yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20160612木島平・高標山と北ドブ湿原で展望とワタスゲを楽しむ!(後編)

<<   作成日時 : 2016/06/15 13:38   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

高標山(1747,3m)・北ドブ湿原(1550m)

時期 2016年6月12日(日)

天気 晴れ

駐車場 カヤノ平キャンプ場 (トイレあり。)

行動時間 7時間(休憩を含む)

コース カヤノ平キャンプ場6:55-林道ゲート7:09-登山口8:36-登山道合流点9:00-高標山9:24〜10:11-登山道合流点10:36-登山口11:04-林道ゲート11:16-カヤノ平キャンプ場11:25〜11:35-北ドブ湿原12:07〜12:15-カヤノ平キャンプ場12:55

高標山に登ってから北ドブ湿原に寄って来ました。GPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。


2015年9月13日に北ドブ湿原から八剣山に登りました。
ブナの原生林が見事でした。

朝から高標山に登って来ました。

11時35分、荷物を置いて、水だけを持って、北ドブ湿原に向かいます。
総合案内所で聞いた所、北ドブ湿原はワタスゲとタテヤマリンドウが満開との事。
画像

西コースのブナ林の中を湿原まで100mほど登って行く事になります。
画像

バードウオッチングで歩いている夫婦に出会ったり。
画像

ガサガサと音がするのでびっくりしたら山菜取りの2人だったり。
画像

標示してありますが、ブナ林が見事なコース(大ブナ歩道の標示)もあります。

12時、北ドブ湿原に向かってここからは少し下って行きます。
画像


画像


画像

リュウキンカの咲き残りです。
画像


画像

北ドブ湿原は標高1550mです。
私が見ている花は?
画像

いきなりワタスゲとタテヤマリンドウでした。
画像

湿原の突き当りまで木道が敷かれています。
画像


画像


画像


画像


画像


画像

ちょと、寄り道の木道もあります。
画像

突き当りの東屋で休憩。
画像

12時15分、湿原を見渡して引き返します。
画像

オオバタチツボスミレも咲いました。
画像


12時55分、カヤノ平キャンプ場前の駐車場に戻りました。
これから馬曲温泉に行って、富倉蕎麦を食べて帰ります。(いつものパターンです。)

関越自動車道は夕方、渋滞していましたが、佐野藤岡PAで1時間位休憩を兼ねて時間調節していたらあっと言う間に解消していました。

3日間、変化に富んだ山歩きが出来ました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
なかなか素晴らしい3日間の山歩きでしたね(^^♪
いいなあ。。。
苗場山の小赤沢コースは1度歩きましたが、大雨の後で登山道が水溜りやぐちゃぐちゃで石は滑るし大変だった記憶が有ります。
静かで雲上の池塘は綺麗で良かったですね。

天水山や北ドブ湿原のブナ林は雰囲気がいいですね〜
今年の秋には、ますます信越トレイルを歩きたくなりました。
その時にはいろいろと教えて下さいね。
orihime
2016/06/15 19:17
orihimeさん
苗場山はどのコースも足元がぬかるんで、ドロドロになりますね。
それにしても、今年の雪の少なさが色々と影響しています。
シラネアオイも「こんなに早くに咲き終わるのには驚きと!」と小屋番さんも言っていました。
ブナ林、もう少し早いと芽吹きや新緑で綺麗なのでしょうがまずまずでした。
信越トレイルは真夏以外はお勧めですね。

izumi
2016/06/15 23:47
苗場山山頂で写真を撮りっこさせて頂いた者(まこと)です。
掲示板を開くのが遅くなり失礼しました。
koizumiさんのブログを拝見させて頂きましたが、素敵なブログですね!
花の名前もシッカリですね。
私は何回聞いても花の名前は覚えられず、間違いが度々で有名のようです。
koizumiさんの登られた山を参考にさせて頂き私等も登れる山に登りたいと思いました。よろしく・・・
まこと
2016/06/23 13:56
まことさん
雪が少なかった為に例年より1週間から10日ほど花の時期が前倒し。
シラネアオイはもう少し楽しめるかなと期待して登りました。

ご夫婦で登られている様子がわかり、私達も無理なく山歩きが続けられたらと再確認しました。
「宝蔵山から白山」の春先の山歩きの様子もしっかりとメモしました。
来年の楽しみが一つ増えました。
これからもよろしくお願いします。
izumi
2016/06/23 15:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
20160612木島平・高標山と北ドブ湿原で展望とワタスゲを楽しむ!(後編) yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる