20191015磐梯山の紅黄葉を楽しむ!(裏磐梯スキー場から登りました。)

磐梯山(1818,6m)

時期 2019年10月15日(火)

天気 曇り後晴れ

駐車場 裏磐梯スキー場 (トイレはありません。手前の裏磐梯ビジターセンターは24時間利用可。)

行動時間 7時間 37分(休憩を含みます)

コース 裏磐梯スキー場7:13-裏磐梯ゲレンデトップ(分岐)7:41-銅沼7:59~8:03-裏磐梯スキー場・八方台分岐8:44-弘法清水9:56~10:04-磐梯山10:37~11:09-弘法清水11:34-裏磐梯スキー場・八方台分岐12:45-銅沼13:28~14:14-裏磐梯スキー場14:50

磐梯山のGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見られます。


2006年6月25日にバンダイクワガタが咲く時期に磐梯山の「猪苗代表登山口」から登りました。

2014年7月5日の同じ時期に「八方台登山口」から登りました。
やはりバンダイクワガタが咲く時期に登っていて、紅葉の時期に登るのは初めてです。

今回は「裏磐梯スキー場」から登りました。
冬の時期にイエローホールが楽しめる銅沼(あかぬま)周辺。
スノーシューで登って見たいと思っているコースですがなかなか機会がなくて今回は下見も兼ねています。

7時13分、裏磐梯スキー場駐車場から出発です。
すでに3台の車が駐車していました。
191015_071835_R.JPG
10分位登って来て振り返ると、西吾妻山が見えていました。
今日は曇り予報ですからこんな感じです。
191015_072237_R.JPG
ゲレンデの登山道の足元にはシラタマノキやリンドウの咲き残りが楽しめました。
191015_072729_R.JPG
7時41分、ゲレンデトップから噴火口に向けて登って行く分岐点。
周回して見たいのですが地図には破線になっています。
今回は八方台分岐から磐梯山を往復します。
冬の時期はここまでリフトに乗れますからほとんど平らな所のスノーシューとなりそうです。
191015_074251_R.JPG
10分ほど進んで来ると銅沼?と一瞬思いましたが、地図にもありますが右手に小沼が見えて来ました。
191015_075244_R.JPG
草むら一面にリンドウ。
191015_075331_R.JPG
道はかなりぬかるんでいて歩きにくい!!
191015_075431_R.JPG
歩き始めて50分、標高は1100m位から周りの木々は黄葉し始めます。
191015_075855_R.JPG
7時59分、銅沼から見る景色は残念ながら雲がかかっています。
水蒸気が上がっていて、イエローホールが楽しめる所は確認出来ました。
191015_080041_R.JPG

191015_080228_R.JPG
こんな感じのハイキングコース。
191015_080421_R.JPG
木々の合間から銅沼が見え隠れしています。
191015_080610_R.JPG
8時7分、登山者をカウントする所をやっと通過。
191015_080700_R.JPG
薄日も差しこむようになって来て上々です。
191015_081421_R.JPG
一番ぬかるんでいる所には飛び板が置かれていました。
ここまででドロドロです。
ここを通過すると、
191015_082033_R.JPG
8時21分、やっと、山登りとなります。
191015_082106_R.JPG
沢沿いに進んで、
191015_082318_R.JPG
滝を横に見ながら、
191015_082727_R.JPG
階段を登って、
191015_083108_R.JPG
進みます。
191015_083658_R.JPG
8時44分、歩き始めて1時間30分で八方台分岐に登りあげます。
(八方台登山口からだと30分です。)
191015_084424_R.JPG
ここからは5年前に歩いた所ですが、記憶に残っている所もあれば、
191015_084726_R.JPG
こんなに急登あった?と思いながら登る所もあって、
191015_085516_R.JPG
9時、途中、展望所から小野川湖や秋元湖が見え隠れしています。
191015_085907_R.JPG
磐梯山の火口壁が見えています。
191015_085932_R.JPG
9時11分、さらに登って来ると桧原湖が目の前に見えて。
191015_091119_R.JPG
弘法清水まで1,1キロ標示。
191015_091153_R.JPG
登山道も比較的、なだらかで歩きやすいコースとなります。
紅黄葉もピークを迎えていましたからのんびり進む事になります。
191015_091800_R.JPG

191015_092323_R.JPG

191015_092409_R.JPG

191015_092952_R.JPG

191015_093838_R.JPG
9時47分、弘法清水まで0,3キロ、お花畑分岐点です。
191015_094759_R.JPG
9時56分、弘法清水に到着しましたが・・・
霧が立ち込めていて小屋番さんが出て来て今、山頂には20人近く登っていると。
皆さん随分と早い!
191015_095618_R.JPG
ナナカマド越しに写真を撮ったりして休憩?
191015_095749_R.JPG
一応、山頂に行く事に。
191015_100439_R.JPG
下山して来る多くの人とすれ違う事になりました。
191015_102110_R.JPG
10時35分、磐梯山です。
3度目でしたが今回も展望なしでした。
一段下がった避難小屋前は風もなかったので休憩。
30分以上滞在していたのに途中で一人登って来ただけ。
下山途中、まだまだ登って来る人がいたのに不思議でした。
191015_103524_R.JPG

11時9分、同じルートを下山しましたが天気が少しよくなって最後は青空も出始めました。
191015_115658_R.JPG

191015_120225_R.JPG
ブナ林の黄葉を楽しむ事が出来ました。
191015_120722_R.JPG
霧が立ち込めて幻想的です。
191015_120816_R.JPG

191015_121101_R.JPG

191015_121138_R.JPG
オオカメノ木の紅葉。
191015_121143_R.JPG
標高を下げて来ると霧も晴れて来ました。
191015_122209_R.JPG
13時28分、銅沼から磐梯山の展望が見られて、
191015_133133_R.JPG
この景色を見ながら45分のコーヒータイムとなりました。
191015_133118_R.JPG
14時25分、裏磐梯ゲレンデトップから桧原湖。
191015_142545_R.JPG
振り返ると磐梯山。
191015_142735_R.JPG
14時50分、駐車場に戻りました。
191015_144427_01_R.JPG

今回は天気もいまいちでしたが、機会があったら周回コースを歩いて見たいです。
桧原湖の北西に位置する「湖望の湯」は源泉かけ流しです。
お気に入りの温泉です。

道の駅「土湯」で車中泊の予定でしたが、前泊した道の駅「猪苗代」が新しく出来ていました。
気に入ったのでもう一泊しました。(笑)

明日は安達太良山に登ります。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

orihime
2019年10月25日 19:26
裏磐梯スキー場からのコース、懐かしく拝見しました。
2016年1/30~2/1、イエローフォールがメインのスノーシューハイクを楽しんだ山旅を懐かしく思い出しました。
暖冬の年で、銅沼の赤い沼も一部見ることも出来ました。
良かったら参考にブログ見てください。
とても楽しいコースでした。是非冬に行ってみて下さいな。
と言いながらも、紅葉も素敵な磐梯山ですね。
izumi
2019年10月26日 11:26
orihimeさん
不思議と磐梯山は紅葉の時期に登るのは初めてでした。
猫魔ヶ岳には何度も登っているのですが、前回山頂で熊にバッタリしたので遠慮して(笑)登った事のない裏磐梯スキー場からアプローチしました。
銅沼周辺のイエローフォールを楽しむスノーシュー。
なかなか天候に恵まれなくて忘れかけていた所でした。
雄国山と雄国沼周辺のスノーシューは私は何回かチャレンジしました。