yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20170914フジアザミが満開・双子山〜御殿庭〜宝永山〜大砂走りを下山(前編)

<<   作成日時 : 2017/09/18 14:15   >>

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 2

双子山(1804m)〜宝永山(2693m)

時期 2017年9月14日(木)

天気 曇り時々晴れ

行動時間 8時間25分 (休憩を含む)

コース 御殿場口新五合目(1440m)6:05-双子山(1804m)7:18〜7:30-双子山(二ッ塚)分岐7:37-四辻7:54-三辻8:08-小天狗塚8:25-御殿庭入口8:44-御殿庭上9:26-山体観測装置10:10〜10:53-宝永第二火口縁11:02-宝永第一火口縁(富士宮口新五合目P分岐)11:16-宝永山第一火口11:23-馬の背12:27〜12:29-宝永山12:40〜12:51-大砂走り(下山道)-大石茶屋14:21-御殿場口新五合目14:30


双子山から宝永山のGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。

画像



2017年7月18日に山女子会で双子山に登って御殿庭入口まで歩きました。
そこから引き返して幕岩経由で下山しました。
参考にして下さい。

今回はこの火山砂礫のコースを夫にも体験してもらいたくて再訪して来ました。
歩き始めは宝永山までは時間的に無理なら手前の宝永火口が見える所までと思っていました。
しかも予報より天気が良くなかったので適当な所で引き返すつもりでした。
ちなみに、我が家は富士山は未登です。


6時5分、駐車場の目の前からの出発です。
富士山は雲の合間から見え隠れしています。
予報では晴れだったのですが・・・
画像

富士山五合目付近に咲く、赤いイタドリを別名「メイゲツソウ」と言うそうです。
画像

イタドリ(オンタデとの区別がよく分かりません。)
画像

そして、楽しみにしていたフジアザミ(7月に来た時は蕾も見られない状態でした。)
画像

宝永山の後ろに富士山が見えてはいますが・・・
画像

フジアザミはこんな感じでポツポツと咲いています。
画像

草紅葉が始まっていてました。
イタドリは群落しています。
画像

ハナイカリもあちこちで見られました。
画像

小さな葉も紅葉し始めています。
画像

双子山(二ッ塚)の分岐点手前から登って行くコースを直登しています。
画像

ヤマホタルブクロ、
画像

満開のイタドリ、
画像

7時18分、双子山(二ッ塚下塚)(1804m)に登って来ました。
北側に少し高い上双子山(二ッ塚上塚)(1929m)、富士山は雲に隠れたり見えたり。
愛鷹山や箱根方向はすっかり雲の中でした。
前回も山中湖や周辺の山並は確認できましたが展望はいまいちでした。
画像

直登して来たので、下りは、
画像

7時37分、標識の所に下って来て、コースを確認します。
画像

フジアザミとイタドリ、
画像

火山砂礫の登りは踏ん張りがきかないので足に辛い!
画像

斜面を見上げると、フジアザミが当たり前のように咲き誇っています。
画像

そんな中、イタドリに紛れて咲く、アズマヤアザミ?が健気!
画像

軽いアップダウンはありますがこの辺は快適な「富士山自然休養林歩道」として整備されています。
画像

7時54分、四辻を過ぎた頃からカラマツ林が見られるようになって来て、
画像

8時8分、三辻を通過。
画像

まだまだフジアザミを楽しむ事ができます。
画像

こんな苔も生えていて変化が面白いですね。
画像

アキノキリンソウもポツポツと。
画像

8時25分、小天狗あたりはカラマツの黄葉が始まっていました。
画像

前回はどの返まで歩いて来たのかな?
なんて思いながら前方の樹林帯を見ながら歩いていた記憶があります。
カラマツ林の後方にはシラビソ林が広がっています。
画像

前回はここまで歩いて来て引き返しました。
画像

8時44分、御殿庭入口(2028m)からは初めて歩くコースです。
宝永山まで145分標示。(この時は宝永山までは行く気はありませんでした。)
画像

涸れ沢を右手に見ながら樹林帯の中となります。
画像

少し急登です。
画像

展望が開けて来て、
画像

9時26分、御殿庭上です。
画像

宝永山も迫って見えてしばし立ち止まる所でした。
画像

草紅葉も綺麗なのでもう少し進む事にして、
画像


画像

たぶん、フジアザミが咲いていた限界だと思います。(2100m前後)
画像

これから先は見られませんでした。
画像

ミヤマオトコヨモギ、
画像

イタドリ?オンタデ?
画像

アキノキリンソウ等のお花もここまでです。
画像

9時56分、私が見入っている景色は?
画像

いよいよ宝永第二火口が見えて来ました。
画像

前方に見える突き出た所まで登って行く事に!!
画像

火口と草紅葉を眺めながら。
残念な事に富士山は雲の合間から存在は分かるのですが・・・
画像

宝永山は目の前に迫って来ています。
画像

やっと登りあげて、
画像

10時10分、山体観測装置の標示がある所で食事休憩です。
「この景色を見ながら富士山が見えるまで頑張る?」
夫が地図を見返しながら、頑張って宝永山まで1時間30分かけて登れば、下山ルートは大砂走りで1時間40分で御殿場口新五合目の駐車場に下山出来る事に気がつきました。
画像



10時53分、宝永山に向けて出発です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
富士登山は9月になると日本人より外人が多くなるようですが、この日は登山者が少なそうですね。ガスが掛かっているようで寒くはなかったですか。
カスミッシモ
2017/09/18 18:32
カスミッシモさん
9月10日が閉山日でした。
山小屋もほとんど閉まるんですよね!
御殿場からのバス運行もなくなりました。
マイカー規制もありませんから富士宮口新五合目まで入ったら宝永山まで楽に行けますから紅葉の季節はお勧めですね。
平日の山登りはどこも歩く方が少なくなるのでやはり良いですね。
この日は暑くもなく山頂でも風は吹く事もなかったので、私はウインドブレイカーをチョット羽織っただけでした。
izumi
2017/09/20 11:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
20170914フジアザミが満開・双子山〜御殿庭〜宝永山〜大砂走りを下山(前編) yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる