20201109黄紅葉に輝く養老山から笙ヶ岳へ

養老山(859,3m)・笙ヶ岳(908,5m)

時期 2020年11月9日(月)

天気 晴れ時々曇り

行動時間 9時間25分(休憩含む)

駐車場 養老公園(300円。トイレあります。)
    
コース 養老公園駐車場7:15-養老ノ滝7:35~7:45-登山口(ゲート)7:50-養老山・笙ヶ岳分岐8:12-三方山9:23~9:28-笹原峠9:37-小倉山9:50~10:00-養老山10:18~10:22-小倉山10:35~10:48-笹原峠10:56-旧牧場手前で昼食11:36~12:10-旧牧場12:15-もみじ峠12:25-大洞口分岐12:38-笙ヶ岳13:42~13:53-旧牧場14:50-養老山・笙ヶ岳分岐16:09-養老ノ滝16:18-養老公園駐車場16:40

201109_143500_R.JPG

養老山・笙ヶ岳のGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。


今回の最終目的地は三重県津市の榊原温泉。
鈴鹿の山歩きがしたかったので北から下って行く事にしました。

まだ歩いた事のない山を選んで登って来ました。
養老ノ滝で有名な養老山から笙ヶ岳の周回ルート。
山と渓谷社の「岐阜県の山」に乗っているコースを歩いて来ました。

久しぶりの名神高速道路からのアプローチでした。

7時15分、養老公園駐車場(300円)の止めて20分ほどコンクリートの道を上がって行きます。
滝上の駐車場(1000円とありましたが平日は500円標示)に止めて登って行く事も出来ます。
この時間ですから滝を独り占めです。
養老山の標示はこの辺から標示されていて最初は分かりやすかったのですが、
201109_073925_R.JPG
7時50分、左手の林道に進み始めたのですが、確認の為に行ったり戻ったりして10分ほどロスしました。
絵地図を確認して、
201109_080608_R.JPG
8時12分、丁寧な標示があちこちにありました。
201109_081249_R.JPG
左手に進んで下山時は右手から周回して来ます。
201109_081307_R.JPG
沢を渡るので注意勧告です。
201109_081717_R.JPG
コンクリートのしっかりとした飛び石。
201109_081748_R.JPG
最初はそこそこの急登です。
登り始めはモミジもまだまだ緑色。
201109_083227_R.JPG
10分ほど登って来ると黄紅葉が楽しめて周りの山並みも黄、赤、緑とパッチワークのように見えます。
201109_084740_R.JPG
20分ほど登って来るとなだらかな所に出ます。
201109_085700_R.JPG

201109_090108_R.JPG
長い階段を登って行くと
201109_090340_R.JPG
三方山、1分の標示です。
201109_091940_R.JPG
ちょっと進むと見えて来る、
201109_092822_R.JPG
9時23分、三方山です。
201109_092344_R.JPG
濃尾平野と木曽三川(木曽川、長良川、揖斐川)が見えるとありますが・・・
201109_092407_R.JPG
9時30分、笹原峠方向に進みます。
201109_093032_R.JPG
ここからは南斜面の日当たりの良い、幅広い道を進みます。
201109_093517_R.JPG

201109_093623_01_R.JPG

201109_093629_R.JPG
9時37分、笹原峠に到着です。
養老山に登ってここまでは戻って来て旧牧場方向に進みます。
201109_093742_R.JPG
小倉山手前の階段を登って、
201109_094558_R.JPG
9時50分、広々とした小倉山に到着です。
201109_095130_R.JPG
南にあずまやがあるので行ってみます。
これから登る養老山と笙ヶ岳は展望はないとあるので今日の山歩きで一番の大展望です。
201109_095206_R.JPG
正面に見えるのが笙ヶ岳です。
201109_095400_R.JPG
10時、広場になった小倉山を後にします。
201109_095948_R.JPG
一旦、階段を下って、
201109_100202_R.JPG
右手は林道、左手の登山道を少し下って行きます。
201109_101029_R.JPG
この道も黄紅葉が楽しめました。
201109_101440_R.JPG
標示に従って登って行くと、
201109_101736_R.JPG
10時18分、養老山に到着です。
瓢箪がぶら下がった山頂です。
201109_101902_R.JPG
展望はありませんから先に進みます。
201109_102019_R.JPG
下山時は左手の林道を歩いて来ました。
201109_102359_R.JPG
今日は日差しもあって暖かくで快適でした。
201109_103334_R.JPG

201109_103055_R.JPG

201109_103350_R.JPG

201109_103250_R.JPG

201109_103328_R.JPG
10時56分、笹原峠まで戻って来た頃には少し雲が出始めました。
ここから旧牧場に向かいます。
201109_105649_01_R.JPG
ここからは幅広い遊歩道の階段を何度も登り下りして進むことになります。
201109_110216_R.JPG
雲って少し渋い黄紅葉見物となりました。
201109_110824_R.JPG
これから登る笙ヶ岳かな?
201109_112035_R.JPG
途中、風が吹き抜ける所が多く、ウインドブレーカーを着たりしながら進みます。
201109_112309_R.JPG
周りの山々の紅葉も素晴らしい!
201109_112744_R.JPG
木階段の連続です。
201109_112914_R.JPG
11時36分、旧牧場まで15分標示が出て来ました。
下って行く手前にベンチがあって風も吹きぬけなかったので昼食休憩にしました。
201109_113425_R.JPG
12時15分、旧牧場に到着です。
下山時はここから林道を帰ります。
201109_121621_R.JPG

201109_122441_R.JPG
12時25分、もみじ峠
201109_122518_R.JPG
見上げると黄緑、
201109_122836_R.JPG
赤のモミジ。
201109_123047_R.JPG
大洞口分岐までなだらかですが下って行きます。
201109_123605_R.JPG
日差しも出て来て立ち止まりながら撮影会です。
201109_123706_R.JPG

201109_123705_R.JPG
12時38分、大洞口分岐から右に進みます。
沢まで下って行くことになりますから慎重になる所です。
201109_123818_R.JPG
沢を渡って、
201109_124058_R.JPG
黄紅葉した山中を進むことになります。
201109_124317_01_R.JPG
道幅も広い歩きやすい登山道となります。
201109_124407_R.JPG
何処を見てもこんな感じが続きます。
201109_124436_R.JPG

201109_124518_R.JPG

201109_125600_R.JPG

201109_130352_R.JPG

201109_130404_R.JPG
笙ヶ岳の標示、赤テープを追いながらこの辺から登っています。
201109_130939_R.JPG
少し日差しが戻って来ると青空が見えて、
201109_131431_R.JPG
輝きだします。
201109_132002_R.JPG
振り返るとそこそこの登りです。
201109_132129_R.JPG
広くなった所なのでテープを追いながら最後は登って来ました。
あれ?
登り切った所が山頂じゃないの?
201109_132744_R.JPG
13時32分、GPSを見ながらちょっと外れたね!!
201109_133253_R.JPG
13時34分、GPSを見ながら正面に見えるのが笙ヶ岳のようです。
軌道修正しながら登り返しです。
201109_133435_R.JPG
裏山・表山を右手に見ながら、
201109_133809_R.JPG
なだらかになって来た登山道を進みます。
201109_133817_R.JPG
13時42分、笙ヶ岳に到着です。
展望もありませんから10分休憩後、下山開始です。
201109_134248_R.JPG
シキミの実も赤くなっています。
201109_135727_R.JPG
旧牧場までは来た道を戻ります。
様子も分かったので気分的には楽です。
201109_143500_R.JPG
14時50分、旧牧場からは林道歩きですが黄紅葉を楽しみながら途中でお茶休憩したりとのんびり下山。
201109_145723_R.JPG
16時9分、最初の養老山・笙ヶ岳分岐に戻りました。
201109_160921_R.JPG

16時40分、最後に養老ノ滝を見物して養老公園駐車場に戻りました。
黄紅葉が楽しめてロングコースも楽しく歩けました。
コースタイムは写真撮影が長いので参考にはなりません。
歩行時間は約6時間とあります。

明日は鈴鹿10座の日本コバに登ります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年11月18日 21:31
今晩は!
鈴鹿の最北端・養老山は一度は訪れてみたいと思いますが、滝の方が見応えがあって展望の利かない山頂は期待外れだったのじゃないでしょうか?紅葉の時期ですからそれなりに楽しまれたようで何よりでした(^_-)-☆
izumi
2020年11月19日 10:50
山ちゃんさん
養老ノ滝は機会があったら見てみたい滝。
迫力があって帰りもしっかりと見て来ました。

養老山、笙ヶ岳は展望がないと書いてありましたから旧牧場まで来て「笙ヶ岳は行く?」、「どうする?」
なんて言いながら時間も早かったので登る事にしました。
静かな山域でかなり良かったですね。
笹原峠から旧牧場までの尾根歩きも気に入ったので次回もありの山となりました。

それにしても不思議なのはそこそこ登山客がいて早い人には追い越されたり、途中で出会ったりとしたのですが皆さん、山頂から戻って来て再開する事もありませんでした。
カスミッシモ
2020年11月20日 19:56
北へ南へ忙しいですね。里帰りも兼ねてですか。

養老の滝はどこかで聞いた名前ですね。((笑)
美しい滝です。
紅葉黄葉が程よい感じです。
izumi
2020年11月22日 12:32
カスミッシモさん
母は子供たちのそばのホームに落ち着いて生活をしています。
実家の京都の家は叔母が管理していますが80才を越えてだんだんと大変になってきています。
子供が2人いるのでバトンタッチした感じです。
養老ノ滝は昔から東名、阪神高速道路を使って実家に行っていました。
機会がなく私も初見でした。

この周辺は岐阜県、三重県、滋賀県の境界ですから今回は3冊のガイドブック。
しかし山と高原地図は「御在所・霊仙・伊吹」の1冊の範囲なんですよ。