yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20170225烏帽子岳と湯ノ丸山は霧氷が楽しめました。

<<   作成日時 : 2017/03/01 13:58   >>

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 4

烏帽子岳 (2065,6m) 湯ノ丸山 (2101m)

時期 2017年2月25日(土)

天気 晴れ

駐車場  湯ノ丸スキー場 (無料です。トイレあり。)

行動時間  6時間10分 (休憩を含む)

コース  湯ノ丸スキー場(地蔵峠)8:40-中分岐9:10-鞍部10:00〜10:04-烏帽子岳11:05〜11:45-小烏帽子岳12:00〜12:05-鞍部12:32〜12:35-湯ノ丸山(南峰)13:33〜13:45-鐘分岐14:11-中分岐14:27-湯ノ丸スキー場(地蔵峠)14:50

画像

烏帽子岳を背に湯ノ丸山を登っています。



2012年2月4日に同じコースで20120204烏帽子岳から湯ノ丸山へスノーシューで歩いています。

湯ノ丸山や烏帽子岳は季節を変えて毎年のように歩いている山域です。

2016年2月に角間山に登り予定を変更して湯ノ丸山の北峰に登りあげています。

2016年1月11日に烏帽子岳に登った時は雪が少なく、途中でスノーシューを置いて登りました。

2014年3月8日に湯ノ丸山に登った時は大雪の年で霧氷だけではなく山頂付近は見事な樹氷が楽しめました。


烏帽子岳と湯ノ丸山のGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。



前泊した道の駅「雷電くるみの里」は朝7時から食事ができます。
温かい食事がしたいので今日は少し遅めの出発です。

路面の凍結もなくアプローチできました。
8時40分、 湯ノ丸スキー場(地蔵峠)を出発です。
スキー客だけでなく多くの登山客も出発して行きます。
9時10分、中分岐。
ここから湯ノ丸山に登るトレースもしっかりと着いていました。
今日は、最初からスノーシューを履いています。
標識の埋り具合から見るとやや多めの積雪ですね。
画像

9時30分、南側に八ヶ岳の山並みが見え始めて、
画像

富士山が見えるポイントです。
画像

なだらかな斜面ですが一歩ずつステップを切って進みます。
画像

10時、鞍部に到着です。
正面に見えるのが烏帽子岳です。
今日は烏帽子岳に登ってここから湯ノ丸山に登り返して下山予定です。
画像

ここまで霧氷が見れなかったのでこの光景にテンションが上がります。
画像


画像

振り返ると、湯ノ丸山の姿が見えだしました。
画像

青空に霧氷がより生えます。
画像

北方向には四阿山と根子岳の姿も見えだしました。
画像

少しずつ標高を上げながら景色を堪能です。
画像

10時30分、今日は冬道の直登のトレースが2か所にしっかりとありました。
雪もよく締まっていて登りやすかったです。
夏道のコースにもトレースはありましたが細々とツボ足でした。
画像

こんな感じで踏み固めながら登る所は2カ所位はありましたが思った以上に登りやすかったです。
画像


画像

烏帽子岳が目の高さに見えだすと、
画像

もう一頑張りです。
画像

10時47分、稜線に出ました。
小烏帽子岳の山頂を少し過ぎた所に出ました。
小烏帽子岳山頂は帰りに寄る事にして、
画像

烏帽子岳に進みます。
画像

左から北アルプス、烏帽子岳、根子岳、四阿山、湯ノ丸山の展望です。
画像

北アルプスは山頂に雲の帯がかかっていて山座同定が出来ません。
画像

八ヶ岳のズーム。
画像

11時5分、烏帽子岳山頂に立ちました。
画像

根子岳、四阿山、草津白根山、横手山が見えています。
画像

北アルプス方向から、
画像

根子岳、根子岳、四阿山、草津白根山、横手山、手前に湯ノ丸山、
画像

湯ノ丸山、浅間山、小烏帽子岳の山頂の後ろには南アルプス、八ヶ岳と大展望となりました。
(パノラマ写真はクリックして拡大して見て下さい。)
画像

11時45分、風もなく穏やかな山頂でした。
下山開始です。
画像

12時、小烏帽子岳に寄って記念写真!
画像

南アルプスや八ヶ岳が寄り身近に見えます。
画像

一歩ずつ登って来た冬道の直登の下山は楽しいコースとなります。
少しかかとを潜るようにして下って行きます。
画像

こんな所は尻セードーであっという間に下って来ました。
画像

登って行く時は気がつかなかった小雪庇です。
画像

12時32分、鞍部まで下りて来ました。
予定通り、湯ノ丸山の山頂を目指します。
画像

烏帽子岳の直登より楽なのですが、さすがに少しペースが上がりません。
周りの景色を見ながらゆっくりペースです。
画像

お互いに前後しながら登って来ました。
烏帽子岳の姿が素晴らしいです。
画像

霧氷は見事です。
画像


画像

山頂直下は風で雪が飛ばされて岩が見えています。
画像

13時33分、やっと湯ノ丸山(南峰)に立ちました。
烏帽子岳を背に。
画像

根子岳、四阿山方向を背に。
画像

浅間山の噴煙はとても活発でした。
画像

13時45分、北峰にはさすがに寄らず、鐘分岐に向けて下山開始です。
画像

雪がたっぷりですから下山は足に優しく早くに下ってこれます。
画像

14時11分、鐘分岐です。
標識の埋り具合からも今年はそこそこの雪が降りました。
画像


ここからキャンプ場がある中分岐方向に下って、駐車場の湯ノ丸スキー場(地蔵峠)まではトレースもあちこちにありますが北方向に下って行けば歩き始めの道に突き当たります。

14時50分、下山しました。
信州 東御市の日帰り温泉「湯楽里館」はゆっくり出来るので気に入っています。
夕食もここで初めて食べて見ましたが良かったです。
地元産の豚肉を使った定食をいただきました。

明日は根子岳に登ります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
綺麗な霧氷 !!
雪も多く、展望も良く穏やかな最高の山日和でしたね。
直登ルートでスノーシューの威力発揮出来て楽しそう(^^♪
湯の丸まで登ったとは偉い!です(笑)

昨年今年と眺望は良かったけれど、霧氷には会えない烏帽子です。
orihime
2017/03/01 20:59
orihimeさん
歩きながら途中までは霧氷は無理かな?と思いながら歩いていたんです。
今回はスノーシューで良かったと言えます。
アイゼンの方は登りにくかったようです。
我が家は余程の急坂以外はスノーシューです。
もちろん、ザックにはアイゼンは入っているんですよ。(笑)
izumi
2017/03/02 11:39
izumiさん、こんにちは!
いや〜あっ、好天に恵まれて楽しいスノーシュー歩きが出来ましたね(^_-)-☆
霧氷も素晴らしいですが、展望の良さも格別でしたね。
山ちゃん
2017/03/02 14:39
山ちゃん
ここはスキー場から登りますからアプローチしやすいのですが、我が家は数年前に駐車場少し手前の急坂で登れなくなりました。
手前から渋滞していたのでおかしいな?とそれでもゆっくり進んでいったら4WD以外の車は滑って止まっていました。
それがトラウマになって、少し慎重になりました。

長野県のこの辺はそれ程、大雪にはなりませんが気温はかなり冷え込みます。
北アルプスがはっきり見えたら言う事なかったのですが!!
izumi
2017/03/02 17:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
20170225烏帽子岳と湯ノ丸山は霧氷が楽しめました。 yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる