yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20160902若狭富士・スリリングな青葉山に登る!

<<   作成日時 : 2016/09/07 17:27   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 8

青葉山(693m)

時期 2016年9月2日(金)

天気 晴れ

駐車場  青葉山健康長寿村・ハーバルビレッジ(2016年5月青葉山旅行村からリニューアルオープン。)(トイレあり)
     
行動時間 5時間20分(休憩を含む)

コース  登山口6:30-テレビ中継所(展望台)7:22〜7:27-金毘羅大権現7:30-馬の背7:56-青葉山東峰8:10〜8:13-青葉山西峰8:54〜9:55-松尾寺分岐10:00-今寺地区集会所10:30-登山口11:50

青葉山へのGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。
(電源を入れ忘れて途中からですが分かりやすい登山道です。下山してから戻るまでに苦労しましたから参考にして下さい。途中、標示もなく、道を聞きたくても人がいなくて、やっとそれでも3人の方に教えてもらいました。)


道の駅「シーサイド高浜」からも見えていた青葉山です。
若狭富士と呼ばれています。
画像

6時30分、健康長寿村・ハーバルビレッジの標示はとても親切で登山者駐車場の標示があって迷う事なくアプローチ出来ました。
登山口入口はこの辺から、見えています。
画像

下山して戻って来る時は延長している道方向の高野からでした。
画像

こんな頑丈な登山届ボックスは初めてです。
画像

杉林と竹林に囲まれたコースを進みます。
熊の心配は?
じゃらじゃらと鳴らしながら進みます。
画像

途中、高野コースと合流、標示は整備されていました。
画像

7時22分、展望台があるので登って見ます。
画像

高浜海岸が一望できます。
画像

尾根道に沿ってブナ林も見えだしました。
画像

7時30分、金毘羅大権現の広場に到着。
画像

歩きやすい登山道です。
画像

ブナ林も楽しめます。
画像

ツルシキミの実、
画像

コブシの赤い実も秋の気配!
画像

そしてこれから東峰から西峰と登って行きますが満開のホツツジが至る所で楽しむ事が出来ました。
画像

7時56分、馬の背と巻道(登山道)の分岐点です。
画像

距離にしたら数メートルの所で展望も良さそうなので馬の背コースへ。
画像

稲刈りが始まった高野集落を眼下に進みます。
画像

こんな感じの馬の背でした。
画像

ブナが生い茂る中、そこそこの急登です。
画像

足元にはヤマホトトギス。
画像

8時10分、青葉山東峰です。
青葉神社前です。
画像

オオキンレイカの花は保護された所に咲いていました。
画像

夏に咲くと岩山が黄色く見えたとあります。
「日本100低名山を歩く」に紹介されていた山なのですが、こんな感じで西峰に行くのかな?と内心思っていましたが・・・
画像

ガイドブックをよく読むと集塊岩の吊尾根でスリルがあると書いてありました。
画像

頑丈なハシゴがありますから心配いりません。
一旦登ってから、
画像

こんな感じで下って行って、
画像

ロープを伝いながらカニの横這いです。
ここが一番緊張しながら進みました。
画像

ロープを伝いながら下って、
画像

登って、
画像

またまた下って行きます。
画像

8時26分、こんなスリリングな途中で西峰が見えだしました。
遠くに感じますが、30分位で到着します。
画像

この長い階段を下って行く途中でオオキンレイカかな?と思った花は?
画像

アキノキリンソウでした。
画像

満開のホツツジの中をアップダウンを繰り返して、
画像


画像

テープもありますがチョット分かりにくい岩が入り組んだ所を通過。
画像

木々の合間から岩峰が見え始めて、
画像

8時54分、青葉山西峰に到着です。
画像

松尾寺奥の院と休憩小屋があります。
お参りを済ませてから、
画像

ロープを伝って山頂に向かいます。
画像

青葉山西峰は最後はロープを伝って到着です。
画像

若狭湾を一望です。
右側には高浜原発が見えました。
画像

9時55分、大休憩後、今寺地区方向に下山です。
画像

10時、松尾寺分岐です。(西国第二十九番札所です。)
以前にお参りした事があるので行けば良かったと後悔しています。
画像

こちらは植林された山で、九十九折りに下って来ました。
画像

歩いて来た山を見上げます。
この角度から見ると、若狭富士らしくないですね。
画像

11時50分、途中、迷いながらも何度か聞きながら戻って来ました。
画像


道の駅「シーサイド高浜」まで戻って、敷地内にある日帰り温泉「湯っぷる」へ。
スーパー銭湯で700円です。
前日からここに前泊していて、夫が入って見たいと言っていました。
金曜日は2人で行くと割引で500円になりました。
うれしい割引ですっかり気を良くして長湯となりました。(笑)

次の台風も来ているようなので早めに帰宅することにして長浜市内で近江牛を少々食べて、関ケ原ICから帰宅の途につきました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
低山でも、ハシゴ、ロープ、クサリと面白そうです。
若狭湾が見えるのもいいですね。
私は行くことはないでしょうが、素晴らしい山です。
カスミッシモ
2016/09/07 20:34
ちょっと霞んでいましたね。
あのあたりの海はまさに日本海って感じで冬は荒々しいです。一時期海を眺めながらの温泉に憧れて丹後方面に良く行ったりしました。そんな時はたいていお魚と温泉だけです。
なんとか富士って山は多いけど、たいてい山頂が神社になっているような気がします。福井の日野山も面白かったわ。
さえ
2016/09/08 08:42
izumiさん、こんにちは!
青葉山は福井県側(高浜)からだと若狭富士ですが、京都府側(舞鶴)から見ると、双耳峰なんですよ(^_-)-☆
青葉山旅行村がリニューアルされたとは知りませんでした。駐車場が綺麗ですね。
東峰の山頂にも地元の小学生が育てるオオキンレイカが植えられているようですね。
今年は7月17日にオオキンレイカを見に行ってましたが、長い階段を下って行く途中でご覧になったアキノキリンソウが咲いている岩場が自生地なんですよ^^
他には、西峰に取り付く鉄梯子の岩場にも咲いていました。毎年、8月上旬が見頃ですから、日本で青葉山でしか見られないオオキンレイカの実物をご覧になって下さい
因みに、山ちゃんは、いつも今寺の一番奥まで車で入り最短ルートのピストンです。
山ちゃん
2016/09/08 09:42
カスミッシモさん
実家の京都から直接ですと高速道路が日本海まで通っていますから1時間もかからずに
到着する所です。

今回は反対からアプローチしました。
道の駅やアプローチする途中からあの形の山が見えますからワクワク感100%でした。

日本にはいくらでも素晴らしい山がある事を実感したしだいです。
izumi
2016/09/08 11:19
さえさん
最初に青葉山からアプローチしていれば、無駄がなかった所ですが。
なんせ、しっかりとした計画は立ててなくて、登れそうな山にはチャックを入れて、地図のコピーを出して位で。

武奈ヶ岳だけは今回外せないかなとは思っていましたが。

途中から子供の頃、小浜に海水浴に連れていった思い出が懐かしくて再訪となりました。
お刺身が新鮮でお安くて(東京の半額位の感覚でした。)

お魚と温泉、冬の日本海ですからね!!

日野山、チェックと思ったらチェックしていた!!
周回コースの地図も出していました。
izumi
2016/09/08 11:38
山ちゃん
リニューアルしたてでしたから外からチラッと見ただけですが立派でした。
しかもここは駐車料金は無料です。

京都(亀岡)から直に近いので再訪ありですね。

それにしても、今回は福井県側からアプローチして良かったです。
だいぶ、印象が違いますよね。
そして、スリリングな所も十分に楽しめました。
izumi
2016/09/08 11:53
若狭湾を見下ろしながらお花あり、吊尾根有りで楽しそうです。
海無し県の私など、海を見るだけでうれしくて大興奮!プラス美味しいお魚と温泉付きときたなら、もう言うことなしです。

山歩きを楽しみながら、古都京都を散策の旅行登山もいいなあ・・・
なんて、気持ちかきたてられています。
orihime
2016/09/09 13:54
orihimeさん
新潟県の角田山や弥彦山に立地は似ていますね。
山頂から海が見えるなんてテンションアップですよね。

我が家は下山後の温泉が楽しみで山歩きしている感じですね。
izumi
2016/09/09 18:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
20160902若狭富士・スリリングな青葉山に登る! yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる