20201111鈴鹿山脈の釈迦ヶ岳で黄紅葉を楽しみました!!

釈迦ヶ岳(1092,2m)

時期 2020年11月11日(水)

天気 晴れ

行動時間 7時間16分(休憩含む)

駐車場 朝明・500円(トイレあります。)
    
コース 駐車場7:50-鳴滝コバ9:09-釈迦ヶ岳最高点10:45-釈迦ヶ岳11:00~11:45-猫岳12:16-ハト峰13:20~13:32-ハト峰峠13:33-猫谷コース登山口13:58~14:28-駐車場15:06

201111_120958_R.JPG

釈迦ヶ岳のGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。


道の駅「菰野」からは20分弱の所の「朝明駐車場」から出発です。
ここから登る山は多くありますから平日にもかかわらずそこそこの車の数でした。
駐車料金回収の方に中尾根新道の登山口の確認をして出発です。
7時50分、登山届を提出。
今日は久しぶり、朝から青空が広がっています。
201111_075038_R.JPG
モミジを背に沢を渡って、
201111_075906_R.JPG
標示に従って進みます。
201111_080051_R.JPG
車で麓から登って来た時もかなり黄紅葉が進んでいました。
歩き始めは暗い針葉樹林帯でしたが、気がつくと黄紅葉し始めた広葉樹林が出て来て、
201111_082100_R.JPG
見上げながらの山歩きとなりました。
201111_082944_R.JPG

201111_083443_R.JPG
日差しに照らされて輝いています。
201111_083853_R.JPG
登山道はそこそこ急登でしたがゆっくり紅葉狩りをしながら登る事になりました。
201111_083858_R.JPG
黄葉だけではなく紅葉も多く見られました。
201111_084122_R.JPG

201111_084143_R.JPG
足元は岩を乗り越えて登って行きます。
201111_084159_R.JPG
露出した砂岩?は鈴鹿の山ならではですね。
201111_084542_R.JPG
見上げながら、
201111_084805_R.JPG

201111_084801_R.JPG
足元にも気を付けて登っています。
201111_084907_R.JPG

201111_085613_R.JPG

201111_085618_R.JPG

201111_085702_R.JPG

201111_085738_R.JPG
9時過ぎ、こんな調子でゆっくり登っていました。
前後して最初は一緒だった女性3人はいつのまにか先に進んでいました。
201111_085911_R.JPG
振り返ると御在所岳や国見岳が見え始めました。
201111_090359_R.JPG
9時9分、鳴滝コバに到着です。
201111_091006_R.JPG
御在所岳のレーダー雨量計が見えるので分かりやすいです。
201111_090920_R.JPG

201111_091321_R.JPG

201111_091653_R.JPG
登山道は歩きやすいのですが、
201111_091757_R.JPG
そこそこ急登です。
201111_092845_R.JPG

201111_093219_R.JPG

201111_093220_R.JPG
途中、尾根道は緩やかになりますが、
201111_093656_R.JPG
両側を笹におおわれた急登になったりと、
201111_094228_R.JPG
振り返るとやはり御在所岳と国見岳の展望が元気づけてくれます。
201111_094710_R.JPG
山麓のパッチワークのような黄紅葉が面白い!
201111_094730_R.JPG
大岩を乗り越えて振り返ると同じみの景色が広がります。
201111_094941_R.JPG
そして釈迦ヶ岳?
と思っていましたが隣の猫岳でした。
201111_095026_R.JPG
目の前に大岩が見えて来ました。
手前からどうやって登って行くのかな?と思っていたら巻道がありました。
201111_100258_R.JPG
見上げると切り立っています。
201111_100937_R.JPG
巻道から尾根道に登り返していますがこれも結構、辛い!!
201111_101429_R.JPG
振り返ると頑張って登って来ていますね。
201111_102329_R.JPG
同じみの景色ですが遠く四日市や海が見えました。
201111_102530_R.JPG
そろそろ山頂も近い?
201111_102558_R.JPG
大展望です。
201111_102658_R.JPG
釈迦ヶ岳も見えて来て、こんな感じで進んで行くと、
201111_102917_R.JPG
大陰のガレ!!
こんな所があったのか!!
一番苦手の所ですがここまで来たら進むしかありません。
201111_103151_R.JPG
距離にしたら数メートルrですが一旦下りますが足元がザレ場です。
ここが怖い!!
201111_103158_R.JPG
登り返しは見たほどの事はありません。
201111_103455_R.JPG
最後は岩を乗り越えて周りの木に体重をかけたりして、
201111_104350_R.JPG
登りきると、
201111_104526_R.JPG
10時45分、釈迦ヶ岳最高点です。
松尾尾根ノ頭(1097,1m)
ここが山頂でいいのに!
なんて言いながら先に進みます。
201111_104557_R.JPG
なだらかな尾根道。
201111_105204_R.JPG
10時54分、下山時はハト峰方向です。
201111_105417_R.JPG
なだらかですからここが山頂かな?と思いながらアプローチです。
201111_105421_R.JPG
11時、釈迦ヶ岳山頂です。
展望はそこそこ。
狭い空間でしたから少し戻って昼食休憩です。
今思えば、もう少し先に進んで猫岳周辺で休憩すれば良かった。
多くの方が休憩していました。
風が時々、通り抜けて寒かった。
201111_110445_R.JPG
11時45分、下山開始ですがこの先もそこそこのアップダウンを繰り返しながらの下山です。
ハト峰を目指します。
201111_114658_R.JPG
この稜線は落葉していました。
ドウダンツツジやシロヤシオを思わせる木々が多かった所です。
201111_120129_R.JPG
これから進む猫岳を見上げて、
201111_120447_R.JPG
青空が綺麗なので振り返ったり。
201111_120759_R.JPG
この空間にいるのが楽しくて先に進むのが惜しい位です。
201111_120802_R.JPG
振り返ると登って来た稜線、大陰もしっかりと見えます。
201111_120958_R.JPG
拡大します。
201111_120924.JPG
こんな感じで登って来ると、
201111_121113_R.JPG
12時16分、猫岳に到着です。
201111_121645_R.JPG
アップダウンを繰り返しながら進みます。
201111_122341_R.JPG

201111_122607_R.JPG

201111_122748_R.JPG
標高を下げて来るとブナ林が多く見られました。
残念ながら落葉していました。
201111_123635_R.JPG
歩きやすい登山道です。
201111_124206_R.JPG
山麓の黄紅葉を見下ろしながら、
201111_124246_R.JPG
軽く登ったり、
201111_124332_R.JPG

201111_124437_R.JPG
下っている様子が分かります。
201111_124446_R.JPG
釈迦ヶ岳が後ろに見えて随分と下って来ました。
201111_124703_R.JPG
200m近く下って来ると紅葉が楽しめました。
201111_125002_R.JPG
見上げるとモミジや
201111_125107_R.JPG
ブナの残りですが黄葉。
201111_125157_R.JPG
ブナの白い幹が青空に生えます。
201111_125451_R.JPG

201111_125513_R.JPG

201111_130627_R.JPG
杠葉尾(滋賀県東近江市)に続く登山道の分岐です。
道は分かりにくそうです。
201111_130654_R.JPG
素晴らしい紅葉が最後まで楽しめて、
201111_130733_R.JPG
朝明渓谷の標示、
201111_130802_R.JPG
朝明バス停、
201111_130941_R.JPG
急に雰囲気が変わったのでこのコースでハト峰に行けるの?
201111_131006_R.JPG
少し進むとこんなややこしい標示が出て来て一安心。
御在所岳の下にハトと書いてありました。
隣に新しい道標にハト峰とありました。
201111_131216_R.JPG
暗い林の中を通過すると、
201111_131241_R.JPG
目の前が開けて来て、
201111_131912_R.JPG
御在所岳方向、
201111_132057_R.JPG
ハト?、アヒル?をかたどった石で出来たモニュメントが見えます。
201111_132145_R.JPG
13時20分、ハト峰に到着です。
201111_132226_R.JPG
休憩後、モニュメントを見ながら、 
201111_133229_R.JPG
13時33分、ハト峰峠から猫谷コースを下山します。
201111_133403_R.JPG
沢沿いに下山します。
201111_134256_R.JPG
正面に御在所岳が見えています。
201111_134405_R.JPG
猫谷第一堰堤、
201111_134312_R.JPG
猫谷第二堰堤を見ながらの下山です。
201111_135211_R.JPG
13時58分、猫谷コース登山口を下った所に解説板がありました。
興味のある方は拡大します。
明治21年に作られた物と知って感心し切り!!
201111_135951.JPG
ここからは林道歩きですから急ぐ必要もないので
201111_135823_R.JPG
黄紅葉を眺めながらお茶休憩30分。
201111_141552_R.JPG

201111_142822_R.JPG
駐車場手前の水車小屋公園?でヤギを放して草を食べさしている方が。
10分位、お話したりヤギを観察したりと。
201111_144408_R.JPG

15時6分、駐車場に戻りました。
予想以上に展望も良く黄紅葉も楽しめて、少しスリリングな所もあって季節を変えて歩いて見たいです。

今日は湯の山温泉「グリーンホテル」へ。
以前にも行った事がありましたがすっかりと忘れていて。
源泉かけ流しの温泉です。

今日は台湾料理の庶民的なお店へ。
今日も道の駅「菰野」泊です。

明日、最終日は武平峠から鎌ヶ岳にサクッと登って榊原温泉に移動します。
頑張ったご褒美に最終日はGoTo利用です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2020年11月22日 21:17
今晩は!
鈴鹿の釈迦ケ岳は登り甲斐のある山でしたでしょう(^_-)-☆
道標がしっかり付いていますから迷う事はないですが、距離間隔が掴めないのが辛いかも知れませんね。
流石に、稜線の紅葉は終わっていたようですが、山中ではそれなりの紅葉が楽しめたようで何よりでした。
izumi
2020年11月23日 11:14
山ちゃんさん
この日は今年の黄紅葉登山の中で間違いなく一番の晴れ日でした。
「紅葉狩りはこうじゃなくちゃね!」
なんて言いながら中尾根新道をのんびり登っていました。
歩き始めから前後していた女性3人グループ以外には後から抜かれる事もなく山頂まで。
その辺から多くの登山客があふれかえって来てビックリしました。
ハト峰経由で下山予定でしたが不安になって食事中のグループの方に聞いたらほとんどの方がこのコースで下山するとの事。
初めての山歩きは新鮮ですが、不安もあります。
辛い稜線までの山歩き中、黄紅葉と周りの展望に助けられて登って来ました。