yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20170914フジアザミが満開・双子山〜御殿庭〜宝永山〜大砂走りを下山(後編)

<<   作成日時 : 2017/09/18 14:16   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 4

双子山(1804m)〜宝永山(2693m)

時期 2017年9月14日(木)

天気 曇り時々晴れ

行動時間 8時間25分 (休憩を含む)

コース 御殿場口新五合目(1440m)6:05-双子山(1804m)7:18〜7:30-双子山(二ッ塚)分岐7:37-四辻7:54-三辻8:08-小天狗塚8:25-御殿庭入口8:44-御殿庭上9:26-山体観測装置10:10〜10:53-宝永第二火口縁11:02-宝永第一火口縁(富士宮口新五合目P分岐)11:16-宝永山第一火口11:23-馬の背12:27〜12:29-宝永山12:40〜12:51-大砂走り(下山道)-大石茶屋14:21-御殿場口新五合目14:30


双子山から宝永山のGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。

前編からの続きです。

10時53分、山体観測装置から休憩を終えて宝永山に向けて出発です。
画像

雲が切れて青空ものぞくのですが・・・
画像

御殿場口新五合目からの登山道は双子山山頂で一人出合いましたが後は我が家だけでした。
しかしここまで来ると富士宮口新五合目から登って来る人や戻る人で賑やかになりました。
宝永山荘にズームです。
我が家もこの登山口から登ってくれば楽に宝永山の山頂に立てた所でした。
画像


画像

11時2分、宝永第二火口縁、
画像

11時16分、宝永第一火口縁(富士宮口新五合目P分岐)から右に一旦、少し宝永火口に向けて少し下ります。
画像

落石注意!!
画像

11時23分、宝永山第一火口
画像

斜め右方向に宝永山を見上げて、左方向に富士山が眺められる所ですが・・・
画像

この景色が見たかったので良しとして、進みます。
画像

近くに見えていていますが、なかなか足が前にでなくなりました。
ここまで4時間以上、歩いて来た疲れもあって少しバテ気味!
画像

青空が出て来ると、見上げながら、なかなか前に進めません。
画像

火山砂礫のコースは足に負担がかかって辛かった!
画像

馬の背まで頑張っていますが、ずり落ちる感じです。
画像

富士山方向も見え隠れしていて・・・
画像

火口を見下ろすようになって来て、
画像

馬の背までもうすぐです。
左方向から富士山から下って来る人が数人いました。
画像

12時27分、馬の背から宝永山は平らな所をアプローチします。
画像

宝永山に向けて、
画像

富士山を背に、
画像

12時40分、宝永山に到着です。
グループ登山の人が下山していったので、
画像

我が家とアルゼンチンからの3人となりました。
我が家のストックが珍しい?のか写真を撮りたいので貸して!と言われたり、足元のスパッツがあると良かったと多分言っていたかな!
画像

残念ながら展望が無しでしたから、
画像

最後に少し青空が出て来たのでこの辺にして下山開始です。
画像

13時、一旦、馬の背まで戻って来て、ここから大砂走り(下山道)まで数分ですが下ります。
画像

雲が上がって来ると、不安な気持ちもありましたが・・・
画像

大砂走り(下山道)は多くの人が歩いている所でした。
視界悪化時用に誘導用標柱がありました。
画像

宝永山を振り返りながら、砂埃を上げながら下って来ました。
画像


画像

スピードが出過ぎるのでチョットセーブして下っています。
画像

二ッ塚が見えて来ました。
画像

ブルドーザー道は踏み固めてあるので歩きにくいので利用しませんでした。
画像

横切った周辺から又、フジアザミの群落が見られ始めました。
画像


画像

最後までフジアザミを十分に楽しむ事が出来ました。
画像

振り返ると、双子山が見えて、メイゲツソウとフジアザミ。
画像

「富士箱根伊豆国立公園」の看板前で記念写真!!
画像

麓まで下りて来ると、クサボタン、
画像

ノギク、
画像

大石茶屋前の見事なメイゲツソウの群落も見られて、
14時30分、御殿場口新五合目駐車場に下山しました。
コースタイムどおりで1時間40分で下山しました。
結果、変化に富んだ山歩きが出来ました。
画像

今日はここから山中湖方向に向かいます。
富士山の日帰り温泉「天恵」は平日割引で700円でした。
マッサージ機も無料、リラックスルームで静かに休憩も出来ます。

道の駅「富士吉田」でお気に入りの地ビール&レストラン「ふじやまビール」に直行です。
画像

こちらで車中泊ですから気兼ねなく飲んでたっぷり食べて。
画像

富士山の天然水を汲むのもいつもの事!!

明日は山中湖近くの明神山から三国山、大洞山と歩いて籠坂峠まで縦走です。
以前に明神山から反対方向に高指山までは縦走しています。
東海自然歩道の一部です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
スパッツ着けて完全装備ですから砂は入ってこないのでしょうね。
天恵は露天風呂が広かったんですよね。
カスミッシモ
2017/09/18 18:39
今晩は!
富士山の周辺は独特の地形と土壌で、普通の山とはかなり異なっていますよね。
砂礫ばかりと思えば適当に花も咲いているし、かといって水場は全くないでしょう。
こんな所でガスに巻かれたら危ないですよね?晴れ間でなければ危ないと思いますが、勝手しったる隣のなんとかで、苦も無く歩かれるのが凄いですね(拍手×3)。
イタドリは茎が赤っぽいです。オンタデの葉っぱはイタドリよりも広く裏も緑です。
山ちゃん
2017/09/18 21:42
カスミッシモさん
あれだけ砂埃をあげての下山でしたから靴も真っ白、もちろんスパッツも。
ブラシで埃を落としてから車に。
近場で探した温泉でした。
露天も楽しめましたがその隣にあったサウナで私はリラックスしました。
夏の間は富士登山の方むけに24時間営業している所のようですね。
izumi
2017/09/20 11:23
山ちゃん
以前にNHKのブラタモリで富士山の地形や成り立ちを説明しながら歩いていたので興味を持ちました。
火口が一番見たかったのですが、前回に歩いた時に五合目から上でもこんなに樹木が茂っていて花も咲いているのに驚きました。
真っ黒な砂礫の中に咲くフジアザミは感動しました。

茎の色や葉の裏側まで注意して写真を撮ってこなくてはいけませんね。
なんか茎が赤っぽいのでやはりイタドリのようですね。

山ちゃん、そんな事はありません。
この日は雲は多めでしたが風も吹いてなくて寒くもなかったので大砂走りの下山を決行しました。
ポールが立っているのが宝永山から見えたのが一番、心強かったです。
GPSも持っているのでこんな時は安心です。
izumi
2017/09/20 11:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
20170914フジアザミが満開・双子山〜御殿庭〜宝永山〜大砂走りを下山(後編) yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる