yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20170312守門大岳の大雪庇 を見る!(後編)

<<   作成日時 : 2017/03/15 15:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

守門大岳(1432,4m)

時期 2017年3月12日(日)

天気 曇り後晴れ

駐車場  二分集落の除雪最終地点

行動時間 8時間30分(休憩を含む)

コース  二分7:20-長峰-保久礼小屋9:08〜9:20-守門大岳11:15〜12:15-中津又岳12:43〜12:50-保久礼小屋14:17-二分15:50


(前編)からの続きです。

12時15分、中津又岳に向けて一旦、急坂を下ります。
正面には粟ヶ岳も見えます。
ここの下りがフカフカでスノーシューの威力を発揮です。
画像

振り返りながら、
画像

大雪庇を見ながら下ります。
画像

振り返ると飛行機雲!!
画像

先に進むのが惜しい!!
画像

振り返ると、こんな感じで雪庇が重なって見えだします。
画像


画像

12時43分、中津又岳から見る大雪庇です。
画像

記念写真を撮り合ってしばし休憩です。
画像

先行していた3人に追いついて、保久礼小屋手前の急坂だけ気をつけるように言われました。
前回の記憶が曖昧な所で尻セードーで下りた?
画像

芸実的な雪庇を眺めながら。
画像

12時50分、下山開始です。
画像

しかし、名残惜しく、何度も何度も振り返りながらの下山となりました。
画像


画像


画像


画像

登って来た隣の尾根道を下っている方が見えます。
画像

今日は気温も上がって汗だくとなりました。
登って来た時に見られた霧氷もこちらの尾根道では見られません。
ここから、保久礼小屋までは木々にピンクテープが付けられていました。
画像

スキーの方が急に現れて(笑)、少しびっくりしたりと。
画像

八海山、駒ヶ岳がはっきりと見えています。
画像

こんな景色を楽しみながらゆっくりと下山して来ました。
画像

ブナ林の急坂は雪が少し重いのですが適当に沈んでスノーシューで潜るようにして下って来れました。
画像

急坂な感じがわかります。
尻セードーで下ってみましたが沈んでしまって進みませんでした。
画像

前方に保久礼小屋が見えて来ました。
画像

14時17分、回り込んで、
画像

隣の尾根道に登り返します。
ここからは登って来た道に合流です。
画像

登って来た守門岳を背に。
画像

越後三山を眺めながら、
画像

14時50分、振り返りながらの下山となりました。
画像

この時期、麓から守門岳に登るのはこれで最後かな?と思いながらの登山でしたが、次回もありかなと思う結果となりました。
画像

15時50分、下山しました。
麓から見る守門岳。
画像


二分集落から帰宅途中、入広瀬方向に進むのを間違って栃尾方向に進んでしまいました。
「越後とちお温泉 おいらこの湯」の看板が目に入ったので初めて入りました。

小出市内に戻って夕食、買い物を済ませて道の駅「ゆのたに」で車中泊。

明日はここから10分位の所にある大力山に登ります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
雪も多く、見事な雪庇!
霧氷も綺麗で、降雪直後の最高の雪山日和りで良かったですね!
以前に雪庇を見たくて、二分から大岳のピストンをスノーシューで歩きましたが、時折青空は有ったものの風が強く地吹雪が舞って、冬将軍の洗礼を受けました。
こんな良い日に歩けたらなあ。。も一度行きたくなってしまいました。
orihime
2017/03/15 21:27
orihimeさん
おはようございます!
前回、やっとの思いで登った記憶があって、なかなか、天気が安定しない新潟ですから、なかなか再訪ができませんでした。
ここは天気が安定していないと山頂直下の最後の登りは辛いと思います。

少し体力アップしたのかな?
次回もありとなりました。(笑)

izumi
2017/03/16 10:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
20170312守門大岳の大雪庇 を見る!(後編) yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる