yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20160831武奈ヶ岳・ガリバー旅行村から滝の涼に癒されながら

<<   作成日時 : 2016/09/06 12:27   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 6

武奈ヶ岳(1214,4m)

時期 2016年8月31日(水)

天気 晴れ

駐車場  ガリバー旅行村(トイレあり)
     
行動時間 6時間30分(休憩を含む)

コース  駐車場7:13-登山口7:23-大摺鉢7:46〜7:50-七遍返し分岐8:07-広谷9:03-イブルキノコバ9:16-コヤマノ岳分岐9:55-武奈ヶ岳10:10〜11:00-細川越11:31-広谷12:11-大摺鉢13:10〜13:20-登山口13:40-駐車場13:48


武奈ヶ岳へのGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。

8月26日(金)から30(火)まで実家の京都に滞在、29(月)までかなりまとまった雨が降りました。


一日、余裕を持って31日から山歩きをして来ました。

武奈ヶ岳は季節を変えて登っています。
夏の時期、川沿いの滝を見ながらのこのコースは少しですが涼しげで良かったです。

今日は平日ですから手前の登山者用駐車場ではなく登山口により近い所に駐車可。

7時13分、駐車場を出発。
7時23分、登山口前の標示を見ながら赤コースを進めば安全なようです。
八淵の滝の一部は死亡事故ありの標示がありました。
画像

7時46分、大摺鉢に到着です。
木々の合間から川や滝を見ながら進んで来ました。
チョット、スリリングな所ですから慎重に進む事になります。
画像

足元に気をつけて渡って行く所や、
画像

大岩を乗り越えたのはいいのですが、足が届かないのでお尻をついて滑り下ります。
画像

渡り切って一安心、篆書体で「八徳」と読むそうです。
画像

標示に従って進みます。
画像

滝を見ながら登ったり、
画像

沢沿いにテープを追って歩いています。
七遍返し分岐点から小摺鉢方向は危険なようなので我が家は広谷方向に進みます。
画像

木陰の中の登山ですが急登となると暑いです。
画像

比良山系に多いアシウスギは見応えがありました。
画像

トリカブトはまとまって咲いていたので少しテンションアップです。
画像

9時3分、広谷に到着です。
今日はガイドブックに従って、イブルキノコバ方向、時計周りです。
下山時は細川峠経由で広谷に合流です。
画像

水量が少ない所は丸太橋を渡るより安全です。
画像

沢沿いに登って行く所もあってなかなか変化に富んだコースです。
画像

9時16分、イブルキノコバ。
八雲ヶ原、消えかかっていますが金糞峠方向は今年の5月に堂満岳に登った時に歩いています。
画像

気がつくとブナ林の登山道となっていました。
登って来て良かったと実感しています。
画像

9時55分、コヤマノ岳、中峠と武奈ヶ岳の分岐点は初めて武奈ヶ岳に登った2014年5月の時に下山時に中峠、大橋小屋経由で下山中に通過しています。
芽吹きが始まっていなかったので比べて見ると面白いです。
画像

木々の合い間から青空と武奈ヶ岳山頂がやっと見え出しました。
画像

振り返ると比良山系の山並みが見え出しました。
画像

最後の急登、周りの木々は低木ですからかなり暑いです。
画像

10時10分、武奈ヶ岳山頂の立ちました。
平日ですが我が家を含めて8人が山頂で前後していました。
人気の山です。
画像

琵琶湖を挟んて伊吹山方向ですが山並みを確認するほどは遠望はききません。
画像

中央がたぶん御殿山、堂満岳や蓬莱山方向かな?
画像

11時、下山開始です。
稜線を北方向に細川越に向かいます。
琵琶湖手前の町並みの間に収穫を目前にした稲穂が黄色く輝いていました。
2015年2月に登った時は大展望で白山まで見えました。
画像

武奈ヶ岳山頂を振り返っています。
画像

なだらかな稜線の下山?と思っていたら、ざれた急坂となりました。
このコースの下山、失敗したかな?と思ったのも最初だけで、
画像

低木が生い茂るなだらかな下山コースでした。
画像

山では良く見るコケ?
ヒカゲノカズラです。(山ちゃんに教えてもらいました。)
花が咲いているのは初見です。
画像

低木のブナ林の中の下山道。
画像

11時31分、細川越まで下りて来ました。
ツルベ岳との分岐点、地図を広げて確認中です。
比良山系はレスキューポイントが記されています。
今回、登って来たコースにも数か所ありました。
画像

ここからのコースでもトリカブトの群落が数か所で見られました。
画像

不安定な橋は渡らずに沢を歩いたり、
画像

橋を渡ったりと
画像

テープを追いながら沢を渡る所、踏み跡があいまいな所も数か所あって立ち止まって探したりしながら、
画像

12時11分、広谷に出ました。
ここからは同じコースを下る事になります。
画像

アシウスギにレスキューポイントの標示があります。
画像

13時10分、大摺鉢まで戻って来ました。
ガイドさん付きで沢登りをしていたのでしばし見学。
涼しげですね〜!
画像

左側の大岩で水着になって滝壺で遊ぶ2人の外国人、我が家は暑い中、戻ります。
画像


13時48分、駐車場に戻りました。
武奈ヶ岳へのコースは色々あるので季節を変えてチャレンジしたいです。

明日は大御影山に登る予定です。
途中で買い物、温泉は前回、赤坂山を周回した時に見つけたマキノ白谷温泉「八王子荘」へ。
そして道の駅「マキノ追坂峠」で車中泊です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
わあ!私が行かない間に2回も武奈へ行かれましたね。
武奈はわりと判りにくい所がありますね。
また行かれるなら参考になるサイトです。
http://oumiyuzan.genin.jp/san.html

でもこの時期の近畿の山は暑いわ。
白谷温泉は私も好きです。以前は八王子荘のお向かいの今は空き地になっているところに古びた木のお風呂があって、300円でした。
さらさは一度行ったきりでもっぱら白谷温泉かひらとぴあです。
さえ
2016/09/06 12:46
さえさん
やっぱり、武奈ヶ岳周辺の山歩きがなんと言っても一番、魅力的ですね。
初めて歩いた時、うっかりして沢を渡りそこなって、大変な思いをして下山しましたから。(リベンジ出来てないのが気がかりながら歩く勇気がないのです。)
今回は慎重に歩いてきました。

さえさんが歩いている山、滋賀県の山(山と渓谷社)は全部チェックを入れてあります。
花や紅葉の時期がベストでしょうが、大御影山も歩いて来ました。
私はブナ林の中を歩くのが好きですから大満足、秋にも歩いて見たいです。

日帰り温泉、500円位で入りたいですよね。
izumi
2016/09/06 17:41
武奈ヶ岳・・・名前だけは200名山で知っていましたが、こちら方面の山にはなかなか縁がありません。
懐かしい故郷の山で想いはより深くなりますね。

いくつもの渡渉あり、滝ありで変化があっておもしろそうな山ですね。
アシウスギ・・随分と立派な大木! 関東では余り見ない木でしょうか?
自然林も楽しめ眺望もあって、とても魅力のある山ですが、遠くて簡単には行けなくて残念です。

orihime
2016/09/06 22:51
izumiさん、こんにちは!
先週は実家にお帰りで、武奈へお出かけでした。
それも、八ツ淵の滝からとは趣向を凝らされましたね(^_-)-☆
もう少し早ければイワタバコが満開だったでしょうが。でも、トリカブトは見頃だったようですね。実は、広谷には白花トリカブトが以前咲いていたんですよ。今では見る影もなくなりましたが(>_<)
山岳展望ですが、伊吹山方向の次に登場しているのは、左手前からコヤマノ岳、シャクシコバの頭、後方に比良岳、打見山、中央が蓬莱山です。堂満岳はコヤマノ岳の右後方に頭が少しだけ見えているようです。
山では良く見るコケ?はヒカゲノカズラじゃないでしょうか?地面を這うようにネコじゃらしのようなシダ(マッタケを入れる時に下に敷くような草)がありませんでしたか。
山ちゃん
2016/09/07 11:18
orihimeさん
私もここ数年なんですよ。
滋賀県、福井県の山は冬はそこそこ雪が降りますから、春先は見事なお花のパレードとなります。
GWの頃に歩くとなかなかです。

ガイドブックはあっても実際、どの山から歩こうかな?と思いますから、
さえさんや山ちゃんは関西にお住まいですから参考にさせてもらっています。

その中でも武奈ヶ岳はコースが多くてお勧めの山です。


izumi
2016/09/07 12:29
山ちゃん
滋賀県の山(山と渓谷社)からですとこのコースが載っています。
さえさんがガリバーから登った記録も頭にあったので。
夏場は沢沿いに滝を見ながら、楽しかったです。

イワタバコはこちらでは丹沢で見られるのですが、まだ見た事がありません。

マッタケを入れる時に下に敷くような草!!!
さすが、関西ですね〜!!
ありましたよ〜!
今は昔のようには取れなくなったマツタケ。
子供の頃はそこそこ食べた記憶があります。


izumi
2016/09/07 12:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
20160831武奈ヶ岳・ガリバー旅行村から滝の涼に癒されながら yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる