yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20170926鈴鹿山脈最高峰・御池岳

<<   作成日時 : 2017/10/12 17:38   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 6

御池岳(1247m)

時期 2017年9月26日(火)

天気 晴れ

駐車場 鞍掛登山口 三重県側の鞍掛トンネル手前 (トイレなし)

行動時間 5時間42分(休憩を含む)

コース  鞍掛登山口7:14-鞍掛峠7:47-鈴北岳8:55〜9:00-コグルミ谷・真の谷分岐9:43-御池岳10:17〜10:57-鈴北岳11:45〜11:55-鞍掛峠12:37-鞍掛登山口12:56


御池岳のGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。

実家の京都に行く前にお気に入りの鈴鹿の山歩きです。

鈴鹿山脈の最高峰の御池岳、4,5月の花の時期が一番お勧めのようですが・・・
この時期、登っている人はいるのかな?
静かな山歩きができましたが、コースが分かりにくくて少し変わった歩き方をしてしまいました。

7時14分、我が家は三重県側の登山口から登り始めました。
鞍掛トンネルを抜けると滋賀県ですが、大雨で崩落箇所がある為に通行止めになっています。
駐車場は手前の右側に20台位は止められそう。

登山届を提出して出発です。
画像

30分位は見通しのきかない植林された急登の登山道となります。
7時47分、鞍掛峠に到着。
右方向に進むと三国岳、左方向に進みます。
画像

ここから尾根道を進む事になります。
画像

7時53分、鉄塔からの展望です。
大きな山塊は霊仙山?
画像

展望が開けて来てこの辺からなだらかなコースとなります。
初めて登る山、ワクワク感があって新鮮です!!
画像

紅葉の時期には少し早かったのですが・・・
画像

前歩に鈴北岳が見えだしました。
ここから、20分位で、
画像

8時55分、鈴北岳山頂です。
展望が良ければ琵琶湖も後方に見える所かな。
画像

御池岳は前方に見えてはいるのですが、南の元池方向に下って行く道がわからなくて、
画像

一旦、コグルミ谷方向に下ってしまいました。
画像

御池岳八合目の標示が出て来ました。
画像

9時43分、ここから御池岳に登る事になりました。(そこそこ下ってしまった感はあるので少しがっかり!!)
ここで鈴鹿の山にくわしい方に出会って、色々と教えてもらう事となりました。
当初はコグルミ沢を下山する予定でしたが御池岳に登ってから、元池方向に下って行って鈴北岳に登り返して、来た道を下山する事にしました。
画像

見事なブナ林の中を登って行くと、
画像

我が家もリスを見る事が出来ました。
かなりの確立で見る事が出来る山域のようです。
画像

山頂がそろそろ見えて来て、
画像

10時17分、御池岳山頂に出ました。
石灰岩がむき出しに点在する山頂です。
少し早めの昼食休憩を取っている40分位の間に数人の方が登って来ましたが色々な方向に下って行きます。
画像

10時57分、地図とGPSで確認しながら、ここから鈴北岳に向けて下山する事にしました。
画像

歩き始めは道もしっかりとありましたが、直にこんな所を進む事になって、
画像

夫が後ろからGPSを見ながら方向を示してくれて、私は歩きやすい所を選んで進んでいます。
テープは付けられていない山域かな?
画像

木々の合間から鈴北岳が見え隠れしていますから心強いです。
画像

シダが多く茂っていてコースが見えない?
それとも、微妙にコースを外れているのかな?
画像

一旦、沢(水はほとんど流れていない。)を渡って、
画像

下りて来ると、
画像

11時31分、急に道に突き当たって、
画像

標識も出て来ました。
左に進むと元池標示でしたが、進む気にならず直進します。
画像

ここで、アケボノソウが咲いていて嬉しい出会いです。
今年、初見です。
画像

地図にも(迷)のマークがある所でしたからこんな所に出て一安心。
天気も良く、鈴北岳も見えていたので歩いて来ました。
画像

11時40分、こんな感じで鈴北岳手前に登って来ました。
ここに標示がないので、行きは直進してしまった所でした。
画像

11時44分、鈴北岳に戻りました。
GPSを見ながら、コース取り、ご苦労様でした。
次回は花の時期に御池岳から南方向のボタンブチ〜青のドリネ〜東のボタンブチ〜奥の平と歩いてみたいです。
(山の様子が少し分かったのでGPSにコースをしっかり入れて来ないと歩けない事が分かりました。)
画像

地元の方が鈴鹿の山に足りないのは標高だけと言っていた言葉が面白かったです。
11時55分、来た道を下山します。
画像

登山口手前で咲いていたトリカブト。
画像


12時56分、下山しました。
ここから、阿下喜温泉「 あじさいの里」へ直行します。
平日550円です。

途中、買い物と食事をスーパーで済ませて、道の駅「こもの」へ。
明日は、雨乞岳に登ります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
関ヶ原が近いですね。知っているのはその位です。
戦国時代の重要地点でしょうか。
伊吹山も近いですね。織田信長の薬草園についてNHKで放映してましたね。
カスミッシモ
2017/10/12 21:25
何だかGPSで無理矢理通行って感じね。御池から鈴北のみちって分かりやすかったと思うのですが❗
行ったのはずいぶん昔だし、鈴北に福寿草の咲いてる頃だから下草も少なくて分かりやすい時期だったかみです。
三重県側からの時はトンネルの道が長かったのを覚えてるだけです。何はともあれ無事で良かった。
来週は群馬へ行く予定ですがお天気が悪いようです。
さえ
2017/10/13 07:22
カスミッシモさん
私もこの山域の山は伊吹山と御在所山位しか最初は知りませんでした。
歩いて見ると、なかなか面白い山域で少しずつ季節も変えて登っています。

「伊吹薬草の湯」、日帰り温泉で入った記憶がありますが関係があったのですね。
納得しました。
izumi
2017/10/13 18:02
さえさん
たぶん、御池から一旦、北に下って真ノ池を見ながら元池方向に出れば分かりやすい所ですよね。
我が家はGPSの記録を見ても分かるけど南側方向に下って行って元池方向に歩いています。
天気も良く、戻る山が見えていたので面白かったです。
東京からだと三重県側からとなって、鈴鹿の山はアプローチしやすいので気に入ってます。

東京に戻って一日おいて、那須と安達太良山の紅葉巡りに行って来ました。
丁度、ピークを迎えていました。
なんか、変な天気はズート続くようですね!!
izumi
2017/10/13 18:12
こんにちは!
いや〜あっ、御池岳へお越しになって道迷いとは散々でしたね(>_<)
鈴北岳から元池へは日本庭園を左に眺めながら南西へ下れば直ぐに分岐に出る筈で、そこから南東へ緩やかに下れば、小さな池を右に見ながら少し行けば真ノ谷出合で、右にクネクネと登って行けば御池岳山頂です。しっかりと登山道がある筈ですが?
やはり、御池岳はボタンブチと奥の平は外せないでしょう(^_-)-☆
山ちゃん
2017/10/14 16:20
山ちゃん
地図とにらめっこしながら歩き始めたのですが・・・
鈴北岳山頂から御池岳に向けてほんの数メートル歩いた所から右手に下る所。
行きは標示もなかったのでそのまま道なりに下ってしまいました。
戻って来た時に地面に誰か親切に御池岳と矢印が書いてもらっていました。(笑)

またまたお粗末な山歩きをしてしまって、再チャレンジとなりました。
izumi
2017/10/15 23:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
20170926鈴鹿山脈最高峰・御池岳 yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる