園橋(西丹沢自然教室の一つ手前)8:44-板小屋沢ノ頭10:13-石棚山11:08-テシロノ頭11::44-ユーシン分岐で昼食休憩11:53〜12:35-ツツジ新道分岐12:45-檜洞丸13:00〜13:30-ツツジ新道を下山-展望園地14:32〜14:38-ゴーラ沢出合15:08-登山口下山15:57-西丹沢自然教室16:04

画像




2006年5月21日に初めて檜洞丸に登った時に石棚山経由で下山しました。


石棚山までは整備された快適な登山道でしたが、その後が急坂のザレ場の連続で大変な目にあいました。
その時に偶然、以前住んでいた時の友達に出会いました。

最近、整備されて歩きやすくなったと言う情報でしたからその友達グループと今日は石棚山コースを登りに使いました。

今日は電車とバスを利用しての登山です。
鶴巻温泉で合流して新松田から、あちこちに寄りながらのバスですから1時間以上かかります。

8時44分、箒沢公園橋で下車。
キャンプ場の水洗トイレが利用できます。

ここでバスを下りたのは私達3人と1人の女性だけで皆さん終点の西丹沢自然教室まで行きます。
平日とはいえ、こんなに少ないのは珍しいそうです。


標識も新しくなりました。
ポイントごとに設置されていました。
画像

ザレ場はしっかりと固められていて鎖もついていました。
下りは助かります。
画像

以前はゴロゴロの石があって、下って来る時は大変でした。
階段が設置されていました。
画像

10時13分、板小屋沢ノ頭までかなりの急登なのですがとても歩きやすく整備されていました。
画像

ここからも急登ですが問題ありませんでした。
10時50分、石棚山稜手前あたりからシロヤシオの木々が見られ始めて辛かった登りでしたが、一気に元気が出始めました。
画像

快適な階段、ミツバツツジも咲いています。
画像

11時8分、石棚山はなだらかなピークですから標示がないと分かりません。
ブナの木々の新緑が綺麗です。
画像

富士山が綺麗!!
画像

鹿除けの柵が設置されていました。
画像

そしてこの辺からシロヤシオのトンネルとなります。
画像


画像


画像


画像


画像


画像

11時44分、テシロノ頭
画像

ブナの大木が多く見られる所でもあります。
画像

11時53分、ユーシン分岐でベンチがあったので昼食休憩。
木陰では少し肌寒く感じました。
画像

12時35分、檜洞丸まで一息です。
シロヤシオとブナの大木。
画像

階段が続くと辛い!
画像

振り返ると富士山、手前に山中湖まで見えたのでびっくり!!
この季節では珍しと思います。
画像

まだまだ続く階段!!
画像

青空に富士山、そしてシロヤシオが満開です。
画像

12時45分、ツツジ新道と合流、帰りはツツジ新道を下ります。
画像

最後の木道歩きが終わると、
画像

13時、檜洞丸山頂です。
数人のグループが三々五々行ったり来たりする程度でした。

子育てをしながら知り合った友達ですから昔話、子供の事、そして今ではみんな夫と2人の生活。
30分位、お話しをして下山です。
画像

ここまででも十分にシロヤシオを堪能しましたがツツジ新道も素晴らしかったです。
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像

14時32分、展望園地に寄って最後に富士山を見て来ました。
画像


16時4分、西丹沢自然教室前に下山。

16時25分のバスも並ぶ必要もない位の人数でした。

平日の丹沢は静かでした。
石棚山コースはブナ林も楽しめます。

シロヤシオ、今年はかなり良いと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
もう山頂付近が満開ですか?今年はどの花も1〜2週間早いようですが、シロヤシオは通年6月始めに満開になるので、その頃、時間があれば行こうかと思っていたのですが散ってしまいますね。
山頂から石棚山までシロヤシオとブナ林と本当に美しい所ですが、その先の急坂は私が登った時のブログにもう二度とこのコースは歩きたくないと書いたような気がします。踏み固められて、クサリが付いて、木の階段までできたんですね。それでしたら行きたいですね。
昨年は花付が良くなかったようですが、今年は良さそうですね。
カスミッシモ
2016/05/19 22:14
青空に大木のシロヤシオと富士山が輝いて綺麗ですね。
気心の知れた長い付き合いのお友達との山歩きもまた楽しいですね。
変った山名とシロヤシオの沢山咲く山でなんとなく知っていましたが、丹沢方面は中々遠くて行けません。
今年はアカヤシオと同様に花付きが良いようですね。

この土日はお二人して何処を歩いているのでしょうか?
シロヤシオかな? それとも・・・?
orihimeff
2016/05/21 12:37
カスミッシモさん
こんにちは!
お返事が遅れてしまいましたが19日(金)に同じコースを逆周りで今度は夫と歩いて来ました。
あまりにも花付きが良く、今年を見逃したら、なかなかこうは咲かないと思ったからです。
静かな平日に登って来ました。

下山して指導員の方の話しだと毎年、花の咲く時期が早まって来ているので山開きをここ数年は早めて3週目の日曜日に行っているそうです。

石棚コースは距離も少し長くなりますから、下山sに使うほうが良いかな?と思いながら歩いて来ました。
izumi
2016/05/23 15:40
orihimeffさん
神奈川、東京からはアプローチが便利ですから丹沢山塊は人気があっていつも混んでいます。
「ひのきぼらまる」の響きは初めて聞いた時はビックリですよね。
中央高速からの裏丹沢から登るコースもなかなかお勧めですが最近はどんどん高速がつながって便利になってきていますね。

今年の当り年を逃したら、たぶん数年は無理と思い、頑張って夫と逆周りで歩いて来ました。
見る景色が逆でなかなか良かったです。

白(シロヤシオ)を楽しんだ次の日は赤(アシタカツツジ)を楽しんで赤紫(ミツバツツジ)も堪能して来ました。

アカヤシオから始まった今年のツツジ巡りもこれで終わりです。
izumi
2016/05/23 15:52
☆初お邪魔、多分5日名松新道でスライドした方かな?
 と思います、悪しからず、
 22日周回で天女花蕾幾つか確認できました、
 開くまでに可成り日数が懸かり、6月中旬以降かも?
 余計なお世話のアル中爺。。
    http://www11.plala.or.jp/genanpo/
銀爺
2016/05/24 07:26
檜洞丸のシロヤシオは手の届くような距離で咲いているのでいいですよね〜
今年はツツジの花付きがいいと言われているので見ておかなくては!と思いますね。
石棚山コースの情報いいですね〜
(^_^)v
mikko
2016/05/24 08:28
銀爺さん
こちらからお礼を言わなくてはいけない所なのに、GW後もせわしなくしていました。
ホームページに私達の写真が掲載されていたので確認していました。
ありがとうございました。

東京に住んでいて、実家が京都なので少し長い休みが取れるとき(夏休みは別ですが。)に滋賀、奈良、福井県の山歩きをしています。

弥山、八経ヶ岳に登ったときに天女花の事を知って以来ですが・・・・
見た事はありません。

情報ありがとうございます。



izumi
2016/05/24 09:47
mikko さん
石棚山コースは下りが得意なら距離があるので、下山に使った方がいいかなと思いました。
同じく犬越路コースも多くの方は下りに使いますね。

大木のブナ林も楽しむならこのコース、お勧めです。
さすがに、続けて歩いて来たので疲れました。(笑)
izumi
2016/05/24 10:18
こんにちは!
今年の丹沢はシロヤシオが当たり年だったようですね(^_-)-☆
トウゴクミツバツツジとのコラボがとてもいいですね。
山ちゃん
2016/06/09 16:28
山ちゃん
微妙に咲く時期がずれているので、2日後のほうがよりトウゴクミツバツツジが満開になりつつあって見事でした。
丹沢山塊は色々な所でシロヤシオが楽しめるのですが、やはり数から言ったら檜洞丸になります。

関西では「羊さん」って言うんですよね。
izumi
2016/06/13 15:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
20160518シロヤシオ満開の檜洞丸・石棚山コースも登りやすなりました。女子会(2) yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる