yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20170227信越トレイル・霧氷の中の鍋倉山に登る!

<<   作成日時 : 2017/03/02 11:28   >>

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 4

鍋倉山(1288m)

時期 2017年2月27日(月)

天気 曇り

駐車場  温井登山口

行動時間  5時間25分(休憩を含む)

コース  温井登山口9:00-鍋倉山12:10〜13:00-温井登山口14:25


画像

山頂手前の霧氷!


2016年3月12日に鍋倉山に登りました。
昨年はどこも小雪でした。

鍋倉山のGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。


信越トレイルの一部の鍋倉山は秋の紅葉を楽しみながらも登ります。
峠まで車で登って稜線歩きとなりますから楽しいハイキングです。
この季節はもちろん峠までの林道は冬期通行止ですから麓から登って行く事になってそこそこ大変です。


9時、温井登山口(標高580m)から歩き出します。
標高差700mの山歩きとなります。
左側の壁が2mは越えていますから例年並です。
画像

一昨年前まではこの竹で通行止めの所を直進出来ました。
私有地との事で、侵入禁止となりました。
画像

少し迂回する事になりましたがオレンジ色の旗がポイントごとに設置されていますから迷う事なくアプローチできます。
画像

9時43分、以前は下に見える田茂木池の小屋の前を通りましたが上から見ながらのアプローチです。
画像

登る山は見えています。
画像

今日は私達より一足先に出発したスキーの男性が一人いました。
数台の車が駐車していましたが山に入ったのは私達含めて3人でした。(たぶん!)
画像

10時、歩き始めて1時間でやっと斜面に取付きました。
先行するスキーの人は斜めにコースを取って急斜面を登って行きますからこのトレースの跡を追う事になりました。
とてもコース取りに無駄がなく慣れた方でした。
歩くのも早く追いつく事はもちろんできませんでした。
あっと言う間に下って来て我が家が山頂まで、まだまだの所で出会いました。
画像

ブナの大木が見られるようになって来ます。
画像

ヤドリギが鳥の巣のようで面白いですね。
画像

積雪は3m以上の事がわかります。
画像

稜線に上りあげるまで、こんな感じで斜面を登って行く事になります。
何度も繰り返しながら登って行きます。
画像

10時50分、なだらかな稜線にやっと登りあげるとブナの霧氷の中を登って行く事になります。
ここからが楽しいスノーシューハイクの時間となります。
画像

振り返るとチョット辛そうな夫?
画像


画像

11時15分、少し青空が見え始めて来ました。
画像


画像

進行方向、左側(東)に高社山が見え隠れしています。
画像


画像

右側(西)は信越トレイルの山並みが見えだしました。
画像


画像

青空が見えだすと少しテンションアップ!
画像

隣の稜線上のブナの霧氷が斜めの感じに感激!
そして信越トレイルも見えます。
画像


画像

広い空間を登って行きます。
足元は少し沈みながらですが大分、しまって来ていますから歩きやすいです。
画像


画像

山頂に近くなるとさらに霧氷が素晴らしくなって来て、しばし立ち止まってしまいます。
画像


画像

青空も出始めましたからお花見です!!
画像

振り返ると、周辺の山は見えませんが、街並みは見えます。
画像

12時10分、こんな感じで山頂に到着です。
画像

隣の黒倉山が見えます。
画像

さらに、北西方向に延びる信越トレイル(開田山脈)を見る事が出来ました。
画像

南東方向、展望が良ければ妙高、火打山はもとより、北信五岳も見渡せて大展望となる所です。
画像

見え隠れしながらでしたが展望を楽しんで、
画像

青空が出て来たので開田山脈を背に記念写真!
画像

雲が一瞬にして上がって来ます。
山頂は風もなく寒くなかったので食事休憩です。
さすがに3日間続けて登ったので疲れました。
画像

13時、ゆっくりと食事を終えて、そろそろ下山と思い始めた頃に急に真っ白な世界に!
トレースをなぞりながら下山すれば大丈夫と思いながらも、少し慌てましたが、こんな感じになったのはさすがに山頂だけでした。
画像

トレースをあまり外れない程度にふかふかの斜面を下って行きます。
足元が柔らかくて下りやすいのです。
画像

今回の雪質はサラサラしていましたが、下はしまっているので滑るようにして下山出来て快適でした。
画像


画像

ブナの大木の中の下山です。
画像

斜面を慎重に一歩づつ踏み固めて時間をかけて登ってきましたが下りは一直線に下ってきました。
画像

広い空間ですがオレンジ色の旗が立っていますから安心です。
画像

登って来た鍋倉山を振り返りながら、
画像

14時25分、温井登山口に戻りました。
画像


雪の量はさすがに多く1288mの山歩きでしたがスノーシューで楽しむ事が出来ました。

今日も野沢温泉に寄って飯山市内の富倉蕎麦屋さんに寄りましたが準備中。
(最近この看板が立っている事が多く入る機会がない。)

少し先に進んだ所に「西乃茶や」の看板があって入って見たら二八蕎麦でしたが美味しかったです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
元気ね!烏帽子も今年は湯の丸まで行かれたのですね。
鍋倉山はいつも良い感じの霧氷が付いていますね。羨ましいような、でも最近の私には無理と思っています。
というか鍋倉山はまたスノーシュー歩きした事が無いんです。連休になったら壺足で登れるし、林道も開いているしって軟弱しています。
さえ
2017/03/02 11:36
さえさん
コメント、早い!
アップして確認する前にコメントが入っていました。

鍋倉山のスノーシュー歩きが私は一番、好きです。
登りは辛いのですが下りは潜るようにして下ってこれますからスノーシューの威力が発揮できます。
スキーの方はもっと一気に下って行きますよ!

前日まで小雪が降っていたので、麓周辺のスノーシュー歩きの方の足跡がとても多かったです。
ブナの霧氷も間違いなくこの季節ならではですね。

でもさすがに疲れました。
izumi
2017/03/02 11:49
ブナの霧氷、スケール大きくて素晴らしいですね!
鍋倉山など信越トレイルは、ブナの芽吹きの頃か紅葉の頃に歩いてみたいと思っています。
先ずは無雪季から歩いての雪山でしょうね。
かなり雪も多そうですね。

それにしても3日連チャンのスノーシューハイク、
izumiさんの体力すごい !!
orihime
2017/03/03 19:36
orihimeさん
今、実家の京都に向けて伊勢湾岸道を走行中です。
今回は山歩きはなしで、帰宅予定です。
そこそこで引き上げて来るのが、お互いストレスがたまらないので。

ブナの芽吹きはよく新潟の山で見て来ました。
残雪の山歩きとなりますから麓はカタクリやイワウチワが咲いて楽しいです。
izumi
2017/03/03 20:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
20170227信越トレイル・霧氷の中の鍋倉山に登る! yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる