yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20160924守門岳・大白川コースは登りも下りも手強かった!!

<<   作成日時 : 2016/09/28 16:14   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 8

守門岳(1537,2m)

時期 2016年9月24日(土)

天気 晴れ後曇り

駐車場 大白川(大原)登山口(トイレあり)

行動時間 7時間24分(休憩を含みます)

コース  大白川登山口7:06-布引ノ滝分岐7:46-三ノ芝(小烏帽子)8:56〜9:00-守門岳(袴岳)10:02〜11:00-三ノ芝(小烏帽子)12:00-布引ノ滝分岐13:12-布引ノ滝14:00〜14:05-大白川登山口14:30


守門岳のGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。

2009年10月24日に、二口から晩秋の守門岳(袴岳、青雲岳、大岳)に登りました。

2010年4月4日に二分集落の除雪最終地点から守門大岳の雪庇 を見る事が出来ました。



9月は不安定な天気続きでしたが、やっと晴れ予報が出始めて特に新潟県が一番期待出来そう。
そこそこの標高で展望が望める山。
そんな理由から久しぶりに守門岳に登る事になりました。

今回は大白川登山口から登って来ました。
このコースは守門岳の最高峰の袴岳に南側から急な尾根道を登るコースで、ガイドブックに紹介されていました。
山頂は同じですがコースが違うと、とても新鮮な気分でのアプローチとなりました。

7時6分、大白川コース(大原スキー場からのアプローチとなりますから地名標示が混迷していました。)
駐車場はかなり広く、とても綺麗に管理されてる簡易トイレもあります。
登山届を提出。
画像

7時9分、歩き始めてまもなく、布引ノ滝への分岐。(20分で滝まで行けます。)
下山時に寄る事にして先に山頂へ。
画像

ブナ林の中を登って行く事になります。
画像

木々の合間から守門岳東側の稜線が見えます。
画像

エデシ尾根はかなりの急登です
画像

足元は紅葉が始まっています。
画像

ロープがあるので下りの時は助かります。
画像

7時46分、布引ノ滝分岐を通過。(下山時はここから下りました。地図には20分表示ですが我が家は50分かかりました。)
画像

見上げるとこの景色ですから少し癒されますが辛いです。
画像

急登の感じが出ていますね。
画像


画像


画像

これだけ登って来ると越後三山方向も見えだしました。
画像

まだまだ続く急登、木々が適当に生い茂っているので日差しは遮られるのですが汗だくです。
画像

足元にはダイモンジソウが。
画像

周りの木々の紅葉はもう少し先ですが、オオカメノ木やナナカマドの実は赤くなっています。
画像

小さな沢を回りこんで、岩の上を登って行くのかな?と思いながら少し行くと、
画像

東側に開けた草地に出ました。
画像

8時56分、三ノ芝(小烏帽子)に到着。
(この写真は下山時に撮りました。右、西方向に行くと藤平山経由で登山口があります。)
毛猛山塊 方向です。
画像

三ノ芝周辺は草紅葉が楽しめました。
画像

振り返ると、越後の山並が一望ですが雲がかかり始めたのが気になります。
画像

9時16分、稜線先に守門岳(袴岳)が見え始めました。
画像

浅草岳も見えます。
画像

9時20分、稜線が見えて、遠くに感じますが・・・
40分で山頂に到着します。
画像

コブシの実はなんとなく可愛い!!
画像

浅草岳の姿が立派ですね〜!
画像

山頂手前から歩いて来た稜線を振り返ります。
画像

10時2分、守門岳(袴岳)に到着です。
標準タイム時間より30分早く登って来ました。(コースタイムは随分甘めです。)
しかし、下山は激下りとなりますから登りより時間がかかってしまいました。
画像

山頂から青雲岳、大岳方向
画像

そして、東側、袴腰方向です。
冬場、大雪庇が出来る所です。
画像

粟ヶ岳方向です。
肉眼では新潟の弥彦山、角田山、米山そして磐梯山、安達太良山と確認できました。
1時間近くの休憩中、多くの人が登って来ました。
画像

11時に下山開始です。
越後三山方向を見ながらの下山です。
画像

11時56分、三ノ芝(小烏帽子)付近の草紅葉を上から見ながら楽しい下山。
画像

秋の気配を感じながら、
画像


画像

13時12分、布引ノ滝分岐まで、固い粘土質でとても滑りやすい尾根道コースを苦労して下って来ました。
ここから周回できますから迷わず東方向に下山。
画像

いきなりロープを持っての下山道。
しっかりと笹払いされているので皆さんが歩かれているコース。
途中から、やっぱり止めとけばよかったかな?と頭の中をよぎりましたが引き返すのも大変です。
画像

道沿いにリンドウが見られて救われた瞬間です。
画像

ブナ林の曲がり具合が半端じゃありません。
標高を下げて来ましたからホツツジの花もまだまだ楽しめました。
画像

大木が枯れて横たわっていたので一瞬、道はと思いましたが、またいで下って行きます。
画像

13時56分、滝まで50mの標示が出て来て一安心。
帰りはここから周回して20分表示です。
画像

ブナ林の中、さすがになだらかな下りとなって一安心。
画像

14時、木々の合間から布引ノ滝が見え始めて、
画像

ロープが張られてあって、これ以上は下って行けないようになった所から鑑賞です。
画像

迫力が伝わりませんが見に来て良かったと思う瞬間です。
周りが紅葉したらもっと素敵でしょうね。
画像

こんなに下って来たら登り返しが大変なのかなと思いましたが分岐点の「滝まで50mの標示」の所まででした。
画像

戻る道は鎖を伝って進む所も2か所ほどありますが、
画像

山頂手前からの激下りの事を思えば・・・
画像

そして、最後は道幅も広いハイキングコースとなりました。
やっぱり、ここをピストンすれば良かった所でした。

下山道手前から布引ノ滝へ下る道は急な為、周回コースで立ち寄るのではなく、登山口手前(下の分岐)からトラバース道をピストンするのが安全と良く読むとガイドブックにも書いてありました。
画像


14時30分、下山しました。
地元の方は滝コースはパスのようで私達より後に下山した人が駐車場で出迎えてくれました。(笑)
「滑りやすくで下山の方が時間がかかった!」なんて話して、今度は山菜がでる春先に登って下さいと言われました。

足はガクガクで疲れました。

「神湯温泉」に寄って足をほぐして、夕食はトンカツを食べて満腹。

道の駅「みつまた」で車中泊。

明日はより晴れ予報ですから稲包山に登る予定でしたが・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こちら側からは結構きついですね。
2年前の秋に同じコースを登ろうとしたのですが、途中の道路が工事中で通れず、仕方がないので裏側の栃尾市方面から何とか保久礼方面に行き登りましたが、その時の紅葉は枯葉が多くイマイチでした。
インレッド
2016/09/28 22:02
初めての山にチャレンジしたい気持ちもあったのですが2000m前後の新潟の山は残す所は荒沢岳、中ノ岳、平ヶ岳あたりでしょうか。
(日帰りでは無理そうなので多分、登る事はないかな。)

八海山もロープウェイを使って行ける所まで登る?

今回は1500mの標高では紅葉は早いのは承知でしたが、コースを変えて登って見ました。
とても新鮮な気分でしたが、私には大変でした。

地元の方でスパイクがついた靴で登っている方が教えてくれました。
(ホームセンターで3000円位で売っているそうです。)
izumi
2016/09/29 10:22
4年前のニッコウキスゲの咲く時期にに全く同じコースで歩いたので、懐かしくレポ拝読しました。
帰りに折角だから滝を見よう・・・と同じく周回コースを歩きましたが、途中で止めとけばよかった!と後悔しながら激下りしましたよ(笑)
ハードコースも紅葉が始まって静かな山歩きを楽しまれましたね。

二口から青雲岳経由でヒメサユリの頃に歩いてますが、こちらの方が楽でお花も多いようですね。
orihime
2016/09/29 13:50
こんにちは!
越後の山も日帰りが可能とは、関東からは登れる範囲が広くていいですね(^_-)-☆
それにしても、下山の方が時間がかかるとは、ルート選択に失敗でしたね。
でも、山岳展望はまずまずで、秋の気配も感じられましたね。ダイモンジソウが登場していますが、ジンジソウじゃなくて正真正銘の大文字ですね^^
山ちゃん
2016/09/29 15:12
orihimeさん
紅葉には少し早かったのですが、なかなか面白いコースでした。
やはり、下山時にあの表示ですから下って行きますよね。
しかも、20分と地図にも書いてありますから。

私はお花の時期には歩いていないので次回のお楽しみですね。
izumi
2016/09/29 17:33
山ちゃん
越後の山は標高1000m〜1500m位でも標高差はかなりありますから手強いんですよ。
分かっているのですがつい忘れてしまってチョット後悔しながら登っています。(笑)

もう少し、晴れていれば妙高、火打山、佐渡島も見えるそうです。
この日も飯豊連峰あたりまでは確認出来ました。

私は新潟の山はお気に入りで季節を変えて登っています。
izunmi
2016/09/29 17:56
こんばんは。
守門岳はなかなか大変そうですね。まだ歩いたことありません。
尾根歩きは展望が利いて気持ち良さそうですし、急登も変化があって面白そうです。
天気はなんとか1日持ったようですね。
カスミッシモ
2016/09/29 19:08
カスミッシモさん
守門岳(袴岳、青雲岳、大岳)からなるので、初めて登る時は保久礼小屋からか二口からがお勧めでしょうか!
今回は布引ノ滝も見られるのでこちらのコースにしました。
期待以上の見事な滝でしたがかなり大変でした。

やっと筋肉痛が治まりました。
izumi
2016/09/29 22:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
20160924守門岳・大白川コースは登りも下りも手強かった!! yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる