yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20170318大林山に北アルプスを眺めに室賀峠から登る

<<   作成日時 : 2017/03/21 13:59   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 10

大林山(1330m)

時期 2017年3月18日(土)

天気 晴れ

駐車場  室賀峠の道路余地に駐車数台可。(トイレはなし。)
 
行動時間 5時間18分 (休憩を含む)

コース  室賀峠登山口8:05-反射板分岐10:00-九竜山10:08〜10:16-8合目10:28-9合目10:40-大林山10:45〜11:48-反射板分岐12:06-室賀峠登山口13:23


大林山のGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。
登りは林道を進みすぎて戻って尾根に取付いています。


画像

大林山から見る北アルプス



天気予報を見ながら、ギリギリまで新潟の花見と残雪歩きを予定していました。
せっかく登っても飯豊の山並みが見えないのは目的が半減。

安定している長野県の山歩きに急遽、変更しました。
しかし、この日はそこそこでしたが、次の日は見事に晴れ予報を裏切った天気となりました。

上信越道の坂城ICから室賀峠までは最後は少しカーブの連続の道となりますが30分位で到着します。
室賀峠登山口前後の道路余地に車を駐車しました。(時々、車が通過する程度の交通量。)

8時5分、峠を少し通り越した所に車を止めて登山開始です。
右側には摺鉢山の登山口があります。
画像

我が家は周回コースは歩きませんから、九竜、大林山に登るピストンです。
画像

雪が無い快適な道と思ったら、
画像

雪が現れて、しかも一旦、下りです。
画像

8時40分、林道に合流します。
ここでピンクテープもしっかりとあったので尾根道に取付けば良かったのですが・・・
少し前に歩いた方のレポで尾根道が少し分かりにくくて下ってしまった。
下山時は手前から林道に下りて戻った等の記録があったので。
画像

少し先まで林道を進む事にして登り口を探します。
と言っても、登山口の標示はなく、ずるずると進んでしまいました。
尾根道は見えているので、一旦、登りやすそうな所まで戻ります。
画像

9時過ぎ、GPS山行記録を見ると分かりますが、時間にしては15分位のロスでした。
画像

こんな感じで尾根道に合流。
足元には少し雪が積もっている程度です。
画像

しかし、かなりの急登の連続でした。
下りが心配です。
画像

尾根道を一直線に登りますから迷いようがないのですがピンクテープがしっかりと着いた道でした。
画像

木々の合間から見える山は・・・
画像

四阿山と根子岳が見えました。
画像

10時、反射板分岐の標示。
大林山まで50分と書いてあります。
思っていたより急登の連続で手強い山!
この山は「信州ふるさと120山」(長野県120(旧)市町村ごとに、地元が選んだ憧憬の1座が紹介されています。)
そして、今年の初登りにインレッドさんが登られていたのでチェックしていました。

登山口は色々とあって我が家は室賀峠から登りました。
北アルプスの大展望を期待して登りました。
真冬のように澄み切った空気ではなく花粉や黄砂、PM2,5等が飛び始めた春先ですから・・・
画像

湯の丸SAで買ったスィーツ。
多くの種類がばら売りしてあったので数種類を買って来ました。
休憩タイムとなりました。
画像

10時8分、休憩して歩き始めたら九竜山の標示。(ピークと言う場所ではない感じ。)
山頂方向を見上げると、雪の量も多めで一面の雪道となって来ましたからここでアイゼンを履きました。
画像

振り返ると急登がわかります。
街並みも見えています。
画像

10時28分、8合目の標示。
画像

アイゼンを履いたので足取りも軽く登っている?
画像

10時40分、9合目を通過して、なだらかになって来て山頂は近そうです。
画像

こんな感じで山頂に、
画像

10時45分、到着です。
画像

北アルプスの大展望が広がっていました。(クリックして拡大して下さい。)
大天井から蓮華岳あたりまで確認。
画像

大天井、燕岳方向。
画像

ズームして他の山並みも色々と撮影しましたが・・・
手前の平らな聖岳が印象的でした。
画像

南方向は八ヶ岳の山並みと手前、2011年11月に登った独鈷山と2015年11月に登った子檀嶺岳(こまゆみだけ)を確認。
画像

薪を燃やした後と鍋を吊るす金具がありました。
山頂は一面の足跡があったので他のコースから登ってくる人を期待して1時間の休憩。
しかし、山頂独占となりました。
11時48分、下山開始です。
画像

山頂手前の所が南方向の展望所。
八ヶ岳の山並みと手前、独鈷山、子檀嶺岳を確認。
画像

心配していた下りでしたが、サクサクと滑るように下って来て、
画像

12時4分、8、9合目を通り越して九竜山。
画像

私が一番、気にしていた雪道と落ち葉が入り乱れた下り。
この山は岩や石の所はありませんでしたから、アイゼンをつけたままで下って行きました。
軽アイゼンですからこれがとても快適に下れて、
画像

12時47分、さすがにアイゼンを外して、
画像

快適な尾根道を下っています。
画像

12時51分、林道に下る標示が出て来ました。
余りにも一気に下って来たので、登りの時、尾根に取付いた所も通過してしまったようです。
ここでGPSを確認。
画像

登り返さずに、林道に向かって下山です。
画像

12時59分、巻かずに登って下って来たら左手に出ます。
そして、右側の道に下って行きます。
画像

13時23分、道沿いに止めた車が見える登山口に下山しました。
画像


辛かった登りでしたが山頂に登りあげると北アルプスと八ヶ岳の山並みが見えて一気に気分も晴れ晴れする山でした。

下山後は上山田温泉「かめ乃湯」に行きました。
源泉かけ流しの公衆浴場で350円です。

時間も十分にあったので更埴IC近くのファミリーレストランでゆっくり食事後、道の駅「おぶせ」で車中泊。
明日は飯綱山に登ります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。
守門に大力山に大林でしたか、元気ですね。
みんな私の好きな山ばかりです。ここは寒い日ならば霧氷も大変綺麗ですから、その頃も良いと思います。上田市の太郎山も楽に登れて白馬方面の眺めが良い山です。今頃は雪割草もちょこっと咲いているかも知れません、機会がありましたら登って見て下さい。
インレッド
2017/03/21 20:55
私も信州ふるさと120名山もってます。時々開けて気楽に行く山探していますが、今の所安曇野界隈までです。もう少し足を延ばせば良い所あるんですね。
亀岡に行かれたら篠山の多気連山とかも面白いですよ。4月の終わり頃にはヒカゲツツジが咲きます。クリンソウの自生地もあります。
家のクルミは亀岡生まれ、本梅の加舎です。
sae
2017/03/22 08:09
インレッドさん
おはようございます!
初めての山を歩く時の緊張感とワクワク感は何とも言えません。
道路の様子が心配で春先の訪問となりました。
凍結していたら少し大変そうな急カーブの所がありました。

太郎山、「一年365日、市民登山の山」と書いてあります。
メモしておきます!
izumi
2017/03/22 10:36
saeさん
大林山、独鈷山、子檀嶺岳は手軽にアプローチ出来て大展望ですからお勧めです。
独鈷山、子檀嶺岳は晩秋の晴れ日の登りました。
やはり春先は霞んでしまいますね。

子檀嶺岳に登った時に長野の方に私はこの本を薦めてもらいました。

「京都府の山」も持っているのですが、なかなか山歩きをする時間が持てません。
季節が良くなって来たので頑張って歩く予定です。
izumi
2017/03/22 10:58
izumiさん、篠山は兵庫県です。亀岡からなら30分ほどで登山口に着くし半日予定で充分です。
さえ
2017/03/22 12:19
さえさん
篠山はデカンショ街道を使って良く遊びに行きます。
買い物、グルメが中心なんですが・・・
izumi
2017/03/22 21:23
大林山、展望の山ですね。
インレッドさんが元旦に登られていて、私も行きたい山リストに載せてあるのですが。。。
大力山も歩いたことが無くて、まだまだ行きたい山がいっぱいです。
これからはお花も楽しみになりますね。
orihime
2017/03/22 21:36
orihimeさん
ぎりぎりまで行き先に振り回されていました。
長野県も次の日は見事に外れた天気でした。
変わりやすい春ならではの天気でした。

ここはやはり晩秋から冬場に登る事をお勧めします。
izumi
2017/03/23 09:34
雪山も大変ですが、アプローチも気になりますね。
夜の凍結時間に移動しているんですね。
ご褒美は北アルプスから南アルプスの大展望!美しいです。
カスミッシモ
2017/03/26 18:12
カスミッシモさん
夕方からカスミッシモさんが歩かれた、岩殿山のバリルートがとても興味深くて、研究していた所でした。
機会があったら挑戦してみたいです。

特に冬の時期は下りるICの一つ手前のSAで車中泊しています。
温かい食事も取れますから。

道の凍結も怖いので登り始めも遅めです。
なら、早朝に家を出てアプローチしたら?と思われそうですが・・・
長時間の移動後の山歩きが苦手です。

ここは登山口も何個かあってお勧めです。
izumi
2017/03/26 18:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
20170318大林山に北アルプスを眺めに室賀峠から登る yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる