20191031ブナ黄葉の当間山へ

当間山(1028,5m)

時期 2019年10月31日(木)

天気 晴れ

駐車場 当間高原天文台(トイレはありません。周辺にはコンビニもありません。)

行動時間 5時間22分(休憩を含みます)


コース 当間高原天文台・駐車場7:05-登山口7:10-見晴台8:42~8:47-三角点分岐9:04-当間山三角点(1016m)9:09-山頂(1028,5m)9:49-三角点分岐10:12-見晴台10:27~11:03-ブナの回廊分岐点11:42-駐車場12:27

当間山に至るGPS山行記録です。
再生ボタンをクリックすると山行の状況が動きで見れます。

この山も季節を変えてインレッドさんが登っている山です。
今年も11月2日に登られています。
私の方が一足先に登ったのですがやっと、まとめる事が出来ました。
天気は良かったのですが、霞んでいて展望はあまり良くありませんでした。
インレッドさん
が登られて日は八海山、弥彦山、谷川~柄沢山より巻機山に続く稜線と下に飯士山と望めた写真を拝見しました。


あてま高原リゾート・ベルナティオを目指してまずはアプローチします。
近くの天文台の大駐車場に止めてアプローチします。
そこから登山口まで数分です。(登山口周辺も駐車可)
(我が家は確認の為、登山口まで車で行ってみましたが、この距離なら歩いてもたいした事がないのが分かったので駐車場に戻りました。)

7時5分、どこに止めようかと迷うほどの大駐車場から出発です。
191031_070633_R.JPG
登山届のボックスの中には看板に案内されている、「当間山散策道案内図」がもらえます。
191031_071154_R.JPG
7時16分、散策道と書いてあったので、「こんな感じが続くのかな?」と思って歩いていると、
191031_071655_R.JPG
あっと言う間にブナ林の中を進む事になりました。
191031_072329_R.JPG
これにはビックリさせらせて、
191031_073540_R.JPG
言葉が出ませんでした。
191031_074224_R.JPG
見上げながら進む事になりました。
そろそろ日差しが出て来てくれてもいいのにな~!
191031_075256_R.JPG
低木の紅葉したトンネルを潜る所も多々あって、振り返っています。
191031_080339_R.JPG
山頂方面が見えて来ました。
191031_080555_R.JPG
ブナ林の中を抜けたので最初はこれで終わりかな?と思ったほどでしたが・・・
191031_080627_R.JPG
ホツツジの紅葉具合が、
191031_080528_R.JPG
隣にあるにも関わらず、
191031_080656_R.JPG
違うので暫し立ち止まってしまいます。
191031_080700_R.JPG
低木の紅葉したトンネルを抜けて来ると、
191031_081012_R.JPG
8時12分、ブナ林の中を歩く事になりました。
191031_081218_R.JPG

191031_081422_R.JPG
この辺まで登って来て山全体がブナにおおわれているので驚きで歓声を上げています。
191031_082111_R.JPG
足元は枯葉おおわれていてフワフワ。
優しい登山道です。
なだらかに標高を上げて行きます。
191031_082141_R.JPG
8時25分、一本杉を見上げます。
191031_082538_R.JPG
標識が立てられています。
左の幹が一本杉、標識の後ろがその子供、真中に生えているのが孫木でしょうか?
大きく育っているのが頼もしいです。
191031_082641_R.JPG
ここから展望が少し開けて、右手にブナ林、山頂方向が見えて来ました。
191031_082926_R.JPG
気がつくと、日差しも強くなってきて、
191031_082937_R.JPG
木々の合間から青空、
191031_083854_R.JPG
山全体が赤黄葉している様子が見えて、
191031_083927_R.JPG
木々の背丈が高いので見上げながら登る事に。
191031_084041_R.JPG
8時42分、見晴台の櫓が見えて来ました。
191031_084146_R.JPG
今日は霞んでいて遠望はききませんでしたが弥彦山、八海山方向が望めます。
ぼんやりと見えてはいましたが・・・
191031_084348_R.JPG
見晴台から少し下って、
191031_084950_R.JPG
気が付くと周りの木々の幹を太くなって来ました。
191031_085148_R.JPG
「山親父」と言われているブナの大木を見上げています。
191031_085938_R.JPG
手前の曲がった大木が「山親父」ですが、
191031_085846_R.JPG
重なるようにそびえている隣のブナの黄葉の方が綺麗です。
191031_085930_R.JPG

191031_090219_R.JPG
9時4分、当間山・三角点の標示がある所を右手に進みます。
前後してこの周辺が一番、紅黄葉が見事でブナ林の密度が濃く立派でした。
191031_090458_R.JPG

191031_090653_R.JPG

191031_090835_R.JPG

191031_090916_R.JPG

191031_090932_R.JPG
9時9分、当間山・三角点に到着です。
木々の合間から山並みは見えてはいましたが・・・
ここから今朝、登山口で貰った案内図に従って北方向に「猫石コース」を進みます。
アップダウンがありますが、
191031_090948_R.JPG
大木のブナ林の中を進む事になりますから、
191031_091326_R.JPG
戻らずに「猫石コース」をお勧めします。
191031_091401_R.JPG

191031_091436_R.JPG

191031_091438_R.JPG

191031_091419_R.JPG

191031_091523_R.JPG

191031_091520_01_R.JPG

191031_091745_R.JPG

191031_091906_R.JPG

191031_092210_R.JPG

191031_092727_R.JPG

191031_092815_R.JPG

191031_093207_R.JPG

191031_094308_R.JPG
9時49分、当間山(1028,5m)に到着です。
ここから魚沼スカイラインが近いので反対方向からアプローチも出来ます。
191031_095030_R.JPG
周りの展望もありませんからここから周回コースを戻ります。
「猫石コース」ほどアップダウンはありませんから、
191031_095032_R.JPG

191031_095133_R.JPG

191031_100212_R.JPG

191031_100022_R.JPG

191031_100335_R.JPG

191031_100357_R.JPG
10時12分、三角点分岐まで周回コースを歩いて来て合流しました。
ここからブナの回廊分岐点までは同じコースを下ります。
191031_101251_R.JPG

191031_100409_R.JPG

191031_101523_R.JPG

191031_102227_R.JPG

191031_102230_01_R.JPG

191031_102357_R.JPG
10時27分、見晴台まで下って来て、ひと休憩のつもりでしたが、風もなく暖かかったので早めの昼食となりました。
相変わらず霞んだ景色でした。
191031_110420_R.JPG
11時3分、今日も誰にも出会う事もない登山となるのかな?と思いながら下山していたら3組の登山客が登って来ました。
191031_110531_R.JPG

191031_110533_R.JPG

191031_110638_R.JPG

191031_111230_R.JPG

191031_111436_R.JPG
青空と雲、そして紅葉!
191031_112926_R.JPG

191031_111635_R.JPG

191031_113040_R.JPG

191031_113116_R.JPG

191031_113214_R.JPG
手前、緑のブナも新鮮です。
191031_113238_R.JPG

191031_113248_R.JPG

191031_113344_R.JPG

191031_113335_R.JPG
標高を下げて来ると、まだまだ新鮮な黄葉!!
191031_113426_R.JPG

191031_113438_R.JPG
11時42分、ブナの回廊分岐点。
もちろん、進みます。
少しアップダウンがありますが歩きやすいコースです。
191031_114337_R.JPG

191031_114738_R.JPG

191031_115813_R.JPG
振り返ると、光の加減でブナの幹が白く輝いています。
191031_115948_R.JPG

191031_120016_R.JPG

191031_120617_R.JPG

191031_120026_R.JPG

191031_120736_R.JPG
最後は林道沿いに歩いてきましたが、最後の最後までブナ林の中の山歩きでした。
191031_121643_R.JPG

それ程の急登もないコースですから次回は残雪の春先にスノーシューを楽しみたいと思いました。

清津峡小出温泉「 湯処 よーへり」に寄る予定で行って見たら、清津峡の観光客の車か温泉に行く人の車かはわかりませんでしたが、交通整理の人が出ていて駐車場待ちの列。
11月30日で閉館になるとありました。
清津峡を見ながら入れるそうですが・・・

湯沢の街に下りて来て、「駒子の湯」に行ったら休業日。
「街道の湯」は大混雑なので止めて「宿場の湯」に行ったら休業日。

結局、三国峠越えして猿ヶ京温泉の「いこいの湯」に寄って来ました。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

さえ
2019年11月12日 17:10
飯山諦めてもやっぱりブナの紅葉ですね。
ブナの木肌と黄色く色付いた葉っぱはどこでみても素晴らしいですね。
湯沢から近そうなので私もチェックしておきます。

今日は初冠雪から二度目の雪が山に積もったようです。
ぼちぼち雪山シーズンですね!

どこかでばったり出来たら良いですね。
izumi
2019年11月13日 12:15
さえさん
ここは鍋倉や天水山ほどは大木、巨木はありませんが山中がブナ林です。

なだらかに標高を上げていきますからcurumiちゃんも登れますよ!!

今年はいつまでも暖かくで過ごしやすですが、私は鼻風邪気味でなかなか治りません。
(年には逆らえないです!!)