yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20180113上州赤城山の小地蔵岳〜長七郎山へ・スノーシューで

<<   作成日時 : 2018/01/17 13:50   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 7

黒檜山(1828m) 

時期 2018年1月13日(土)

天気 晴れ

駐車場 小沼 (トイレは冬期使用不可)

行動時間 1時間35分(休憩を含みます)

コース 駐車場13:00-小地蔵岳13:32〜13:34-長七郎山13:51〜14:05-小沼水門14:19-駐車場14:35

上州赤城山(黒檜山) 〜駒ヶ岳、車移動して長七郎〜小沼のGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。


先週の竜ヶ岳の山頂でスノーシューのお勧めのコースと教えてもらった時はすっかり登った事を忘れていました。
地図を見ながらひょっとして歩いた事がある?
2014年5月に長七郎山から地蔵岳周辺を歩いていました。(笑)

最初は登山口を確認する気持で来てみましたが、まだまだこれから登って行くグループ見られて、我が家も登る事にしました。
もちろん、雪の量は少なかったのですが、緩やかな斜面ですから無理やり?スノーシューを履いて登って来ました。
ツボ足、アイゼン、スノーシューの方と色々です。

13時、駐車場から道を挟んで、登り口でスノーシューを履いて、小沼を見ています。
画像

大沼(1300m)も数日前に全面凍結したそうですが、標高にしたら小沼(1470m)の方が150m以上高いのでこちらは完全凍結です。
画像

登って来た、黒檜山の手前には大沼、そして谷川連峰が後ろに見えます。
小沼の方が標高が高いのが分かります。
画像

手前の小地蔵岳まで九十九折りの夏道がありますが、ここはあえて直登します。
画像

雪の量は少ないのですがスノーシューで登って行くのには適当な斜度です。
画像

13時32分。小地蔵岳にあっと言う間に登って来ました。
画像

木々の合間からですが、登って来た、黒檜山〜駒ヶ岳の展望です。
画像

ここから長七郎山の尾根歩きは雪の量が少なくて笹が見え隠れ。
画像

直登しないで登って来るとこの分岐点にでます。
左に小地蔵岳、右に長七郎山に進む事になります。
画像

雪が少ないです。
これは地元の方と前後して登っていての感想でこんな事はめったにないと言っていました。
画像

振り返ると日光白根山、皇海山、男体山の展望です。
画像

皇海山にズーム!
右端に男体山。
画像

13時51分、途中から雲が出始めました。
山頂は何処からとなく、人が集まって来て賑わっていました。
スノーシューで歩かれている方とすれ違ったので、このまま、我が家も下山します。
画像

黒檜山を振り返って、
画像

日光白根山と皇海山の展望が見事です。
画像

14時5分、地蔵岳を見ながら下山開始です。
画像

雪がもう少し積もっていれば、最高なコースですね。
画像

14時19分、小沼水門に下りて来ました。
画像

全面凍結しているので、最初は少し怖かったのですが、
画像

14時35分、皆さん、歩いているので我が家も小沼を横切って駐車場に戻りました。
画像


冬の時期の赤城、久しぶりの再訪でした。
今日は風もなく比較的、穏やかな天気でした。
これも、珍しいとの事でしたが・・・

道の駅「よしおか」に隣接する日帰り温泉「リバートピア吉岡」に寄って来ました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
氷の沼の上を歩くのはビックリです。
小沼は車で寄っただけですが、美しかったです。
周回コースがあるんですね。1泊すると、いろいろなコースがチョイスできますね。
カスミッシモ
2018/01/17 19:23
あれ、日帰りのようですね。失礼しました。
元気ですね〜
カスミッシモ
2018/01/17 19:27
カスミッシモさん
一日で2コースを歩きましたが、前泊していますから朝早くから歩く事が出来ました。
最初は次の日に歩く予定でした。
登山口を確認して来よう!と思ってアプローチしましたが時間も十分にあったので欲張って歩いて来ました。
次の日はもう少し標高を下げた所にある、赤城山の荒岳と鍋割山を周回したかったのですが、さすがに雪の量が少ないので次回のお楽しみとして帰宅しました。
izumi
2018/01/18 15:26
赤城にいらしたんですね〜
黒檜・駒ヶ岳は1週前より随分雪が少なくなってますね。
その後雪が降ってなかったのでしょうね。

長七郎山もビックリするほど雪積もってないですね!
無理やりのスノーシューハイク楽しそうでいいわあ(笑)
こちらは雪の時期に歩いてないので、雪が沢山積もった頃にスノーシューで行ってみようと思います。
でも雪が多く積もると、車の運転が心配かしら。。。
orihime
2018/01/19 00:07
orihimeさん
群馬の水上、藤原あたりは大雪。
そのおこぼれがもう少しあるかと思って・・・
我が家が登った次の日の14日は朝の内は強風が吹き荒れて霧氷も少し見れたようですが、その霧氷も風で飛ばされていたそうです。
しかも、道が凍結していて、立ち往生の車があって渋滞していたそうです。(山レコ情報。)
スタッドレスタイヤ+チェーン着用になりそうです。
4WDの車が欲しい所です。
izumi
2018/01/19 12:45
赤城山は秋にorihimeさんとご一緒煮たので懐かしいです。ちょっと判るようになりました。
原村の雪もすっかり消えてしまいました。どうなったんでしょうね?
飯山は例年より多いってことなんですが、どのあたりから雪の多い地域になっているのかしら?黒斑山の年末のorihimeさんの行かれた頃はすくなかったし、今週の雪待ちなんて言ったらしかられそうですが!私はスノーシューはもう少し重くなってしまってアイゼンで歩くのが一番なんですが!
2月の中頃に黒斑山か烏帽子に行きたいと思っています。
さえ
2018/01/22 12:33
さえさん
今回の雪で少しは甲信越地方にも雪が積もるでしょうが。
雪が降ってくれても、その後、晴れてくれないと登れないし。
判断に悩みますね。

今回の判断から私は持っていましたが、夫も8本歯のアイゼンを買いました。
今まで6本歯の軽アイゼンを冬はザックに入れていました。

izumi
2018/01/22 18:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
20180113上州赤城山の小地蔵岳〜長七郎山へ・スノーシューで yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる