yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20180329亀岡盆地の西・半国山に登る ・満開の桜!

<<   作成日時 : 2018/04/05 17:56  

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 8

半国山(774,2m)

時期 2018年3月29日(木)

天気 晴れ

駐車場  赤熊コース登山口手前の空地に数台置ける

行動時間 4時間28分(休憩、車道歩きを含む)

コース 駐車場7:52-地蔵尊8:01-鞍部(牛つなぎ広場)9:20-半国山9:48〜10:26-るり渓分岐10:33-井出分岐-登山口11:27-宮川神社前11:52-駐車場12:20

半国山へのGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。


2017年4月に半国山に登りました。
この時は宮川神社前に車を止めて周回する予定でした。
宮川神社が分からず、舗装された道を車でそこそこ登ってしまい、金輪寺駐車場から歩き始めました。
その結果、前回は宮川コースをピストンしました。

今回は赤熊コースを登って宮川コースを下山して来ました。

昨年に登った時に赤熊コースから登って来た方と山頂で会って、赤熊コースの車を止める所は確認済でした。
手作りのテーブルと椅子があります。
7時52分、こんな感じで車を止めて出発です。
画像

半国山ハイキングコースの看板を確認。
良く整備された道です。
画像

猪除けの柵を潜って進みます。
車も入れそうな道です。
画像

道幅が広く木漏れ日を浴びながらのアプローチは気分も上々です。
画像

8時1分、地蔵尊までは車で入れそうな道でした。
画像

ここからは左手に音羽渓谷を見ながら登って行く事になります。
画像

右手前に音羽の滝の標示が見えています。
画像

8時28分、これが音羽の滝。
その先に音羽の小滝の標示もありましたが、そこそこの小滝はコース沿いに多々ありました。
この辺までは石がごろごろと転がった登りづらい登山道です。
画像

8時47分、右の木に烏帽子岳の標示があります。
画像

「火の用心」と書かれた送電線の鉄塔への分岐点が途中、2か所ありました。
この辺から登山道らしくなって歩きやすくなります。
画像

9時20分、鞍部(牛つなぎ広場)に到着です。
最後は少し長く感じられた登りでした。
ここから山頂までは30分標示です。
現在地から山頂とは反対側に点線になって半円になった所が登って来る時に分岐点に標示されていた烏帽子岳があるコースのようです。
次回の楽しみとなりました。
ゆるキャラの亀丸君、可愛い!
画像

周りの木々も落葉樹が多く、芽吹きが始まっていませんから、明るい日差しを浴びて登って行く事になります。
画像

ここからはアセビも多く茂っていました。
背丈が高いので見上げると、咲き始めた白い花を確認。
画像

今日は天気も良かったのですが、春霞?花粉が舞っている?PM2,5?の影響なのか、亀岡市内の山並すらぼやけていました。
画像

9時48分、半国山の山頂です。
亀岡盆地の西に位置して播磨、丹波、摂津の3国を、それぞれ半分ずつ眺められることが出来る所から付けられたと言う半国山。
今日は展望はいまいちです。
画像

満開のアセビの木が目立ちました。
画像

10時26分、食事をして、山頂独り占めでしたから、こんな写真を撮って宮川コースを下山します。
画像

このコースは最初は急な下り坂になりますが、
画像"

あとは快適な尾根道を下って行きます。
画像

台風の影響か倒木がそこそこありました。
画像

11時27分、登山口に出ました。
宮川バス停の標示につられて、
画像

車道を下ってしまいましたが金輪寺に向けて少し登ってから宮川神社に向けて歩行者用の参道を下れてば良かった所です。
画像

猪除けのゲートを潜って、
画像

11時52分、宮川神社前に出ました。
下山途中で登って来る人に出会いました。
手前に数台置けるスペースを確認しました。
画像

ここから車を止めた所までは30分弱。
画像

こんな所にスミレが咲いていたり、民家に植えられていた花を鑑賞しながら戻ります。
画像

12時20分、車を止めた所はこんな感じの所です。
画像


実家から近い所にこんなハイキングコースがありました。
季節を変えて登ってみたいと思います。


京都市内より寒いので桜の開花も少し遅れていましたが、数日の暖かさで満開となりました。
山歩きの次の日の30日(金)。
散歩コースになる亀岡市運動公園周辺の桜です。
画像

しだれ桜の並木道があるのは今回、初めて知りました。
画像

生け垣にミツバツツジも咲いていてびっくりです。
画像

柳の新芽も出始めていて柔らかい感じが風に吹かれて素敵です。
画像

朝日を浴びた桜。
画像

しばらく私達はこんな自然に満ち溢れた所での生活が始まります。
画像

家の周辺は野鳥の鳴き声もかなり聞こえ観察できます。
川沿いのサギも良く見かけます。
画像


今週末から来週にかけて、息子夫婦の所の母子検診の付き添い、お宮参りを済ませて、いよいよ来週末14日には京都に移動します。
数日後に母の退院となります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
もう2度目の半国山ね。
鹿避けネットの中が駐車場と思います。私はピストンするから中に入れます。
比良は迷いやすいですね。標識も有ったり無かったりだし、私はGPS見ながらは歩けないです。
14日からいれちがいに出かけます。その内にご一緒したいですね。
さえ
2018/04/05 18:59
まもなく京都での生活スタートですね。
自然豊かな素敵な環境で、お母様孝行が出来ますね。
関西の山は知らないとこばかりですが、良い山が沢山有りますね。
レポで楽しませて頂いてます。
orihime
2018/04/05 20:13
さえさん
宮川コースも明るい尾根道を歩きますから印象が違って周回がお勧めですね。
さえさん達が雪の半国山に登った記録を読みました。
次回は冬の空気が澄み切った丹波霧の発生する時期に登ってみたいです。

母がはたしてどこまで自立できるかわからない部分もあって、どんな生活が始まるのか見当がつきません。
izumi
2018/04/05 22:53
orihimeさん
母が入院している合い間をぬって山歩きをして来ました。
はたして、退院したらどれだけ自分達の時間が作れるか分かりませんから。
関西の山はさえさんの過去ブログを全部チェックしたんですよ!
まだまだ、登っていない山があります。

この山は多分、トレーニングコースとしてこれから登る事になりそうです。
izumi
2018/04/05 22:58
ご存知かもしれないけど、ケアマネさんて人によってかなり実力に差がありますよ。
私は同時にお二人とお付き合いしていたので母の方はこちらから提案しないといけなかったけど、オットの両親の方は全部向こうで先き先きに手回ししてくださいました。
母が退院する前にした事は、デイケアとデイサービスがあるんだけど、デイケアは退院後のリハビリ施設っも併設しているので、そこを何軒か回って良さそうな所をえらんで手続きしました。そこで、リハビリ、入浴、散髪、爪切りほとんどしてくれました。入浴がネックだったので、「リハビリして元のようになろうね!」と言って送り出しました。ランチもちゃんとしたものを食べさせてくれるのでありがたかったです。それまでは毎日お弁当作っていました。映画見せてもらったりお花見や紅葉見物なんかもあって楽しんでいました。ただ、それは有料で希望者だけなので、行けない方もおられたのがちょっと引っかかります。
さえ
2018/04/06 08:07
さえさん
今回、3月30日に再認定の審査を病院内で受けました。
その結果しだいで受けられるサービスも違ってきますよね。
要支援1から2になるだけか、要介護1がもらえないかな?と思っている所です。
退院前に最終打ち合わせがあるのでしっかりと聞いてきます!!
色々と教えてくださいね。
私は今回が初めてなのでなにも知らない状態です。
izumi
2018/04/06 10:36
この山はハイキングコースでしょうか。
これから先は長いでしょうから、時間を作っては山歩きを楽しんで下さい。誰もが通る道ですから、のんびり、ゆっくり。
カスミッシモ
2018/04/09 07:42
カスミッシモさん
私の印象としては高尾山程度ですね。(高尾山は色々なコースはありますが。)
登り2時間弱、下りも1時間30分位です。

たぶん、この山か愛宕山あたりに登る事になるかなと。
なかなか時間が取れないと思います。

周辺をトレッキングするだけでも自然は満ち溢れてはいるのですが・・・

あたたかい励ましのお言葉、ありがとうございます。
izumi
2018/04/09 22:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
20180329亀岡盆地の西・半国山に登る ・満開の桜! yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる