yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20180107富士山展望の山梨百名山・石割山〜平尾山へ

<<   作成日時 : 2018/01/09 22:25   >>

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 8

石割山(1413m) 

時期 2018年1月7日(日)

天気 晴れ
     
駐車場 石割神社前 広くて30台位は駐車可。 (トイレあり)
      
行動時間 3時間6分 (休憩を含む)


コース   石割神社前登山口7:14-石割神社7:58〜8:08-石割山8:27〜8:40-平尾山9:10〜9:26-平野分岐9:30-駐車場への分岐9:43-途中軽食休憩10:00〜10:15-石割神社前登山口10:20

石割山〜平尾山のGPS山行記録です。再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。


2011年11月12日に石割山に登った時は石割山〜平尾山〜太平山〜飯盛山〜大出山と縦走。
山中湖沿いを歩いて戻りました。(参考にして下さい。)

今日は早めに帰宅したいので平尾山までにして、神社前の駐車場に戻る最短コースを歩いて来ました。

初詣は毎年地元の北沢八幡と明治神宮、そして高尾山の初登りを兼ねて帰りに薬王院にお参りする事が多いです。
今年は石割神社にもお参りして来ました。

7時14分、早い出発と思っていましたが、すでに数台の車、後からも車が到着です。
画像

403段の階段はさすがに辛いです。
昨日、山歩きをしているのに!!
画像

富士見平で石割の湯から登って来る道と合流します。
階段上りが嫌ならこのコースがお勧め。
東屋やベンチもありますが、休憩には早すぎます。
このコースは石割神社までは幅の広いハイキングコースです。
画像

木々の合間からは富士山の展望。
画像

落葉したこの時期ならではの楽しみ方です。
画像

長いテーブルとベンチが面白い!!
画像

ブナの大木も楽しめてテンションアップです。
しかも青空が素晴らしいです。
画像

桂の御神木を見上げています。
前回に登っているのですが、この辺はすっかり忘れていて、
画像

御神木を見上げて感激!!
画像

この辺から登山道らしくなって来て少し進むと、
画像

7時58分、石割神社です。
画像

右手には ご神体の大きな割れ目のある大岩があって、
画像

この隙間、やっと一人が通れる広さです。
3周すると願いが叶うそうです。
後から登って来た若い女性に1周じゃダメですよ!!と言われてしっかり、周って来ました。(笑)
画像

ここから時間にしたら20分で山頂ですが、予想以上に(忘れていました!!)手を突きながら根っこに足をかけながらと登って行く事になります。
ここを下って行くのは嫌だね!!なんて言いながら進む事になりました。
木々の合間からは富士山。
画像

ブナ林の中を進みます。
画像

8時27分、石割山山頂です。
手前は山中湖です。
左に愛鷹山も小さく見えます。
画像

富士山の右手は南アルプスの展望。
南アルプスは光岳から甲斐駒ヶ岳に至るすべてが展望できました。
手前は毛無山、竜ヶ岳、足和田山など富士山周辺の山並みです。
画像

杓子山と鹿留山と南アルプス方向が少し見えます。
画像

杓子山と鹿留山と甲武信ヶ岳、大菩薩嶺方向です。
画像

青空と富士山。
画像


画像

8時40分、平尾山に向けて急降下します。
ロープを伝って下って行く事になります。
富士山の展望を楽しむ余裕はありません。
画像

10分位の急降下が終わるとハイキングコースとなります。
鹿除けのテープ?
画像

今日は富士山を眺めながらの山歩きとなりました。
画像


画像

平野の分岐から5分位進んだ所に平尾山の標示ですから進みます。
9時10分、平尾山(1290m)から見る富士山。
標高は石割山より100mは下がって来ていますがより富士山に近づいて来たので迫力ありです。
画像

南アルプスも迫って見えます。
画像

北岳、間ノ岳、農鳥岳方向にズーム。
画像

甲斐駒、鳳凰三山、仙丈岳方向にズーム。
画像

今日の富士山は雲もなく変化なしです。
贅沢なようですが、少し飽きて来ました。(笑)
画像

今日は三連休の中日、道が混む前に帰宅したいのでここまでとして引き返します。
平野分岐まで5分ほど戻ります。
このコースを下るのは初めてです。
画像

なだらかな下山道でとても歩きやすかったです。
画像

9時43分、駐車場と平野の分岐点の所だけ注意。
直進しないようにテープがしてありました。
画像


途中、ベンチがあったので駐車場手前で軽食休憩。

10時20分、下山しました。
駐車場は満杯状態。
まだまだ、登って行く人もいて、我が家の車が出るのを待っている状態でした。

今日も「道志の湯」に寄って、高速道を使わずに「道志みち」と甲州街道等を走って帰宅しました。

そろそろ、スノーシュー歩きが出来そうですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
平尾山からの富士山はやっぱり素晴らしいです!
お正月にこの山を選んだのは正解でしょう。
403段の階段は辛いですよね。「昨日、山歩きをしているのに!!」は「山歩きしていたから」では?(笑) なんとなく、もどかしい気持ちは伝わってきます。これしきのー。
カスミッシモ
2018/01/10 09:25
石割山、平尾山からの富士山、秀麗な姿ですね。
お正月の富士見登山良いわ〜
素晴らしい富士山、2日間ずっと見てて少し飽きてきたとは贅沢な!!
とは言え、そんな気持ちも少し分かるような・・(笑)

竜ヶ岳は、5年前に元旦の混雑を避けて大みそかにダイヤモンド富士を見に行きました。
登山道には雪が一面ほどほどに積もっていましたが、今年は全く少なくて淋しいようですね。
orihime
2018/01/10 16:41
カスミッシモさん
2度目の石割山でした。
覚えている所とすっかり記憶から抜けている所があって。
山歩きを始めた頃は周りの木までは興味があまりなくて、この山域もブナ林が楽しめる事が分かりました。
この近くの鹿留山周辺もブナ林が楽しめましたよね。
izumi
2018/01/10 17:29
orihimeさん
日が沈む時のダイヤモンド富士は偶然でしたが、見たことがありますが・・・
暗い内からしかもこの寒い中は我が家はパスです。(笑)

最初、強風で雪が飛んだ?なんてトンチンカンな事を私は思うほど、
今年は雪が本当に少ないです。
izumi
2018/01/10 17:34
石割も竜が岳も富士山が良い形で見られますね。
ここは割と近いので行ってみようとチェックしていた所です。
izumiさんの冬の定番ですね。
定番と言えば富士山ビールもですね。
さえ
2018/01/11 12:13
さえさん
富士山を見るならこの時期ですね。
残念ながら今年は雪が少ないですから真っ白な富士とはいきませんが。
この周辺の山なら何処も間違いなく素晴らしい展望ですが、楽に登るとなると、後、三つ峠、杓子山あたりでしょうか?
この辺は我が家も高速を使わないでアプローチしたりします。
izumi
2018/01/11 17:08
izumiさん、こんにちは。
遅ればせながら明けましておめでとうございます(^^ゞ
私達今日は高尾山に行ってきました。
初歩きは竜ヶ岳と石割山で、izumiさんたちと反対でしたけど、その偶然に新年早々ビックリです^^;
コースはどれも少し違いましたけど、今年もいつかニアミスしそうな予感?(笑)
お互いにきれいな富士山が眺められて良かったですね。
飽きた眺めでもやはり嬉しいです(笑)
本年もよろしくお願いいたします(^^ゞ

sanae
2018/01/12 20:18
sanaeさん
こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。
晴天続きの関東。
それにしてもこれだけの景色が毎日見られるのは珍しいですよね。
お正月から続いていますね。

昨日は赤城の山歩きをして来ました。
雪は驚くほど少ないと地元の方が言っていました。
山頂から浅間山にたっぷりと雪がかぶっている姿を見てあちらにすれば良かったかな?と思いました。(笑)
次の日にとも思いましたが今回は止めて、おとなしく帰宅しました。
最近は気力は続かないです!!
izumi
2018/01/14 12:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
20180107富士山展望の山梨百名山・石割山〜平尾山へ yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる