20200930丹沢・鍋割山(鍋割山稜で初めて両足を攣りました!!) 女子会(23)

鍋割山(1272.5m)

時期 2020年9月30日(水)

天気 晴れ

行動時間 8時間45分(休憩を含む)

コース 大倉バス停7:35-西山林道-二俣8:49-小丸尾根8:56-小丸尾根分岐11:19-小丸11:34-鍋割山12:07~12:53-後沢乗越13:49-栗ノ木洞14:25-櫟山14:43-寄バス停16:20


鍋割山から見る富士山。
200930_120900_R.JPG


我が女子会のリーダーさん。
来月の山の会でリーダーを務めます。
下見登山に誘ってもらいました。
今回の参加者は私一人でした。
なんと13年ぶりの鍋割山です。
2007年12月16日に鍋割山から塔ノ岳に向けて登って登っています。

小田急線渋沢駅から大倉まで8分乗車です。
大倉にはトイレもあります。
今日は2人ですからここから西沢林道を歩いて二俣まで1時間15分。
山の会の当日はタクシーを乗り合わせて二俣手前まで入るそうです。

以前、我が家は二俣の少し手前の県民の森の駐車場に止めました。


7時35分、大倉から鍋割山・二俣に進みます。
最近、標示が増えて、新しくなって整備されています。
200930_073640_R.JPG
8時49分、二俣、お喋りをしながらですから長い林道歩きも楽し!
木橋を渡って進みます。
200930_084953_R.JPG
小丸尾根を登って行きますから右手に進みます。
200930_085632_R.JPG
9時、登り始めて直ぐにこの表示です。
カシノナガキクイムシが大発生して防除作業シートが巻いてあります。
200930_085935_R.JPG
見上げると枯れています。
周りの山並みを見ると一見、紅葉が始まった?と思わせるぐらい赤茶色しています。
かなりの数のナラ枯れです。
200930_095213_R.JPG
小丸尾根を1000m近く(歩き始めの大倉290m)ですが登って行くことになります。
200930_091657_R.JPG

200930_092522_R.JPG

200930_095505_R.JPG
10時56分、ここで初めて富士山の展望です。
200930_105638_R.JPG
足元に咲くホソエノアザミ?
200930_110203_R.JPG
ノギク
200930_110249_R.JPG
ウメバチソウがチラホラ!
今辺では珍しいそうです。
200930_110840_R.JPG
富士山に雲がかかり始めて・・・
200930_111011_R.JPG
そろそろ鍋割山稜に登り上げる所です。
200930_111424_R.JPG
振り返ると相模湾と右手には箱根の山並み。
200930_111624_R.JPG
雲が少しかかった富士山。
200930_111749_R.JPG
11時19分、小丸尾根分岐。
塔ノ岳まで(50分位)、鍋割山です。(30分位)
200930_111939_R.JPG
右手方向には丹沢山、蛭ヶ岳と続く山並みを見ながら進みます。
200930_112420_R.JPG
素晴らしいブナ林の中を進むことになります。
200930_112437_R.JPG
見上げながら、
200930_112701_R.JPG
進みます。
200930_113129_R.JPG
11時34分、小丸
200930_113441_R.JPG
「タマゴタケ」、食べられるそうです。
200930_113512_R.JPG
木々の合間から雲が取れた富士山も見えてテンションアップ!
200930_114101_R.JPG
鍋割山手前までは少し下る感じの稜線歩きです。
そして最後の登りになった所で両足が攣りました。
山歩きの途中で足が攣ったのは初めてでした。
しかも両足ですからびっくり!
「芍薬甘草湯」を飲んで、塩を少量ですがなめて、足をマッサージしてもらったら直ぐに回復しました。
200930_114544_R.JPG
眼下には秦野、小田原方面、箱根の山並み。
200930_120400_R.JPG
北側は丹沢の最高峰の蛭ヶ岳に続く山並み、なかなか奥深いです。
200930_120423_R.JPG
12時7分、最後はなだらかな階段を登って行くと、
200930_120726_R.JPG
鍋割山に到着です。
山頂は数人ですが賑わっていました。
ほとんどの人が鍋割山荘で「鍋割うどん」を注文していました。
暖かかったのでベンチで食べていました。
最近は1500円になったそうです。
私達は以前に食べた事があるのでもちろんパスです。
200930_120918_R.JPG
山頂からの富士山です。
途中、雲がかかり始めていましたが嬉しい事に綺麗に見えました。
200930_120857_R.JPG
12時53分、下山します。
1601467402987_R.jpg
木道が最近、設置されて歩きやすい。
以前は泥濘むことが多い道だったそうです。
かなり木道が続きます。
200930_125659_R.JPG
13時49分、後沢乗越まで下って来ました。
右手、登って来た二俣までは30分。
今日は下見ですから、ここから、栗ノ木洞~櫟山~寄に下山します。
200930_134909_R.JPG
後沢乗越から下って来た登山道を振り返っています。
ブナ林が多く見られて感激です。
200930_134917_R.JPG
ここから栗ノ木洞(908.3m)までの登り返しが辛い!!
200930_135810_R.JPG
足元に咲く花?
200930_140904_R.JPG
キッコウハグマ
200930_141310_R.JPG
トリカブトもチラホラと咲いています。
200930_141506_R.JPG
テンニンソウ
200930_142234_R.JPG

200930_141738_R.JPG
14時25分、栗ノ木洞大倉方向に下るコースもあります。
200930_142513_R.JPG
ここからも県民の森方向に下るコースもあります。
200930_143518_R.JPG
ススキが生い茂る道。
200930_144244_R.JPG
14時42分、櫟山
200930_144355_R.JPG
標示に従って「寄」方向にすすみます。
200930_153334_R.JPG
鹿避けの柵をくぐって、
200930_153403_R.JPG
キバナアキギリ
200930_154747_R.JPG
15時50分、土佐原集落にやっと下って来ました。
200930_155034_R.JPG
彼岸花
200930_155715_R.JPG

ここから-「寄バス停」までは茶畑や畑を見ながら、今年の1月に宮地山からシダンゴ山に登った帰りに寄ったロウバイ園の横も通ってコンクリート道を下って来ます。
途中で農家の方から野菜をいただきました。

16時20分、「寄バス停」、予定時間よりやや時間がかかってしまいました。
ベンチもあるのでお茶休憩しながらバス待ちです。

大倉から標高差は1000m近くある登山でした。
足が攣って下山が心配でしたがなんとか戻って来ました。(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

カスミッシモ
2020年10月19日 17:55
鍋割山ですか~このコースも結構長いですよね~
尾根のブナ林が気持ちいいですよね。
鍋焼きうどんではなく鍋割うどんを食べましたか。(笑)
山頂でのお写真、良く撮れています。
足が攣ると困りますね。すぐに回復して良かったです。
izumi
2020年10月22日 17:00
カスミッシモさん
お返事が遅くなりました。
ちょっと、山歩きの旅で出ていました。

楽な山歩きばかりしているので丹沢の山歩きは良いトレーニングにもなりますね。
やっと登り上げて尾根のブナ林に感激していました。

以前に登った時はブナ林なんかには関心がなかった頃で、鹿がいたのは覚えていました。

主婦は1500円の鍋割うどんには手を出しません!!(笑)