yama365-2

アクセスカウンタ

zoom RSS 20180524役行者ゆかりの古跡が残る霊山・行者山(亀岡市)

<<   作成日時 : 2018/05/28 15:20   >>

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 8

行者山(431m)

時期 2018年5月24日(木 )

天気 晴れ

駐車場  京都縦貫道の下を潜るトンネル前の空地に駐車。 

行動時間 3時間12分(休憩・40分のコースミスを含む)

コース  駐車場10:26-登山口10:33-Eルート分岐10:34-守護荒熊大明神11:17-行者山11:20〜12:00-40分のコースミスー堂徳山12:58-Eコースを下山13:03-登山口13:33-駐車場13:38

行者山へのGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。



国道9号線を千代川方向に目的地は千代川配水池に入れます。
自宅から20分もかからない所にあります。

10時26分、目的地手前から関係者以外は進入禁止の立て看板があったので京都縦貫道の下を潜るトンネル前の空地に駐車して出発です。
画像

「関係者以外は進入禁止の立て看板」を見ながら進みます。
画像

タンクが4つ並ぶ千代川配水池を右手に見ながら、
画像

10時30分、登山口は左方向です。
画像

大ざっぱな絵地図はあまり参考になりません。
画像

行者山の立派な立て看板と歩きやすい道だったので迷わず進んでしまいました。
画像

ガイドブック「京都府の山」によるとここをEルートに進むように紹介されています。
(ガイドブックには「Eルート」と言う表示で名前が書かれていません。)
理由は逆コースを歩くと稜線からの下り口がわかりにくい。
読図のできるリーダーと歩く事と書いてありました。
YAMAPの地図を取りこんでいたので2度ほどコースミスをしましたが歩いて来ました。
画像

行者山を目指して歩くコースは木陰の中を進みますから快適です。
画像

竹藪も生い茂っています。
画像

10時50分、文化12年と刻まれた石灯籠。
なだらかな登り道から、
画像

少し、岩の上を歩く所が出て来たら、
画像

11時4分、鳥居が見えて来ます。
画像

11時11分、見上げるほどの大岩がでてくると、役行者を祀る洞窟です。
画像

かがんでのぞいて見ると岩の間から光が差し込んで役行者と前鬼、後鬼が見えます。
画像

さらに登って行くと大岩の連続です。
守護荒熊大明神。
画像

大岩を巻きながら登って行くと、
画像

11時20分、行者山です。
残念ながら展望はありません。
画像

ピンク色のツツジが今日も満開です。
画像

12時、行者山の山頂から道標がないのでYAMAPの地図を見ながら道を探します。
画像

街並みが見えていますが、コースミスをしています。
画像

ピンクテープがあまりにしっかりと付けられていたので途中から油断していました。
岩の間を潜ったり、
画像

大岩を見上げて、
画像

テープにつられて下っています。
画像

12時27分、壊れかけたお社前でコースミスに気がついて・・・
画像

12時48分、コースミスしたポイントまで戻ります。
左に進んでしまった所です。
右に進む道もあったのは確認していたのに・・・
画像

12時54分、少し進むと下山コースのEルートの標示が出て来ました。
堂徳山までは数分の距離なので、進みます。
ガイドブックは堂徳山から千手寺まで足を延ばして戻って来るコースが紹介されています。
我が家は堂徳山までで引き返します。
画像

12時58分、展望のない堂徳山です。
画像


画像

Eルートから下山開始です。
画像

途中、亀岡市内の展望があります。
画像

オリエンテーリングの「V」の標示を見ながら、右に下ります。
画像

手書きの古い標識です。
ガイドブックには「Eルート」の名前が書かれていません。
画像

「A」の標示を見て、左に下って行くと、
画像

13時33分、Eルート登山口に出ます。
画像

13時38分、京都縦貫道のトンネルを貫けて駐車スペースに戻りました。
画像

低山ながら変化に富んだ山歩きが出来ました。



5月26日(土)、父の命日でした。
お墓参りをして一昨日に登った行者山は正面の山?
少し高台にあるお墓から見た行者山です。
千代川配水地の白いタンクが麓から少し登った所に見えました。
画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
道標の少ない山で、難儀されましたね。
祠が有ったり、役行者を祀る洞窟が有ったりと、行者ゆかりの霊山らしい静かな変化のある山ですね。
道迷いも後で振り返ると楽しかったりして、山は良いですね。
orihime
2018/05/28 19:46
今晩は!
いや〜あっ、またまた興味深い山を歩かれましたね。
幾ら低山と云えどもあなどれない変化のある所は、山ちゃんも大好きです(^_-)-☆
でも、役行者が修行をした所でしょうから、それなりに険しい所もあって楽しそうですね。
山ちゃん
2018/05/29 00:37
orihimeさん
実家(馬路町)の少し高台にあるお墓から正面に見える山でした。
良く見るとタンクが見えていました。
いままで何気なく見ていた山でもコースがあって登れる事が分かり、少しおかしかったです。

分岐点では注意していたのに思い込みとあまりにもしっかりピンクテープがあったので油断してしまいました。(笑)
いつもこんな事を繰り返しながら山歩きをしています。
izumi
2018/05/29 16:07
山ちゃん
まさかコースミスをするとは思っていませんでした。(笑)
間違って歩いたコースは千手寺に下る、最短コースだと思います。
堂徳山から千手寺に下る標示はしっかりとありました。

行者山周辺の大岩は見事ですから機会がありましたらお勧めです。
izumi
2018/05/29 16:18
関西の山って不親切なところが多いように思います。
地方に行くと道標のしっかりした山におどろくことがおおいです。
先日カタクリ目当ての小塩山も老ノ坂です。縦貫道が繋がって景色が変わりました。
家の母もそうでしたが、一緒にいていて安心、でも迷惑かけちゃ悪いと言う思いの狭間ですね。
さえ
2018/05/29 18:48
さえさん
今は原村でcurumiちゃんと過ごしているのですよね?
なんか余裕があって楽しそう!

小塩山、もちろん、さえさんのブログで知ってチェック済です。
大原野神社から出発していましたよね。

ポンポン山もネーミングが面白くて以前から知ってはいましたが・・・
そのうちに登る事になるかな。

今まで、なんだかんだと言っても独居で気楽?にやっていましたから、ストレスがお互いにたまりますね!
izumi
2018/05/30 10:44
低山は道迷いが発生しやすいですよね。
作業道がたくさんあるんでしょうね。
カスミッシモ
2018/05/30 16:42
カスミッシモさん
この山、予想以上にスリリングでした。
しっかり確認しながら歩いていたのに、肝心な所で油断して。
あまりにも多くつけられてテープが落とし穴でした。(笑)
izumi
2018/05/31 17:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
20180524役行者ゆかりの古跡が残る霊山・行者山(亀岡市) yama365-2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる