yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20170707お花見・蔵王山を歩く!(後編)

<<   作成日時 : 2017/07/14 18:11   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 4

蔵王山・熊野岳(1840,5m)〜三宝荒神山(1703m)〜地蔵山(1758m)〜刈田岳(1758m)

時期 2017年7月7日(金)

天気 晴れ

駐車場 刈田駐車場(トイレあり)

行動時間 7時間20分 (休憩を含む)

コース   刈田駐車場登山口6:35-馬の背(刈田岳と熊野岳の分岐)7:06-避難小屋8:05-熊野岳8:15〜8:35-ワサ小屋跡9:04-左側の木道を下る9:15-地蔵尊9:50-三宝荒神山10:04-地蔵尊(地蔵山頂駅)10:17〜10:35)地蔵山10:47〜11:21-避難小屋12:11-馬の背-刈田岳13:00〜13:25-刈田駐車場登山口13:55

前編からの続きです。

10時35分、地蔵山に登り始める所です。
2010年2月の冬の樹氷の季節には一度、来た事があります。
目の前の樹氷は楽しむ事が出来ましたが、とても先に進む天気ではありませんでした。

ここもハクサンチドリが咲く登山道でした。
画像

10時47分、地蔵山から見る熊野岳です。
今日は日差しは強かった割にはカラットしていたのでここで昼食休憩です。
画像

11時21分、地蔵山から下る道も木道が一部あります。
左側に来る時に下って来た木道が見えます。
お花が楽しめた所です。
画像

11時30分、登って行く時に横道にそれた所です。
ここを又進んで、右に進むことにしました。
画像

反対側にも少し木道が続いていて熊野岳も見えます。
画像

11時36分、分岐点に合流します。
画像

熊野岳には登り返しませんから近道には進まずに、
画像

左側のなだらかなコースを避難小屋を目指して登り返します。
画像

ここの斜面が予想以上にお花畑になっていました。
ハクサンチドリ、
画像

オノエラン、
画像

アオノツガザクラ、
画像

イワカガミが咲き乱れていて、
画像

ゆっくりこの景色を楽しんで来ました。
画像


画像

12時1分、避難小屋前からは、
画像

コマクサが咲く斜面を下りて来ました。
画像


画像

御釜も上から見て来ますから何度も立ち止まりながらです。
画像

刈田駐車場に戻る前に刈田岳に登って来ました。
画像

ミヤマオダマキも咲いていました。
画像

13時、ここは山頂手前まで車でこれますから観光客で賑やかです。
画像

刈田岳山頂は樹氷の時期に宮城県側からも何度か登っています。
画像

宮城蔵王すみかわスノーパークから冬の時期は登り始めます。
なんか、大分下に見えますね。
2013年に樹氷見物を兼ねて蔵王に来て以来、最近はご無沙汰していました。
山形県側のアオモリトドマツが枯れて倒れる前に来シーズンは挑戦したいですね。
画像

御釜ばかり見ていたら足元には、
画像

石で囲ってもらっていたコマクサを最後に見る事が出来ました。
画像


13時55分、刈田駐車場登山口に戻りました。

今日はお気に入りの遠刈田温泉に行きますから宮城県側に蔵王エコーラインを下ります。
福島市内で買い物を済ませて、明日は浄土平から一切経山〜家形山〜鎌沼散策予定です。

浄土平の駐車場も涼しくて快適でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
素晴らしいフラワーロード!
中でもハクサンチドリの群落は見事ですね。
御釜の緑色の水を湛えた風景は、これぞ蔵王!という感じで素敵です。
私は冬の樹氷時にスキーで、と紅葉の頃に歩いてますが、この季節の蔵王は歩いてません。
お花の頃、良いですね〜
orihime
2017/07/15 20:35
orihimeさん
暑い日が続きますね。
なんかもう夏バテ気味です!!

季節を変えて歩くと印象が違ってとても新鮮でした。
ついつい足を延ばして歩いて来ました。

ハクサンチドリは一生分、見たと言った印象でした。(笑)
izumi
2017/07/17 13:12
御釜の辺りは地震は大丈夫ですか。
カスミッシモ
2017/07/17 19:13
カスミッシモさん

そう言えば書き忘れましたが、御釜のある馬の背を歩いている途中には、何か異常を感じたら、立て看板が所々にあって避難コースが指示されていました。

今の所は少し、おとなしく安定しているようですね。
izumi
2017/07/22 21:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
20170707お花見・蔵王山を歩く!(後編) yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる