yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20180128鈴鹿セブンマウンテンの藤原岳・スノーシューを楽しむ!!

<<   作成日時 : 2018/02/08 18:14  

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 6

藤原岳(1140m)

時期 2018年1月28日(日)

天気  晴れ(高曇り位)午後から小雪がちらつく

駐車場 大貝戸登山口(約30台 トイレ、休憩所、靴を洗う所もあり)

行動時間 6時間41分(休憩を含む)

コース  大貝戸登山口7:32-八合目9:39〜9:43-藤原山荘10:36〜10:56-藤原岳11:18〜12:00-藤原山荘12:19-八合目12:54〜13:05-大貝戸登山口14:13

藤原岳までのGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。

2015年2月の時は山頂手前からホワイトアウト状態で藤原山荘までで引き返しました。



7時32分、少し歩き出して、忘れ物に気がついて引き返したりしながらの出発となりました。
すでに、多くの人が登り始めています。

駐車場手前の坂道がとても滑りやすく、スタックする車もありました。
7時前後でほぼ、満車状態でした。
駐車場からツルツルして滑りやすいのでアイゼンを履きます。
画像

4合目あたりまでは、急登が続きます。
画像


画像

7時55分、2合目の標示が出て来るまでが、長く感じられます。
画像

8時10分、3合目を通過。
画像

周りの木々に雪が積もって、いなべ市の街並みも見えて来ました。
画像

8時27分、4合目を通過。
植林された山域から広葉樹林が混ざり出して、
画像

8時41分、5合目付近からは、たっぷりの雪となりました。
画像


画像

9時過ぎ、6合目付近の景色です。
画像

9時13分、7合目で10分の軽食休憩。
画像


画像


画像

9時39分、8合目に到着です。
ここは聖宝寺コースとの合流点です。
広場になっているので休憩ポイントです。
ここから藤原山荘に向けての急登がはじまります。
コースはしっかりと出来ているので、アイゼンのまま、登って行きます。
画像

9合目までの急登は長く感じられます。
画像

トレースがしっかりとありますが、そこそこ沈んで足に負担がかかります。
画像

雪庇が少し見られる所です。
市内も見渡せました。
木々の合間から御嶽山もぼんやりと見えていました。
画像

10時4分、9合目です。
一昨年の時と比べると雪の量が多いのがわかります。
画像

右後方に伊勢湾、四日市のコンビナートも見えます。
画像

冬は直登を避ける為、コース取りのテープやポールが立ててあります。
画像

山頂手前でしばし立ち止まって見ている景色は?
画像

なだらかな藤原岳が見え出したからです。
画像

10時36分、藤原山荘に到着です。
左下の建物はトイレです。(冬場の使用可です。)
画像

10時56分、ここでスノーシューに履き替えて、天気が崩れる前に山頂に向かいます。
前回に登った時は、ホワイトアウト状態で進めなかった所です。
画像


画像

スノーシューやワカンに皆さん履き替えて、雪原の中を進んでいます。
画像


画像


画像


画像


画像

11時18分、藤原岳山頂に立ちました。
画像

北西方向、左に御池岳、天狗岩と見えます。
画像

天狗岩から藤原山荘と続きます。
その後ろに、伊吹山が見えます。
画像

伊吹山にズームして見ました。
画像

西方向に竜ヶ岳が白く雪をかぶっています。
風もなく、それほど寒くなかったのでこの景色を見ながら昼食休憩となりました。
画像

12時、名残惜しいですが、下山します。
画像

霧氷を楽しみながら、
画像

下山は楽しいスノーシューです。
画像

12時19分、藤原山荘まで戻って来ました。
ここでアイゼンに履き替えないで、スノーシューで下れる所まで進む事にしました。
画像


画像

しかし、この辺のトラバースはスノーシューの方が安定していて歩きやすい。
画像

フカフカの新雪ですから下りは出来上がっているコースに並行して皆さんそれぞれ下っています。
画像

登っている時はかなりの急登に感じて、下って来れるかな?と思っていた斜面を、
画像

12時44分、一気に9合目ま掛け下りて来ました。
画像

小雪も舞い始めて、市内も見えません。
画像

滑るように潜りながらの楽しい下山となりました。
画像

12時54分、8合目まで一気に下って来ました。
ここでアイゼンに履き替えます。
画像

雪景色を楽しみながら、
画像


画像

14時13分、神武神社前に下りて来て、駐車場に戻りました。
画像


2日間、充実した山歩きが出来ました。

阿下喜温泉「 あじさいの里」に直行して、京都の実家に行く途中、近江日野牛「岡崎」に。
前回に偶然、前を通ってお気に入りとなったお店です。

実家の畑には冬野菜が残っていて、1週間の滞在中、毎日大根を煮ていました。
白菜、九条ネギ、水菜、ほうれん草、大根と今、高騰している冬野菜を山ほどいただいて来ました。

フキノトウも芽を出し始めていたので天ぷらでいただきました。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
2日続けて雪の中!頑張りますね。
コタツの中でミカン食べたい感じ?こんなことを言っていたら雪山へ行けませんね。
フキノトウの天麩羅は美味しそう。
カスミッシモ
2018/02/09 09:04
カスミッシモさん
実は前日の入道ヶ岳を下山して自動車道を駐車場まで戻っている時にラッセル疲れから夫は足が攣ってしまいました。
すぐに治ったのですが・・・
十分に楽しんだので「これで終わりにする?」なんて会話をしました。
その後、温泉で温まって次の日に備えました。
藤原岳はさらに多くの人が登る山ですから、日曜日はラッセルはしなくてすみました。

これからはのんびりオリンピック観戦ですね!(笑)
izumi
2018/02/09 12:04
藤原は福寿草の時に賑やかになると思っていたのですが、雪山も楽しめるんですね。夫が奈良に単身赴任している時に行ったので15年位まえかしら?
スノーシューを始めたのもその頃で初スノーシューは武奈でした。その後はもっぱら上高地と乗鞍高原でした。
岡崎は肉屋のレストランという感じでチェックのテーブルクロスに木のテーブルで今より美味しくて安かったけどです。
今でもお昼はいっぱいね。うちは綿向の帰りに良くいきました。
さえ
2018/02/09 13:18
さえさん
2009年の晩秋に初めて登った時はマユミの実が満開でした。
この時は藤原岳と天狗岩の両方に足を延ばしました。
この時の印象で藤原山荘から山頂に至る所は別世界で素晴らしかった!!
前回はホワイトアウト状態でしたから、今回やっと行って来れました。

しかも、8合目までの下りが雪の量が適当だったのでスノーシューで滑るように下れたのが一番、感激でした。
ここは、多くの人がはいりますからお勧めです。
武奈よりは絶対、楽ちんですよ!!

岡崎もそうですが、実家に来ると亀岡牛がもう少しお安く食べられておいしです。
関西はやっぱり牛肉ですね。
子供たちのお土産はいつも牛肉です。
izumi
2018/02/09 16:26
izumiさん、今晩は!
たっぷりの雪を満喫できた藤原岳でしたね(^_-)-☆
それにしても、7時で満車とは夏場よりも多いようですね(吃驚)
28日から10日以上経ちますから9合目の福寿草はどうなっているでしょうかね?
今日は南霊仙の麓で蕾が膨らんでいるのを見てきました(@_@;)
山ちゃん
2018/02/09 23:18
山ちゃん
今回はタイミングが良かったです。
藤原岳、福寿草の時期には残念ながら、登った事がありません。
霊仙山、この時期に登ってみたくて候補に入れていました。
雪の量が多くて登山口の駐車場まで行けるか不安でした。
結果、勝手しったる入道、藤原となりました。
霊仙のレポ、参考になりました。
izumi
2018/02/11 12:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
20180128鈴鹿セブンマウンテンの藤原岳・スノーシューを楽しむ!! yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる