yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20170116奥日光の戦場ヶ原でスノーシュー

<<   作成日時 : 2017/01/18 17:25   >>

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 4

奥日光・戦場ヶ原(1400m)

時期 2017年1月16日(月)

天気 曇り時々小雪後少し晴れ

駐車場   赤沼バス停前(水洗トイレあり、隣に東屋あり。)

行動時間  4時間10分(休憩を含む)

コース 赤沼バス停10:35-赤沼分岐10:45-青木橋11:52-泉門池12:35〜12:52-赤沼分岐14:30-赤沼バス停14:45


戦場ヶ原のGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。



光徳牧場の駐車場で前泊しました。
予想以上に夜中に雪が降って、車が出れなくなりました。

シャベルで少し掻き出して見ましたが、手に負えませんでした。
隣の「アストリアホテル」で除雪作業が始まった音が聞こえて来ました。
お願いして道までの距離を除雪してもらって、車を少し牽引してもらいました。
除雪車のお世話になったのは斑尾高原の希望湖周辺で動けなくなった時以来の2度目です。
画像

今日は山王峠か高山に登る予定でした。
「アストリアホテル」に駐車したまま山歩きに出かけても良いと言ってもらいました。
しかし天気もいまいちで、展望も期待できそうにありません。
新雪もかなり降ったので山頂に立てそうにもありません。

赤沼バス停に車を置いて戦場ヶ原のスノーシューハイキングに変更しました。
とりあえず、チェーンを着けて、帰りのいろは坂の下りに備えました。
1年ぶり?(ひょっとしたら2年ぶりかな?)なので装着するのに時間がかかってしまいました。
(さすがに1本目だけですが・・・)
車の屋根に積もった雪を見て下さい!!
画像

赤沼分岐から湯川沿いに歩いて行く事にしました。
今日は前後して2人の男性がいましたが、途中で引き返した方、湯元まで通しで歩いた方、我が家は泉門池まで進んで同じ道を引き返しました。
戦場ヶ原が見える所までは、平日のこんな天気でしたが数人の方達が歩いていました。
画像

積雪があっても戦場ヶ原内は立ち入り禁止です。(木道の上を歩くように指示されています。)
歩き始めは少し雪が舞っていましたが止んで来ました。
画像

湯川を左手に見ながら進む事になります。
画像

凍っている所もあります。
画像

水鳥も見られました。
画像

戦場ヶ原が見渡せる所にさしかかった時、ほんの一瞬ですが男体山が見えだしました。
画像

雪のある時期に戦場ヶ原を歩いたのは初めてです。(いつも雪不足で木道が見えている事が多い。)
画像

もう少し先に進みます。
木道の上を歩きます。
画像

青木橋を通過します。
風が吹いていないのでそれほど寒くないです。
画像

この写真、風が吹いて雪が舞ったのでしょうか?
画像

少し、雪が深くなって来ました。
軽いラッセルが続きます。
画像

トレースはありません。
スノーシューの威力を発揮しながら進んでいます。
途中でこんな景色を見ると、コースを外れていない事がわかりホットします。
画像

左にベンチが埋もれています。
画像

そろそろ着いてもいい頃ですがトレースもなく広々した所を進んでいます。
たぶん、泉門池は右下方向ですから!
画像

12時35分、少し進んで行くと道標も出て来て、泉門池に着きました。
画像

ベンチの雪を払って休憩です。
上を見上げているのには理由があります。
画像

頭上、2匹の猿が木から木へと渡り歩いていて雪が落ちて来ます。
画像

気温は−8度位ですが風がないのでそれほど寒くないです。
突風が吹くと雪が舞います。
青空が出始めて天気が良くなるのかな?
画像

13時頃、歩いて来た道を戻ります。
男体山も見えだして、
画像

木道を歩く足もついつい止まってしまいます。
画像

今日は朝からアクシデント。
戦場ヶ原のスノーシュー歩きに切り替えて良かった!!
このトレースは我が家がつけました。
画像

木々の合間から見る男体山。
画像

大真名子山、小真名子山でしょうか?
ベールがかかったようです。
画像

立ち止まってしまいますね。
画像

青木橋を渡って、
画像

戻ります。
チョット怖いですね。
画像

男体山、
画像

続きに大真名子山、小真名子山が見えます。
画像

西側には高山も見えだしました。
画像

回復しそうでしない微妙な天気でした。
画像

14時30分、赤沼分岐まで戻って来ました。
コースを少し外れるとかなり潜ります。
画像


14時45分、赤沼バス停に戻りました。

湯元の奥日光高原ホテルで日帰り入浴。
スタッドレスタイヤ、節約して今年新しくしませんでしたから、前輪にチェーンを巻いていろは坂を慎重に下って行きました。(4WDの車でもありませんから。)
皆さん、かなりゆっくり走行でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
雪が多いと歩くにも大変ね。でもきれいな景色ですね。
ご主人が躊躇されるのも納得です。家もチェーン積んでるけど付けるのは難しいと思います。
家は付けたことないと思うわ。私は昔の並べて車動かしてタイヤのしたにしてと言うのはやったことがあるけど。
さえ
2017/01/18 20:51
大雪で大変でしたね。
除雪車が居合わせ助けられ良かったです。
雪は綺麗で素敵だけど、ほどほどの降雪で収まってくれると良いのですが。

戦場ヶ原の雪景色、広大で木々も多く綺麗ですね。
izumiさんが毎年のように歩かれる気持ちが分かる気がします。

私は昨日(18日)晴天だったので、赤城の駒ヶ岳から黒檜山を歩いてきました。
もふもふの新雪が深くて、駒ヶ岳への登りはかなり大変でした〜
orihime
2017/01/19 10:15
さえさん
またまたやってしまいました。
こんなお粗末な顛末ですがお役にたてるかな?と思ってアップしました。

夜中にこれほど雪が降る天気予報じゃなかったのですが。

izumi
2017/01/19 14:16
orihimeさん

積雪もほどほどじゃないと、大変な事になりますね。
この日はふかふかの雪が積もったのでこんなハイキングが適当でしたね。

奥日光もこれから色々なスノーシューコースが整備されて(テープがつきます。)歩きやすくなります。
izumi
2017/01/19 14:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
20170116奥日光の戦場ヶ原でスノーシュー yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる