yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20180522保津川下りの船筏を見守る丹波富士・牛松山 (2)

<<   作成日時 : 2018/05/23 16:08   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 6

牛松山(636m)

時期 2018年5月22日(火 )

天気 晴れ

駐車場  北保津・金比羅神社登山口 (ゲート内の左側)


行動時間 2時間40分(休憩を含む)


コース 登山口の鳥居11:30-金毘羅神社12:40〜13:12-登山口の鳥居14:10

牛松山へのGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。


先月の4月19日に牛松山へ登って以来の山歩きでした。
前回は駐車する所で迷ったり、愛宕神社からの登山口から登って行ったのでかなり急登で見通しも悪く印象が今一でした。
北保津に向けて下山したコースは展望もあって整備されたコースでした。

今回はこのコースをピストンして来ました。
牛松山山頂は展望もないので手前の金比羅神社まで登って来ました。


今日からデイケアサービスに通う事になった母を見送ってさすがに初日だから自宅に居た方が良いのかな?
あまりに天気が良かったので散歩気分で登って来ました。
なにかあっても直ぐに対処できる距離です。

11時30分、ゲートを開けて駐車場を見ると、2台の車がすでに駐車していました。
意外な事でビックリです!
画像

鳥居を潜て、
画像

11時33分、早速、一丁目の標示です。(前回は下りに使ったのでこの標示には気がつきませんでした。)
画像

11時40分、三丁目付近にある鳥居を潜ります。
画像

1ヶ月前はミツバツツジが咲いていた山域でしたが今日はピンク色のツツジが満開です。
画像

振り返ると亀岡市内の街並みが見えます。
画像

シダの新芽?が面白い!
画像

青空とピンク色のツツジ。
画像

12時23分、十三丁目から急坂になって十四丁目からの展望です。
京都市内がちらほらと見えます。
画像

12時40分、十八丁目の石柱を左に、鳥居を潜ると、
画像

金比羅神社に到着です。(保津川下りの船筏師の守り神です。)
画像

前回、見落とした絵馬堂に寄ります。
画像

奉納された2艘の小舟です。
画像

13時12分、昼食休憩後に下山です。
亀岡市内を見下ろす牛松山。
画像

14時10分、下山しました。
私達のトレーニングコースとなりました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ディケアの合間ならちょうど良い所ですね。
家の母は「年寄りの幼稚園」と言ってました。
場所にもよりますが別料金の行事が結構あってお花見や紅葉見物何かあってちょっとした格差がありましたよ。
母は喜んで参加していましたがその類いのお知らせ見落とさないよう気にかけていました。
さえ
2018/05/24 09:04
いよいよ始まりましたね、お母様のデイケアサービス。
お手頃なトレーニングコースが見つかって良かったですね。
izumiさんもストレスを溜めず、気負い過ぎず、楽しんで親孝行なさって下さいね。
なかなか行くことの出来ない関西の山レポ、楽しみにしてます。
orihime
2018/05/24 10:22
さえさん
母は基本、行きたがっていません。

主治医の先生がリハビリに通って下さいと言っていたから通わないとね。(これはホントですが。)

だましだまし行ってもらっています。

周りを見回すと山に囲まれていますからね!
今日は千代川近くの行者山を歩いて来ました。
なかなか良い山でした。


izumi
2018/05/24 21:32
orihimeさん

母は92才ですから認知もそこそこ進んでいます。
そろそろ、東京に帰ってちょうだいと言います。
私は聞き流していますが・・・

周りは山に囲まれていますから20分もかからずに登山口に行ける所がそこそこあって、お天気が良いと、出掛けたくなります。(笑)

東京では一番近い高尾山でも電車で1時間はかかりましたからね。
izumi
2018/05/24 21:38
裏山があるんですね。
里山に住んでいる訳ですから環境はバツグンですね。
マイペースで淡々と行きましょう。
カスミッシモ
2018/05/30 16:36
カスミッシモさん
亀岡盆地は秋から冬にかけては午前中は霧が立ち込めます。
真っ白です。
そんな日はお昼前から晴れて来ます。
最近ではそんな景色を売りにしているようですが・・・
2020年、大河ドラマは明智光秀。
地元、亀岡は今から大騒ぎです。
izumi
2018/05/31 17:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
20180522保津川下りの船筏を見守る丹波富士・牛松山 (2) yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる