yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20160602新潟県・粟ヶ岳でヒメサユリを楽しむ!(前編)

<<   作成日時 : 2016/06/05 17:20   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 2

粟ヶ岳(1292,7m)

時期 2016年6月2日(木)

天気 曇り後晴れ

駐車場 北五百川登山口(バイオトイレあります。)

行動時間 8時間55分 (山頂で1時間55分の滞在、休憩時間を含む)

コースタイム  登山口7:25-:17-元堂7:47-3合目(八汐尾根)8:04-4合目(粟石跡)8:23-薬師ノ水場8:39-粟薬師奥ノ院8:53-6合目(天狗ノ水場)9:19-8合目(午ノ背)10:33-粟ヶ岳11:10〜13:00-登山口16:20



粟ヶ岳のGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。

2009年6月13日にヒメサユリが満開の粟ヶ岳に加茂市の水源地を登山口とする加茂コースから登りました。

今年2016年3月に村松白山に登って粟ヶ岳の勇壮は姿を見て、久しぶりに機会があったら再訪したいと思いました。

今回は北五百川コースから登って来ました。

北陸自動車道三条燕ICから国道289号、「いい湯らてい」を目印に進みます。
そこからは粟ヶ岳登山口の標示があるのでわかりやすいです。
ICから40分位です。

手前に道の駅「漢学の里しただ」に寄ってトイレ休憩をしましたが登山口には今年から設置されたようで、立派なバイオトイレがありました。
駐車場のスペースも広げられたようです。



7時25分、心配された雨も夜中に少し降っただけでこれから晴れて来るのを期待して出発です。
水路沿いの道をしばらく進みます。
画像

ヤマボウシや
画像

エゴノキを見上げながら進むと、
画像

7時40分、祓川を渡る鉄橋に出ます。
画像

足元に気をつける沢を数度、渡って行きます。
画像

7時47分、元堂に出ます。(女人禁制時代の足止め跡です。)
樹齢を重ねた大杉がその時代を偲ばせてくれます。
鬱蒼とした登山道です。
画像

標示がとても丁寧なのでついつい立ち止まっています。
ここは「大ブナの木」です。
確かに立派です。
画像

8時4分、3合目(八汐尾根)、ブナ林の中を進みます。
4合目までの距離も標示されています。
画像

徐々に急登となってきます。
ヤマツツジが丁度、見ごろでした。
画像

8時23分、4合目(粟石跡)を通過。
ここにあった大岩は昭和39年の新潟地震で沢へ落ちたそうです。
画像

コメツツジの咲き残りですが可愛いです。
画像

木々の合間から街並みや周りの山並み、そしてなんとなく日本海が分かって楽しい山歩きです。
画像

8時39分、薬師ノ水場を通過したあたりから、(この写真は帰りに確認した時のです。)
画像

美しいブナ林の中を登って行く事になりました。
画像

北五百川コースを登って来て良かったと実感しています。
この急登を頑張ると、
画像

8時53分、粟薬師奥ノ院と避難小屋が立つ広場に出ます。
画像

まだまだ続くブナ林。
画像

9時、分岐(628m)の看板、山頂へは右に進みます。
画像

この辺りから、霧が出始めて展望が望める尾根歩きでしたが何処に粟ヶ岳があるのかも分からす登って行く事になりました。
画像

足元にはギンリョウソウが出始めていました。
画像

9時19分、6合目(天狗ノ水場)前後からヒメサユリがポツポツと見られて少しテンションが上がり出しました。
画像

丁寧に鎖が巡らされた鎖場、2か所を通過。
画像


画像

展望が良い尾根歩きの予定でしたが・・・
画像

多くの種類のドウダンツツジが満開でした。
ガクウラジロヨウラク
画像

ベニサラサドウダン
画像

ガクウラジロヨウラク
画像

サラサドウダン
画像

ヒメサユリもポツポツでしたが、
画像

こんな感じでまとまって見られるようになって来ました。
画像

モウセンゴゲかな?
画像

多くのカタクリの実を発見。
群落が予想されました。
画像

10時10分、標高を上げて来て、気温が低く、風が吹くと霧の水滴で冷たいので雨具を羽織りました。
雨は降っていません。
画像

展望はありませんでしたが足元にはこんな感じでヒメサユリが咲いています。
画像

花数はそれほど多くないかな。
画像

ピンク色の加減が微妙に違ってついつい立ち止まって撮影タイムが長くなります。
画像

歩いて来た尾根を振り返っています。
画像

10時33分、8合目(午ノ背)付近です。
画像

景色はこんな感じですからこれから核心部の午ノ背を行くようですがピンと来ません。
画像

手前まで来ると、一つ先がぼんやりと見えて来ると言った感じです。
足元にはヒメサユリが咲いています。
画像

足元に気をつけながらヒメサユリ鑑賞です。
画像


画像

午ノ背をゆっくり進みながら振り返っています。
画像


画像


画像

10時41分、霧でなにも見えない尾根歩きでしたが多くの花に癒されながら登って来ました。
画像

この辺から足元は丁度、見ごろを迎えたイワカガミでうめつくされていました。
画像

10時55分、9合目を通過したあたりから最後の急登が待っていました。
画像

11時10分、粟ヶ岳山頂に到着です。
残念ながら展望はなし。
こんな天気で、しかも平日ですから山頂独占です。
同じコースを後から2人の方が登って来ました。
我が家は食事休憩して一旦、12時10分に下山しました。
画像


霧が晴れて来て山頂に戻って展望が楽しめた様子は後編で。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は!
もうヒメサユリの咲く時季になってきたのですね(^_-)-☆
ヒメサユリは大好きな花の一つです。以前、大日ケ岳で見た群落を思い出しています。
ヨウラクツツジも見頃のようですが、越後であればガクウラジロのようですね。
山ちゃん
2016/06/09 20:46
山ちゃん
新潟はヒメサユリが楽しめる山がそこそこあります。
ここは、標高から少し早めに咲き始めます。

お花を探して山歩きしている「山ちゃん」から見ると、おおざっぱにまとめてドウダンツツジじゃ、許せませんよね。
反省です。
izumi
2016/06/13 16:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
20160602新潟県・粟ヶ岳でヒメサユリを楽しむ!(前編) yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる