yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20171009裏磐梯・猫魔ヶ岳で紅黄葉を楽しむが山頂で熊に遭遇!!

<<   作成日時 : 2017/10/16 12:35   >>

驚いた ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 8

猫魔ヶ岳((1404m))

時期 2017年10月9日(月)

天気 薄曇り後晴れ

行動時間 3時間10分(休憩含む)

駐車場 八方台登山口(標高1,194m)(トイレあり。)
    
コース 八方台登山口6:50-猫魔ヶ岳8:00〜8:54-八方台登山口10:00


猫魔ケ岳のGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。

2015年10月に猫魔ケ岳に登っています。

2013年5月5日には残雪の猫魔ケ岳に登っています。
景色がガラッと変わっています。


昨日はそこそこのロングコースだったので今日は軽めの登山。
八方台登山口は磐梯山に登る方がほとんどですが、時々ですが猫魔ヶ岳に登る方がいます。
コースタイムも1時間チョットで山頂に立てますからこんなに早くに出発する必要はないのですが、駐車場が激混みとなる為です。

6時40分、駐車場に到着した頃にはほぼ満車に近い状態でした。
その後は、路肩駐車に誘導されますが歩く距離が増える事になります。
画像

6時50分、登山届を提出して出発です。
画像

稜線まで手前までのブナ林がだいぶ黄色くなっていました。
画像

オオカメノ木の紅葉もお気に入りです。
画像

こんな大木のブナ林も見られます。
画像


画像

カエデと
画像

オオカメノ木の紅葉がアクセントになっていますね。
画像

7時14分、稜線に乗りあげて少し下がった所の展望台。
スキー場のリフトが見えます。
画像

磐梯山を見上げて、
画像

猪苗代湖を見下ろします。
画像

ここからは紅黄葉の中、歩きやすいトレイルの始まりとなります。
画像

ブナの幹が少し曲がっていて雪が多い事が想像できます。
画像

お気に入りの信越トレイルにも似た所です。
信越トレイルは最近は毎年のように歩いています。
今年も予定はしていましたが天気が悪く行けるかな?
画像

手前のピークが見えて来て、
画像

もう少し日差しが欲しい所です。
画像


画像


画像

登りあげると手前のピークからの展望となります。
画像

磐梯山と
画像

猪苗代湖です。
画像

低木になって来た紅葉の登山道を進むと、
画像

猫魔ヶ岳が見えて来ました。
画像


画像

こんな感じで、
画像

8時、猫魔ヶ岳に到着です。(この写真は日差しが出始めた下山時8時54分の写真です。)
画像

北側には桧原湖が見えています。
画像

山頂から数十m進んだ所に一等三角点があって、北西方向に雄国沼が見えるので移動します。
画像

雄国沼の草紅葉を見ながら飯豊山方向も薄っすらですが確認出来ました。
時間もさすがに早いので雄国沼方向に進む?
戻って磐梯山に登る?
なんて言いながらどちらもいまいち!
無理しないで今日はのんびりしよう!!
一等三角点の台座に座ってお茶休憩をしていたら、
画像

左尾根下の木々がガサガサと揺れ出しました。
私はこの位置(下の写真に注目!)から見ましたから誰かがこちらにやって来ると思いました。
夫はとっさに「これは人間じゃない。動物だ!」と思ったそうです。
つぎの瞬間に少し高くなった石の手前あたり、距離にしたら6,7m位の所になんと真っ黒い艶やかな毛並みの全長1m以上ある熊が現れました。
「えっー、これからどうなるの?」と思いつつ熊を見つめていると、一旦平坦な登山道の真ん中で、体をゆっくり揺らしながらやはりこちら側を見ています。
その様子は、「あっちに行こうかなぁ?止めておこうかなぁ?」と迷っている感じ。
手前にいた夫は気が付くと熊と目が合っていたので、これはまずいと思って、目を合わせるのだけは止めたそうです。
そして、次の瞬間、「やっぱやめた」とでも言わんばかりに、首を振って体の向きを変えて右の反対側の斜面に下りて行きました。
時間にしたらほんの数秒だったのですが、その時は長く感じられました。
カメラを構えるのも怖くて、刺激させないようにじっとしていました。
画像

8時54分、熊と対面した驚きとなんか変な充実感で素直に下山する事にしました。
日差しも出始めて下山時の紅黄葉は輝きを増していました。
画像

途中、山頂で熊に出合った話を登って来る人に話したら、やはり同じ所で春先に見た方がいました。
ここな熊の通り道のようです。
画像

下山しながら「なんで写真とらなかったのか?」と思いましたが、
熊も人間の話声を聞いていて、こちらに上がって来たので、我々を見てもびっくりした様子はなく、むしろちょっと困っていて優しい感じさえしました。
刺激しないで良かったかな!
画像


画像


画像


画像


画像

10時、下山しました。
これから、お気に入りの桧原湖畔にある、桧原ふれあい温泉「湖望」に直行です。
時間的にも早いので女湯は貸し切り、釣やバイクの方が多いので男湯はそこそこいたそうです。
そして、いつも下山後に行っても売り切れの蕎麦「古家」にやっと入る事が出来ました。
11時30分、位でしたがギリギリ入れました。
後から来た方は外で待つようになりました。
美味しかったです。
画像


時間も十分にあるので今日は下道を走って移動。

明日は那須岳も紅葉を楽しみます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
昨年歩いたコースです。こっちに行く人はほんと少ないので熊さんも安心していたでしょう。
今年の紅葉はどうだったでしょう。
昨年は「こんなもんじゃないよ」ってあちこちで言われました。
さえ
2017/10/17 07:09
こんにちは!
いや〜あっ、危なかったですね(>_<)
こんなに近くだと逃げる事も出来ないし、為すがままの状態でしょうね。
やはり、休憩中も音を出しておかないとダメなんですね。
三角点ハンターとしては登りたい山ですが、もう熊には遭いたくないです。
一昨年は三ノ峰で300mほど離れた雪渓で、その前は、白山・平瀬道へ行く途中の県道で小熊に車のドアを殴られて爪痕を付けられなど”ひやひや”ものでした。
山ちゃん
2017/10/17 11:34
さえさん
山歩きを始めて十年ぐらいですが初めて山中でクマを見ました。
車の移動中、那須に近い高原山に夜に移動中、我が家の車のライトに驚いで駆け上って行く小熊は一度見たことがありますが・・・
稜線上を歩いていて信越トレイルを思いだしながら今週は我が家も予定にはしていたのですが、雨の中を歩く気にはならなくで出かけられませんね。
izumi
2017/10/17 11:58
山ちゃん
この日は多分、我が家は2番目に山頂に立ったと思います。
登って行く途中、2人の若い男女の方は明らかにこれから磐梯山に登る感じでした。
男性がチョコット荷物を持っていたかな?位でした。

山ちゃん、車の被害は大変でしたね。
我が家も、もう少し距離が離れていたら写真も撮れたのにと思いながらも何事もなくてほんと〜に良かったと思います。
izumi
2017/10/17 12:11
こんばんは。
22日に八方台登山口から磐梯山に登ってきました。izumiさんより2週間遅れなので、登山口は紅葉真っ盛りでした。
駐車場も土曜日でしたのでほぼ満杯でした。
本当に見事な紅葉でした。これからブログにアップします。
私も熊には何回か遭遇していますが、こんなに近くはありません。
6,7mの近距離では体が固まっちゃいますね。
無事で良かったです、
カスミッシモ
2017/10/25 17:21
カスミッシモさん
22日に磐梯山に登られたのですか?
雨に降られなかったのですか?
山は標高差があるので、紅葉も楽しめて良かったです。

この日は、私は山女子会で丹沢周辺の山歩きの予定でしたが、さすがに中止となりました。

いつもは夫婦2人でそんなに山頂で大きな声で、話したりしないのに誰もいなかった事もあって、夫が医療保険がどうの、介護保険がどうのと熱く語っていたのが良かったようで・・・
とっさに、この位置だと最初に熊に襲われるのは夫かな?と思っていた私です。
(笑)
izumi
2017/10/25 21:40
訂正です。磐梯山に登ったのは21日でした。
カスミッシモ
2017/10/26 08:35
カスミッシモさん
そうですよね!
で、22日の会津駒ヶ岳が中止になったわけですね。
次回のお楽しみとなったわけですね。
納得です。
izumi
2017/10/26 11:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
20171009裏磐梯・猫魔ヶ岳で紅黄葉を楽しむが山頂で熊に遭遇!! yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる