yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20171113〜22イタリア旅行・ポンペイ遺跡観光〜アマルフイ海岸 (1)

<<   作成日時 : 2017/12/08 12:37   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

イタリア旅行
8泊10日の日程でイタリアの主要観光地(イタリア14の世界遺産巡り10日間)を楽しんできました。
もちろん、ツアー旅行です。

最初は12月中旬発の同じコースを申し込んでいました。
イタリアのクリスマスの気分を楽しみかったのと料金的にも11月より安かったのも魅力でした。
10月上旬に旅行会社から12月は人数が集まらないので中止。
11月なら決定していますが・・・と電話がありました。
料金も12月と同じとなりました。
25名限定(最少人数15名)とある所、結果的には10人の少人数の楽しいグループ旅行となりました。
記録として残しておこうと思って写真を見直していますが、なかなか進みませんが気長にアップしていく予定です。




日時 2017年11月13日〜22日

コース
1日目 成田‐ローマ-ナポリ泊
2日目 ナポリ(市内観光)‐ポンペイ‐アマルフィ‐アルベロベッロ泊
3日目 アルベロベッロ-マテーラ-ナポリ(電車移動)-ローマ泊
4日目 ローマ、バチカン市国観光-ローマ泊  
5日目 ローマ‐ピエンツァ ‐シエナ-フィレンツェ(隣町プラート)泊
6日目 プラート-ラ・スペツィア(ローカル列車に乗って)-チンクエテッレ観光-プラート泊
7日目 プラート-フィレンツェ‐ピサ‐ベネチア泊
8日目 ベネチア観光-ミラノ泊
9日目 ミラノ観光‐ミラノから空路日本へ
10日目 成田10:35着


11月13日(月)・(1日目)
成田からローマまで12時間50分のフライトです。

現地時間の19時過ぎに到着して、そこからナポリまで2時間30分のバス移動です。
遅くにホテルに到着。
明日からの旅行に備えます。


11月14日(火)・(2日目)
ポンペイ古代遺跡の観光

ちなみに、この日はカプリ島の「青の洞窟」と選べる観光でした。
写真を残す為にも二手に分かれる?なんて言ったりして少し迷いましたが私達の年代はポンペイ観光の方が人気があって7人。
しかし、この日はカプリ島に渡っても帰りの船が出る保証がないと言われて中止。
ポンペイ観光に合流となりました。

ポンペイは79年にベスビオ火山の噴火による火砕流で埋もれてしまいました。
街は紀元前数百年前には繁栄していたようで、埋もれたままだった古代ローマ都市の遺跡。
当時の生活の様子が素晴らしい状態で見ることが出来ます。

広場前で、
画像

円形広場、
画像

荷車の輪立ち跡が多く見られました。
私が立っている所は歩道です。
画像

反対側の歩道に行く時は飛び石になった横断歩道を渡ります。
画像

この白い石は街灯がなかった時代ですから、月光で輝くのだそうです。
画像

ポンペイのガイドさん、日本語がとても上手です。
画像

ピザ釜
画像

台所の様子が残っています。
画像

スタビアーネ浴場の見学です。
画像

運動場になっていた部分です。
画像

発掘は全体の75%ぐらいは進んでいます。
修復している所も多々あります。
画像

天井画やモザイクのデザインが修復されています。
画像

発掘された当時、火山灰の中の遺体部分だけが腐ってなくなり空洞ができていて、ここに石膏を流し込んで逃げまどうポンペイ市民が死んだときの形を再現したそうです。
画像

売春宿もあったようで、
画像

ポンペイは港町ですから、言葉がわからない人は絵を見てオーダーするそうです。
画像

子供用のベット?と思う位に短いです。
昔の人は小さかったのが分かりますね。
画像

ちなみに、ガイドさんの足元の印が売春宿の方向を示していました。(みんなで大笑いです!)
画像

水飲み場、
淵に手をついて蛇口に口を近づけて水を飲んでいたので、手の跡で磨り減っています。
画像

水飲み場は街の至る所に見られます。
右利きの人が多いので磨り減り具合が違っていて面白い。
やはり、ガイドさんの説明付きで回ると、いいですね。
画像

ここはお金持ちの人の家の門前、鉄格子があって中には入れませんが、
画像

のぞいて見ると、モザイク画が見事に残っています。
画像

狭い路地を抜けて広場に。
大理石が足元に少し残っていますが、もちろん一面に敷き詰められていました。
正面に見えるのがベスビオ山です。
画像

右手、かまぼこ状の模様がある建物は両替所だったそうです。
画像

鉄柵はしてありますが、
画像

多くの遺跡を見る事が出来ます。
画像

ヴィーナス神殿等を見学。
画像


画像


約1時間30分の見学でしたが十分に満喫しました。

その後、トイレ休憩も兼ねていたのですが、出口前にあるカメオ工房を見学。
少し早めの昼食を取って、ソレントまで大型バス(10人参加なのに)から小型バスに乗り換えてアマルフィ海岸をドライブです。
道幅が狭い為、大型バスは入れません。
今日はあいにくの天気でポンペイ観光の時もほとんど雨には降られませんでしたが、移動中は小雨が降ったり。
ナポリの南東、テレニア海を臨むアマルフィ海岸は「世界一美しい」と言われる景観で世界遺産となっています。
画像

生憎の天気でいまいちでしたが、厳しい崖や入り江の階段状の街並みは見事でした。
画像

アマルフィの街の観光です。
画像

アーチ状の門をくぐって、
画像

坂道を登って行くと教会が見えて来ました。
画像


画像

街中はこんな感じです。
生活されている方は大変です。
画像

実際に使われている水飲み場。
画像


画像

アマルフィ原産のリモンチェッロ(Limoncello)、レモンを用いたリキュールをこの店でお買い上げです。
画像


途中で大型バスに乗り変えてアルベロベッロまで大移動です。
夕食を食べ始めたのが21時は過ぎていました。
昼食はボンゴレスパゲティと魚料理とデザートでした。
夕食もショートパスタと
画像

肉料理
画像

デザートはフルーツの盛り合わせ。
ケーキやアイスクリームの時もありました。
このパターンが最後まで続く事になります。
最初は少し量が多いと思いましたが、すぐに慣れてきて完食していました。
画像


明日はアルベロベッロとマテーラの観光。
そして、又ナポリまで戻ってそこから電車移動でローマ泊。
前半のこの2日間は移動時間も長く強行スケジュールでしたが内容は充実していました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
20171113〜22イタリア旅行・ポンペイ遺跡観光〜アマルフイ海岸 (1) yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる