yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20171113〜22イタリア旅行・バチカン市国 (3)

<<   作成日時 : 2017/12/11 15:38   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

11月16日(木)・(4日目)

今日は午前中はバチカン市国、午後はローマ市内の観光です。

朝方まで雨が降っていた関係か市内の道は大渋滞。
ここまで混むのは珍しいと添乗員さんは言っていましたが・・・

バスに乗ってゆっくり市内観光が出来ますから退屈はしません。
画像

市内に当たり前のように残っている遺跡に驚きです。
画像

サンタンジェロ城を見ながら
画像

正面にサン・ピエトロ大聖堂を見ながら目的地のバチカン市国の入口まで回り込むので時間がかかります。
サン・ピエトロ大聖堂のみの見学は無料でこの正面から並ぶ事になります。
大行列でしかもセキュリティチェックが厳しいので入場までかなりの時間がかかるそうです。
画像

私達はバチカン美術館(チケットは予約できる。)から入場してシスティーナ礼拝堂、最後にサン・ピエトロ大聖堂の見学となります。
画像

不思議と美術館のセキュリティチェックの方が簡単でスムーズに入場出来るそうです。
画像

正面にサン・ピエトロ大聖堂を見ながら一旦、中庭に出ます。
画像

システィーナ礼拝堂のミケランジェロによる「最後の審判」の説明をガイドさんから受けます。
礼拝堂は音声ガイドはもとより、私語も禁止、もちろん写真撮影も禁止されています。
前もって予備知識を得てから見るようにと丁寧ですね。
画像

日本人のガイドさんの説明を聞きながら進みます。
画像

大理石の棺桶は身分の高い人のです。
画像

子供用です。
画像

「タペストリーの間」
ラファエロと弟子たちの下絵によるキリストの一生を描いたタペストリーが掲げてあります。
画像

もちろん、これはキリストの降誕です。
画像

キリストの存在を恐れて、ヘロデ大王が、ベツレヘムの二歳以下の男の子を全て殺した時の様子も描かれています。
画像


画像

天井の装飾も見事です。
画像

「地図のギャラリー」
1580年代の地図のフレスコ画。
40点のイタリア各地方の地形図が120mのギャラリーに飾られています。
込みあっている印象て観賞していましたが、11月になって空いてきたので皆さんラッキーですね!!
とガイドさんや添乗員さんが言っていました。
シーズンになると進まないそうです。
画像

そしていよいよ、システィーナ礼拝堂に入場します。(写真撮影は禁止されていますから写真はありません。)
ミケランジェロによる「最後の審判」は、やはり迫力があって見応えあり。
この礼拝堂は教皇を選出するための選挙「コンクラーベ」が行われる所です。
20分弱の時間でしたが、ゆっくりと観賞する事が出来ました。
画像

システィーナ礼拝堂から出て、サン・ピエトロ大聖堂にアプローチします。
画像

正面からではなく横から入る事になります。
ここからだと、私がイメージしていたバチカン市国とは違いますね。
バチカン広場から見るバチカン市国がまさにイメージでした。
帰りに体感する事になりました。
画像

「開かずの扉」前で記念写真。
25年に一度の「聖年」の年にだけ開きます。
前回は、聖年中の聖年で1000年に一度の「大聖年」と呼ばれる年、2000年に開けられました。
画像

扉は聖堂内側から塗り固められています。
画像

私がしばし、この距離で感激して見ている像は!!!
画像

ピエタ像、ミケランジェロ23歳の時の作品です。
十字架から下されたキリストを胸に抱く慈悲に満ちた聖母マリア。
画像

首が痛くなるほど見上げながら世界最大級の教会の規模に驚いています。
画像

聖堂内にある、聖セヴァスティアヌスの礼拝堂です。
日本人のガイドさんですから説明も聞きやすく丁寧でした。
迷子にならないようにと、タワシを先に付けています。
画像

上ばかり見上げていますが、床のモザイク画も見事です。
画像

聖ペテロ像
右足を触ると、幸せになれると言い伝えられていて、シーズンになると信者の方や観光客で大行列になるそうです。
日本にもこんな感じのはありますね。
今日は空いています。
画像

ベルニーニの天蓋の上には、
画像

ミケランジェロ設計のクーポラをみあげます。
画像

本当に一部ですが、バチカン美術館から入場してシスティーナ礼拝堂、サン・ピエトロ大聖堂と見学して来ました。
画像

サン・ピエトロ広場に出ると私のイメージしていた空間です。
中心にあるオベリスクは約25メートルの高さ。
紀元前1世紀にエジプトのアレクサンドリアに建てられたもので、西暦40年頃にローマ皇帝カリグラが運び込みました。
画像

コロッセオをヒントに劇場型の広場となるように284本の円柱を配した空間です。
広すぎて納まりません。
柱の上の聖人像は高さ3,3mあります。
画像

建物から離れるとサン・ピエトロ大聖堂のクーポラが見えます。
画像

そしてもう少し離れると、オベリスクもおさまって見えます。
画像

上の写真、大聖堂に向かって右側にローマ教皇の邸宅があります。
最上階の右から2番目の窓の所です。
毎週、日曜の正午にお祈りがあって姿を見せてくれるそうです。
画像

そんなガイドさんの説明を聞きながら、何度も振り返りながらバチカンを後にします。
画像


画像

昼食は市内のレストランで。
トマトソースのペンネ、
画像

豚肉のサルティンボッカ、
画像

アイスクリームとエスプレッソ。
画像


午後からはローマ市内観光です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
20171113〜22イタリア旅行・バチカン市国 (3)  yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる