20190309信越トレイル・鍋倉山でスノーシューを楽しむ!

鍋倉山(1288m)

時期 2019年3月9日(土)

天気 晴れ

駐車場  温井登山口

行動時間  6時間18分(休憩を含む)

コース  温井登山口8:18-鍋倉山11:30~12:40-温井登山口14:35


鍋倉山のGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。


信越トレイルの鍋倉山は豪雪地帯ですから晴れ予報の時に登っています。

今日は全国的に晴れ予報です。
春を思わせる位、気温が上がって残念ながら霧氷はほとんど見られませんでした。
しかし山頂からは久しぶりの大展望となりました。

冬期通行止めになっている手前の温井集落に車を止めます。
Gマップで温井と入力すると、「鍋倉山スキー路上駐車」と出て来たのには驚きです。
年々、人気のエリアとなって、山スキーの人で賑わっています。
スノーシューで歩いている人は少ないです。

8時18分、温井の「鍋倉山スキー路上駐車」に駐車。
多くの車が停まっていました。
162㎝の私ですが今年は例年並みの積雪と地元の方が言っていましたが、比較すると少し少ないのがわかります。
画像

今日はトレースがしっかりとありました。
画像

林道に沿って歩き始めていますが、トレースがあるので真ん中の斜面を登って行きました。
しかし、右方向にさらに林道を歩いていった方が結局は早いと思います。
下山時は急斜面を下らずに林道を歩いて来ました。
画像

急登から、
画像

やや斜めにコースを取って進みます。
画像

雪原に出ると、鍋倉山も見えて来ます。
画像

左に竹で進入禁止の印があります。
以前はここを直進出来ました。
田茂木池の小屋が左奥の杉の木の元に小さく見えていま。
私有地?の為のようですが、正面の白い小山を乗り越えなくてはいけません。
画像

コース沿いに旗が立ててありますから迷う事はありません。
画像

9時25分、いよいよ、鍋倉山に取付く事になります。
今日はスノーシューで登っているトレースがありましたから、斜めに登って行く事にしました。
画像


画像

9時35分、少し余裕ができた斜面で休憩です。
ここから、20分位は急斜面を登って行きました。
画像

10時、登りあげました。
コース取りや急斜面に取付くまでのここまでが大変でしたが、後はまっすぐ登って行くだけです。
画像

左側に多分、ブナの森太郎を見ながら進みます。
周りはブナの大木が見られるようになって来ます。
画像

サルの腰掛を発見!
画像

標高を上げて来ましたが、今日は霧氷がほとんど落ちていました。
画像

振り返ると上越の山並が見え始めました。
画像

11時、、山頂は何処かな?と思いながら登っています。
ここからもう一登りです。
画像

11時23分、そろそろ展望も開けて、ブナの大木も姿を消して、
画像

11時30分、賑やかな山頂に立ちました。
画像

妙高、火打山はもとより、北信五岳を背に立っています。
画像

左から天水山に続く信越トレイル(開田山脈)、苗場山、越後三山、巻機山方向が後ろに見えます。
画像

拡大して見て下さい。
画像

佐渡島の金北山は真っ白に雪が積もっているのが肉眼で確認出来ました。
柏崎の原子力発電所はしっかりと見えました。
画像

山頂は風が強いので少し下った所で食事休憩。
下山前に山頂に戻って景色を確認。
12時40分、この景色を見ながらの下山開始です。
画像

山頂を振り替えると青空!!
画像

ブナの大木を横に見ながら下山。
画像

踵から潜るようにして、トレースのない所を下って行きます。
画像


画像

私が見上げて写真を撮っているのは、
画像

ブナの枝ぶりが面白かったからです。
画像

一気に下って来ましたが、名残惜しい景色です。
画像

下りはトレースもしっかりとあったので急坂を下って来ました。
画像

一番緊張する所です。
画像


画像

13時47分、雪原に下りて来ました。
画像

ここからは広い雪原を戻ります。
画像


画像

集落が見えて来て今日の山歩きは終わります。
画像


14時37分、温井に駐車場に戻りました。

野沢温泉に寄って、道の駅で野菜を買って帰宅しました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

yagi
2019年03月14日 12:12
izumiさん
素晴らしい展望と青空に恵まれましたね!! いいな~いいな~♪
雪たっぷりでスノーシューも存分に楽しめたでしょう。気になる山々と雪原歩きの写真見てたら私も行きたくなりました。今度出会ったら詳しく教えてくださいねー
今から地図広げて確認しておきますね。
2019年03月14日 19:04
yagiさん
ここは豪雪地帯ですから何時も期待を裏切りません。
最近はスキーで人気の山となりました。
お天気が良ければそんなに難しい事はありませんが、なかなか晴れの日がないので天気予報とにらめっことなります。
信越トレイルは秋の紅葉の時期もお勧めなんですよ。
さえ
2019年03月15日 09:00
お天気に恵まれましたね。
話が前後しますが、黒斑の下りで途中にスキー場とホテルとの別れ道の
表示があるのですが、見落とされたのでしょうか?
2019年03月15日 12:18
さえさん
鍋倉は天気が悪いと絶対に無理ですからね。
登りはかなり辛いのですが、下りはスノーシュー天国ですからね。

中コースの分岐点、私がアップした標示より少し前に分岐点がありました。
直進の印を勘違いしたようですが、スキー場へのトレースの方がしっかりとありました。
実は、朝も車山峠周辺も凄い雪が積もっていて、駐車場も少し迷ってスキー場まで下ってしまいました。
そこで、駐車場を除雪中の方に車山峠の様子を聞いて戻った次第です。
朝から大変でした。
orihime
2019年03月17日 22:03
今年は全国的に雪が少ないと言われてますが、流石に豪雪地帯の鍋倉山は雪が多いですね。
春夏秋冬、魅力の有るブナ林!!
天気が良ければ大展望も楽しめて、山スキーの方が増えるのも納得です。
今年の秋は、信越トレイルの一部でも縦走したいな~~なんて思ってます。
2019年03月20日 17:55
orihimeさん
なかなか安定した天気になりませんから、天気予報とにらめっこです。
この日は気温が高かったので残念ながら霧氷はほとんど見られず、しかもポトポトと落ちてくる中を登って行きました。

月、火曜日と新潟にユキワリソウを見て来ました。
弥彦山の山頂でさえさん夫妻とcurumiちゃんとバッタリしました。
最初、ワンちゃんに目が行って「curumiちゃんと同じ種類!」と思って見ていて、次に顔を見てお互いにビックリしました。
その後、ユキワリソウの里山にご案内出来ました。
楽しいひと時でした。
2019年03月20日 18:01
さえさん
先日は楽しかったです。
湯沢のホテルに到着が少し、遅くなったかな!

ユキワリソウの里山、海が見える所までご案内出来て良かったです。

角田山の桜尾根コースの登山口、分かりました。
なにも聞いてないと登山口が閉鎖されたように見えてビックリですよね!

この記事へのトラックバック