yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20170524鈴鹿・竜ヶ岳でシロヤシオとササ原を楽しむ!!

<<   作成日時 : 2017/06/01 16:34   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 6

竜ヶ岳(1099m)

時期 2017年5月24日(水)

天気 曇り

駐車場  宇賀渓駐車場 (駐車料金500円) (トイレあり)

行動時間 6時間31分 (休憩を含む)

コース 宇賀渓駐車場6:37-遠足尾根登山口6:59-:遠足尾根分岐8:02-金山尾根分岐9:16-竜ヶ岳山頂9:45〜10:36-金山尾根分岐(金山尾根を下山)10:58-蛇谷分岐12:25-金山登山口12:46-宇賀渓駐車場13:08

竜ヶ岳(のGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。



6時37分、宇賀渓の駐車場を出発です。
登山届を出して、駐車料金は下山後に払います。(その時に登山届を係りの人が回収します。)
画像

売店を間を抜けて20分チョットの林道歩きです。
画像

6時59分、遠足尾根入口の標示です。
画像

植林された登山道をジグザクに登って行きます。
急登なので辛い!!
画像

7時46分、岩のピークが見えて木々の感じも変わって来たので期待したのですが・・・
画像

遠足尾根に出るまで丁度、1時間はこんな辛い登りでした。
画像

8時2分、遠足尾根分岐から左に進みます。
ここからは傾斜も緩やかになります。
画像

新緑の中にヤマツツジの赤がまぶしいです。
画像

アセビのトンネルをくぐりながら進みます。
画像

ヤマツツジの赤、好きです!!
画像


画像

ロープを伝って進む細い所は1か所ありました。
画像

8時24分、やっと、左手に展望が広がります。
前方に山頂が見えるのかな?
画像

楽しみにしていたササ原歩きです。
画像

足元にはアセビの新芽が赤、黄色とあって面白いです。
画像

そして、シロヤシオのトンネルを通過しますが・・・
画像


画像


画像


画像


画像

ミツバツツジは咲き終わっていましたが、遠目には3色揃っていました。
画像

しかし、私が見たかったのはこのササ原で見るシロヤシオです。(羊さんです!!)
画像

9時16分、金山尾根分岐。(ここから下山予定。)
画像

ササ原に真っ白なシロヤシオの木を発見!!
チョット、近づいて見ました。
足元には鹿の糞が多い所です。
画像

不思議ですね。
隣の木もシロヤシオです。
画像

山頂付近は霧が立ち込めて、予想以上に天気は良くないです。
カッコウとウグイスの鳴き声が響き渡る中を歩いています。
画像

9時25分、治田峠分岐を通過。
画像

振り返ると、
画像

裏道登山道?を歩く鹿の群れが見られました。
少なくとも5匹はいたかな。
画像

山頂も見えて来ましたが・・・
画像

なんとか、羊らしい木を発見!
画像


画像

9時45分、竜ヶ岳山頂に到着です。
誰にも会わずに登って来たのでビックリです。
登山コースは色々とあります。
画像

一瞬でしたがポツポツと霧雨も降って来ました。
雨具を着ましたが直ぐに止んで、我が家は食事休憩となりました。
地元、四日市の方は石榑峠からだと1時間チョットで登ってこれるからお勧めと。
シロヤシオの当たり年の時に、ここから見に来ようかな?
画像

10時36分、下山開始です。
昨日、登った国見、御在所岳位は確認したかったのですが。
画像

霧が少し晴れて来ると、斜面にシロヤシオが少し見えます。
画像


画像

10時58分、金山尾根を下山します。
画像

シロヤシオもこんな感じで咲いてはいました。
画像

アセビの新芽も楽しめました
画像

こんな感じで下る所もありましたが、歩きやすい登山道でした。
天気が良ければ中道を下る選択肢もありました。
画像

フタリシズカも咲いていました。
画像

木につかまりながら下っています。
テープもしっかりと付けられています。
画像

ヤマフジも目の高さで咲いていました。
画像

広い尾根道はロープが張られています。
この、山は全体に番号が付けられていて心強いです。
(しかし、今年の4月下旬に行方不明になった方を探すポスターがありました。)
画像

こんな感じで少し岩を登った所で休憩していたら、
画像

岩の間に・・・
腰を下ろさないで良かった!!
画像

12時25分、蛇谷分岐(609m)まで下って来ました。
中道を下って来ると、ここで合流します。
画像

魚止橋を渡って、
画像

12時46分、白滝丸太橋を渡ると、金山登山口に出ます。
画像

ここからは林道歩きとなります。
白滝(二筋の滝)です。
画像


ここから、数分歩くと朝、登った遠足尾根登山口です。

13時8分、宇賀渓の駐車場に戻りました。
当初は御池岳、少し北上して横山岳に登る予定でした。
明日だけは残念ながら雨予報。
切りあげて京都の実家に行く事にしました。

滋賀県湖南市「十二坊温泉ゆらら」に立ち寄りました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
竜ヶ岳と聞くと、ダイヤモンド富士の山梨の竜ヶ岳しか浮かびませんが、シロヤシオ、ヤマツツジなどお花も多く、スケールの大きな楽しい山ですね。
関西方面の山は遠くてなかなか縁が有りませんが、雰囲気の良い山が沢山で楽しませて頂いてます。
orihime
2017/06/02 11:47
orihimeさん
鈴鹿10座がある事を教えてもらったので少し登って見ようかな?と思い始めたのが最近です。
地図は持っていてもなかなか様子もいまいちわからなかったので。
もちろんそれ以外にも登りがいのある山が連なっています。
なんせ、鈴鹿山脈ですから。
京都に行くまさに、途中ですからこれからも順番に登って行こうと思っています。

今週末はorihimeさんの地元の榛名、赤城周辺でツツジを楽しもうかと思っています。
この時期には歩いていません。
izumi
2017/06/02 16:51
笹原の山は雰囲気が違いますね。
岩稜帯にマムシいるんですね。事故は起きていないんですか。
京都周辺はお庭のようですね。多分私は鈴鹿を歩くことはないと思います。
その分ブログで楽しませて頂きます。
カスミッシモ
2017/06/02 19:45
カスミッシモさん
鹿はそこそこいるようですが熊は?
マムシは気を付けないと結構いますね。

鈴鹿山脈は山の規模が大きいので道をそれての遭難が多分多いのかと思いました。
尋ね人のポスターを2日とも見ました。
武奈ヶ岳のある比良山系もおなじです。

少し遠いかなと思いますが「山の会」で遠征しても決してがっかりすることはないと思います。
鈴鹿山脈って結構、迫力あるんですよ!!
izumi
2017/06/03 14:32
izumiさんの追っかけで竜ケ岳へ行ってきました。
シロヤシオが終わっているなら人も少ないだろうと思ったのが間違いで駐車場はあるれていました。青空と緑の羊さんで満足して帰ってきたけど、今度は宇賀渓から登ろうと思いました。
山頂で真横の御池眺めて、広い山頂が相変わらずかっこいいなぁとおもったのですが、二人でうろうろしている時、人がいなかったら迷うかなぁって思ったのを思い出しました。
さえ
2017/06/06 11:48
さえさん
追っかけしているのは私の方です。
この周辺の山で登れそうな所はさえさんとやまちゃんのブログでほとんとチェックしていますから。
鈴鹿の山は結構、遭難者が出る山と言う事は今回、歩いて見て分かりました。
実際に探し人のポスターを見ました。
武奈ヶ岳でも見た記憶があります。
シロヤシオは5年周期だとか、10年に一度は大当たりの年があるとか・・・
ともかく、毎年は無理みたいですね。
izumi
2017/06/06 18:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
20170524鈴鹿・竜ヶ岳でシロヤシオとササ原を楽しむ!! yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる