20201201丹沢山塊・塔ノ岳から鍋割山へ

塔ノ岳(1491m)・鍋割山(1272,5m)

時期 2020年12月1日(火)

天気 曇り時々晴れ

行動時間 9時間11分(休憩含む)

駐車場 表丹沢県民の森(奥にトイレあります。)
    
コース 表丹沢県民の森6:35-二俣6:58-小丸尾根登山口7:01-小丸尾根分岐9:30~9:33-大丸9:48-金冷し9:59-塔ノ岳10:20~11:00-金冷し-小丸尾根分岐-小丸-鍋割山12:28~12:50-後沢乗越13:49-小丸尾根登山口-二俣14:37-(15時前に駐車場に戻る予定でした。林道でコースミスをしました。)-表丹沢県民の森15:46

塔ノ岳~鍋割山のGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。

2020年9月30日に女子会登山で鍋割山-後沢乗越-栗ノ木洞-櫟山と歩きました。
前回は大倉から西山林道を1時間以上かけて二俣まで登ってきました。
今回の下山時で疲れていたのもあってか表丹沢県民の森への分岐点を見落として西山林道をかなり下ってしまいました。

2020年9月4日に二ノ塔~三ノ塔~烏尾山~行者岳と歩いてサガミジョウロホトトギスを初めて見ました。
暑さの為、塔ノ岳を目の前に見ながら引き返しました。

小丸尾根に登った事のない夫と今日は頑張って塔ノ岳から鍋割山の周回コースを歩いて来ました。
塔ノ岳は私達は13年ぶりの再訪です。
ビギナーズラックで見事な富士山を背に記念撮影しています。(笑)


6時35分、表丹沢県民の森の駐車場から出発です。
2番目に到着しました。
先発した方はどこまで登ったのか我が家が下山した時も戻っていませんでした。(山小屋泊だったのかな?)
二俣、鍋割山の標示はありますから左方向に進みます。
201201_063642_R.JPG
2か所あるゲートをくぐり抜けます。
201201_065019_R.JPG
最後のゲートを抜けて大きく左方向に登って行きます。
201201_065125_R.JPG
「鍋割山・二俣」、「表丹沢県民の森」、「大倉・堀川」と三差路ですからこんな立派な標示があるのにもかかわらず、我が家は下山時に見落として、「大倉・堀川」方向の西山林道を下ってしまいました。
201201_065100_R.JPG
6時54分、「日本山岳連盟」の基礎を築いた尾関廣の銅像です。
201201_065430_R.JPG
6時58分、二俣に到着。
201201_065827_R.JPG
橋を渡ります。
流石にこの辺の事は最近、歩いたので覚えています。
201201_065847_R.JPG
7時1分、数分歩いた所に小丸尾根登山口があります。
登り口や登り切った小丸尾根分岐に、「こちらの登山道は遭難の多い道です。」と注意勧告があります。
倒木などで通行止の時期もあったそうですが最近、整備されてとても歩きやすい登山道となりました。
雪が積もって道が分からなくなるほど広い所を登って行く所もありません。
201201_070157_R.JPG
7時15分、標高700m位の所はまだまだ紅葉が楽しめました。
太陽が当たっていないので地味ですが。
201201_070401_R.JPG
三ノ塔が見えています。
201201_071510_R.JPG
7時26分、小丸まで2000m。
201201_072615_R.JPG
植林帯の中をしばらくは登ります。
201201_072809_R.JPG
7時45分、太陽も差して来て見上げると青空。
モミジの木も見られて少しテンションアップかな?
201201_074519_R.JPG
8時11分、小丸まで1000m。
右手は植林帯ですが左手は広葉樹が落葉していますから展望がそこそこ開けて来ます。
201201_081146_R.JPG
8時33分、見上げると鍋割山稜が見えてきます。
この辺が一番辛い所でしょうか。
途中で行動食を取りながら登りました。
201201_083302_R.JPG
見上げると青空!
201201_083403_R.JPG
9時13分、今日は富士山の展望を期待して登ってきたのですが、残念ながら霞んでいます。
結果、ここで見た富士山が一番でした。
どこに映っているの?と言われそうですが真ん中を見て下さい。
201201_091324_R.JPG
9時22分、鍋割山稜のブナ林が林立している様子が見られます。
201201_092233_R.JPG
そして富士山です。
201201_092301_R.JPG
少しズームして見ます。
201201_092414_R.JPG
こんな景色を見ながらのんびり登って行きます。
201201_092707_R.JPG
そろそろ稜線も見えて来て、正面を見上げるとブナ林。
すっかり落葉していますが木肌を眺めるのも楽しいです。
201201_092808_R.JPG
稜線手前で振り返って見ている景色は?
201201_093036_R.JPG
秦野市内の先に見える相模湾、
201201_093004_R.JPG
三ノ塔の後ろに見える大山。
201201_093142_R.JPG
そして登って来る夫と富士山。
201201_093045_R.JPG
9時30分、小丸尾根分岐から塔ノ岳に進みます。
ここからはアップダウンはありますが楽しい稜線歩きです。
201201_093338_R.JPG
すっかり落葉した稜線上に最初はモミジかなと思いましたが見上げるとマユミの実が満開。
時々ですが見上げるほどの高さの木がありました。
201201_093447_R.JPG
実が落ちていたので少しかき集めて。
201201_093501_R.JPG
落葉したブナの大木は樹形が楽しめます。
201201_093715_R.JPG
木々の合間から塔ノ岳が見えます。
50分位で登れる所にありますが遠く感じられます。
201201_093727_R.JPG
振り返ると青空とブナ林が面白くて何度もこんな感じの写真を撮っています。
201201_094021_R.JPG
9時48分、大丸を通過。
201201_094819_R.JPG
木々の合間から見る塔ノ岳。
青空も見えていました。
201201_094903_R.JPG
一旦、階段を下ります。
もちろん、帰りはここを登り返す訳で・・・
201201_094908_R.JPG
下りきるとなだらかな尾根道が続いて、左手に塔ノ岳も少し近づいて来ました。
201201_095141_R.JPG
9時59分、金冷し
201201_095956_R.JPG
北方向、丹沢山から蛭ヶ岳に続く山並み、日が差しています。
201201_100620_R.JPG
軽いアップダウンを繰り返して来ましたが、正面の塔ノ岳に向けて最後の階段登りが始まります。
霜柱が少し見えます。
201201_100657_R.JPG
グレーがかった雲が流れて来て、
201201_101902_R.JPG
10時20分、塔ノ岳山頂に立った時はすっかり暗い雲に覆われてしまいました。
201201_102006_R.JPG
10時30分、益々、暗い雲が流れて来て正面には右裾野の富士山がちらっと見えてはいますが・・・
201201_103014_R.JPG
時間は早いですが昼食休憩にします。
山頂に登って来るとそこそこの登山客です。
太陽が出ないので指先が冷たくてちぎれそう!!
201201_110517_R.JPG
11時、寒いので先に進むことにしました。
201201_110703_R.JPG
山頂の尊仏山荘前を通って、(トイレあります。)
201201_110600_R.JPG
風が吹いていなかったのでまだ良かったです。
201201_110746_R.JPG
正面に鍋割山を見ながら階段を下って行きます。
201201_111013_R.JPG
小丸尾根分岐までは来た道を引き返します。
振り返ってブナ林を眺めます。
201201_114016_R.JPG
赤く見えるのはマユミの実です。
201201_114057_R.JPG
11時48分、小丸尾根分岐まで戻って来ました。
201201_114837_R.JPG
かなりの大木のブナ林がこれから多く見られます。
201201_115348_R.JPG

201201_115355_R.JPG
12時2分、小丸を通過。
201201_120247_R.JPG
時々ですが登山客とすれ違います。
201201_120548_R.JPG
鍋割山を見ながら遠くに薄っすら富士山。
201201_120811_R.JPG
こちらの稜線も2度ほどのアップダウンを繰り返します。
201201_121224_R.JPG
9月の時、両足が攣ったのはこの辺の最後の階段登りの時でした。
201201_121655_R.JPG
丹沢、蛭ヶ岳方向は日差しがあります。
201201_122505_01_R.JPG
12時28分、鍋割山に到着です。(トイレあります。)
201201_122805_R.JPG
記念撮影をして、
201201_123106_R.JPG
展望はこんな感じです。
201201_124221_R.JPG
ズームします。
201201_124226_R.JPG
12時50分、そこそこ賑わっていた鍋割山。
皆さん名物の鍋焼きうどんを注文していました。
201201_124954_R.JPG
二俣の標示に従って下山開始したのですが、あまりの景色の違いに不安になって!
一旦、山頂まで引き返したりと。
201201_124526_R.JPG
左に塔ノ岳、三ノ塔の後ろに大山が見えています。
201201_130104_R.JPG
下って来ると少し青空が出始めました。
201201_130543_R.JPG
13時22分、標高を下げて来るとブナの黄葉した葉が枯れながらも少し残っていたりと。
201201_132251_R.JPG
後沢乗越までは急坂を下る事になりますが整備されているので歩きやすいです。
201201_132408_R.JPG
ブナ林が多く見られる下山道です。
201201_132920_R.JPG
13時34分、標高をさらに下げて来ましたから後沢乗越までは紅葉が楽しめました。
201201_133450_01_R.JPG
しかもタイミング良く日差しが出始めました。
201201_133648_R.JPG

201201_133806_R.JPG
足元には多くのカエデの葉が落葉していましたが、充分に楽しめました。
201201_133955_R.JPG
急坂の感じが出ていますね。
201201_134122_R.JPG
正面に見えてる栗ノ木洞の手前に後沢乗越の分岐点があります。
201201_134644_R.JPG
今シーズン、最後の紅葉狩りです。
201201_134805_R.JPG
13時49分、後沢乗越にやっと下って来ました。
201201_134932_R.JPG
標示もありますから大丈夫です。
201201_134906_R.JPG
ここから二俣までは植林帯の中を下ります。
201201_135024_R.JPG
手すりや橋が渡らせてあって歩きやすいです。
201201_135237_R.JPG
手入れされた杉林。
201201_140707_R.JPG
一旦、小さい沢を渡って、
201201_140911_R.JPG
下って来ると、
201201_141310_R.JPG
ここから鍋割山に登って行く方に水のボッカのお手伝いのお願いです。
前回はこのコースを登って行って、鍋焼きうどんを食べましたからもちろん水を運びました。
201201_141417_R.JPG
14時34分、朝、ここから登った小丸尾根登山口前を通過。
201201_143452_R.JPG
14時37分、二俣の橋を渡って、林道を歩きながら日差しを浴びた黄紅葉を眺めてすすみます。
15時前には駐車場に戻れるなんで計算しながら歩いていたにもかかわらず。
201201_144238_R.JPG
15時30分、この分岐の標示を見落として西山林道を大倉方向にかなり下った所で違う事に気がついて戻りました。
201201_153020_R.JPG

15時46分、表丹沢県民の森の駐車場に戻りました。
ガッツリ登って来ました。

東京ナンバーの車で神奈川県の山歩きは許容範囲でしょうか?
GoToも微妙で65歳以上は自粛のようですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 17

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2020年12月03日 20:33
今晩は!
いや~あっ、最後にルートミスがありましたが、丹沢の山歩きお疲れさまでした。時期的に花が終わっていますし、ブナの黄葉も終わっていたのが残念ですね。古木も含めてブナが多い山域ですよね。関西でも中央分水嶺周辺でしか古木は見られないですから、近くだったらじっくり見て歩きたいです。
コロナの感染者が増えてきましたから、都府県を跨ぐ移動が気になりますが、自己管理で出来ていれば問題は無いと思って行動しています。
izumi
2020年12月04日 11:55
山ちゃんさん
丹沢山塊のブナ林の黄葉のピークは11月上旬からです。
意外と見ているようで見ていません。
ついつい、地方に出かけています。
私が見た事がある黄紅葉は、畦ヶ丸と三ノ塔に向けて少しバリルートですが(ちゃんと踏まれたコース。)BOSCOオートキャンプ場からヨモギ平経由で登る稜線です。
シロヤシオの時期は何度も登っている檜洞丸(珍名山ですよね!)の石棚山稜は大木のブナ林が実は素晴らしい所です。
お勧めなんですが、なかなかこちらまでは遠征できませんよね。
私も平日の登山客が少ない時に登るようにしています。
近場の高尾山と言っても、電車に小一時間は乗りますから今はチョット自粛です。
orihime
2020年12月04日 19:56
丹沢山塊は大きいですね!
なかなか行けそうで行きにくい方面で、まだ歩いてない山がいっぱいです。
都会の山で入山の方も多いせいか、しっかりした階段が多いですね~
鍋割山の鍋割うどんも大分値上がりしたようですが、相変わらず人気のようですね。
今春、檜洞丸のシロヤシオを見に行く予定をたてていましたが、悪天候で実施できませんでした。
来年行けると良いのですが・・・だんだん体力が付いて行かなくなりそうです(笑)
izumi
2020年12月05日 12:23
orihimeさん
都会の山ですか?
年々、整備が進んで標示も新しくなってきています。
大倉尾根は一番登山客が集中します。
女子会のリーダーさんの登山クラブは毎月1回のペースで大倉尾根の整備をしています。
勝手にやっていると言っていましたが、なかなか大変な作業です。
平日にもかかわらず、まさに老若男女の登山客が山頂には集まります。
塔ノ岳から鍋割山の稜線上は別ですがコースが多いので人に出会う事はほとんどありません。

檜洞丸のシロヤシオ、女子会のリーダーさんは毎年、通っています。
シロヤシオも当たり年がありますから最近は花数が少なくて。
今年も少なかったようです。
私は最近その時期は京都にいたり、今年はコロナで自粛したりと。
2016年が大当たり年に歩いたので「そろそろ来年あたりかな?」なんて、話していたんですよ!!

確かに檜洞丸のシロヤシオを見るのにはそこそこ体力いりますからね。
私も最初にシロヤシオを見たのは檜洞丸でしたが、奥日光や那須で気軽に見られるのでそちらに通っていた時期もありました。
久しぶりに檜洞丸に戻ってやっぱり「シロヤシオをここで見ないと!」と思いました。(笑)

カスミッシモ
2020年12月05日 15:45
雲が多かったようですが、富士山が眺められて良かったです。
戻りの途中で四十八瀬川を渡れなかったようですね。東丹沢登山詳細図(1:16500)には一般登山道で渡る道が記載されています。
見落としはありますよね。人数が少ないほどリスクが高まりますが、戻ることですね。
izumi
2020年12月06日 11:45
カスミッシモさん
少し落ち着いて地図を見直してみれば、黒竜ノ滝に向かって下って行く標示も見ていたのですからここを下りて反対側に登れは県民の森Pに戻れたわけですね。
気がつきませんでした。
今思えば大倉まで下山する数グループの方が前後していたのでつい、つられてしまった事もあって。
GPSも不安な時は見るのですが・・・