20191211~17カンボジア・アンコール遺跡群の旅(1日目)

12月11日、出発が30分ほど遅れて午前10時過ぎとなりました。

ベトナムのハノイで乗換えですからカンボジアのシェリムアップに到着は夕方の6時過ぎでした。

今回は個人旅行でした。
遺跡巡りは日本語ガイド付きのグループや個人で巡る現地のツアーに申し込んでいました。

空港に着いてホテルからの迎えが来ていませんでした。
ちょっとした手違い?
ロシアに旅行した時だって、いつもちゃんと迎えに来てくれたのに!!
なんて、訳の分らないことを言ったりして。
丁度、日本語のプレートを持って迎えに来ていた現地の人にお願いしてホテルに電話を入れてもらいました。
時間にして40分位のロスタイムでした。
明日は朝早くから日の出を見るツアーが予定されているのに。

後で説明は受けましたが納得が未だにいきません。


空港から出た所で不貞腐れています!
191211_205611_R.JPG
夫は紙に名前を書いて探して見ましたが!
皆さんのぞいて見てはくれますが・・・
191211_205901_R.JPG
こんなにプレートを持って迎えに来てくれてるのに、さすがに疲れがどっと出ました。
191211_210528_R.JPG
予定では「オールドマーケット」や「パブ・ストリート」に歩いて行ける所のホテルでしたから外で食べる予定でした。
ホテルのレストランで手っ取り早く夕食を食べました。
美味しかったです!!
191211_230639_R.JPG



アンコールワット遺跡群1日目のGPS記録です。

12日は朝4時35分にホテルに迎えに来てくれます。
数か所のホテルに寄って行きますから少し余裕を持った時間。
11人のグループとなりました。
5時過ぎにチケット売り場へ先ずは行きます。
写真を撮って顔写真の付いたチケットを受け取ります。
1日券(37ドル)を買いましたが我が家の場合は3日券(62ドル)(1週間以内の任意の3日間利用可)を買えば良かった所でしたが、研究不足でした。
191212_070803_R.JPG

191212_074031_R.JPG

191212_074107_R.JPG

191212_075915_R.JPG
気球に乗ってアンコールワットと日の出を楽しむツアーもあります。
191212_081329_R.JPG

191212_083259_R.JPG

191212_083847_R.JPG
ハスの花が綺麗に咲いていました。
191212_084514_R.JPG
一旦、ホテルに戻って朝食を取ってから遺跡巡りとなります。
アンコール・トム(仏教)
191212_113602_R.JPG
門をくぐって行くと、
191212_113911_R.JPG
象がいました。
カンボジアで象を見たのはここだけでした。
191212_114054_R.JPG

191212_115455_R.JPG
第一、第二回廊に施されたレリーフを見ながら中へと進んで行きます。
191212_120229_R.JPG

191212_120309_R.JPG
日本語を巧みに話すガイドさんでした。
191212_120357_01_R.JPG

191212_120654_R.JPG

191212_120513_R.JPG

191212_120729_R.JPG

191212_120856_R.JPG

191212_120939_R.JPG

191212_121024_R.JPG

191212_121036_R.JPG

191212_121132_R.JPG

191212_121343_R.JPG

191212_121932_R.JPG

191212_122306_R.JPG

191212_122405_R.JPG
回廊の様子がわかります。
191212_122804_R.JPG

191212_122909_R.JPG
車が入れない所では歩いて移動する所もあります。
191212_124240_R.JPG
バプーオン(左手の空中参道はアンコール・ワット造営の建築的試作のひとつと言われています。)
191212_124006_R.JPG
ピミアナカス寺院を横に見ながら、(ガイドさんが必ずポイントでは写真を撮ってくれます。)
191212_124954_R.JPG
門をくぐります。
191212_125523_R.JPG
広々とした所に出ます。
191212_125943_R.JPG
アンコール・トムの城壁を巡らした都の一部である「象のテラス」
191212_130201_R.JPG

191212_130154_R.JPG
左隣にはライ王のテラス
高さは約6mです。
ここから数分ですが車移動して、
191212_130622_R.JPG
タ・プロームへ。
熱帯の地域で管理を行わないとどのようになるか。
自然に力を明らかにするために樹木の撤去や本格的な積みなおしなど修復の手を下さないまま据え置かれきた寺院です。
191212_133951_R.JPG
191212_134136_R.JPG

191212_134218_01_R.JPG

191212_134536_R.JPG

191212_135125_R.JPG

191212_135246_R.JPG

191212_135537_R.JPG

191212_135634_R.JPG

191212_135746_R.JPG

191212_140149_R.JPG

191212_140339_R.JPG

191212_141618_R.JPG
土産物屋さんに寄って、昼食休憩。
途中で休憩を兼ねて1時間のマッサージ(12ドル)
191212_152226_R.JPG

アンコール・ワットに観光です。
191212_173811_R.JPG

191212_174539_R.JPG
1715年、日本人として最初にアンコールワットに足跡(落書き)を残したと知られる森元右近太夫の説明を聞きながら、
191212_181157_R.JPG

191212_181207_R.JPG

191212_182702_R.JPG

191212_182822_R.JPG

191212_175125_R.JPG

191212_180356_R.JPG

191212_181649_R.JPG

191212_182920_R.JPG
第三回廊まで登って来ました。
191212_182240_R.JPG

191212_183259_R.JPG
急階段ですから下りる時のほうが怖い!
191212_183646_R.JPG
見る角度によって違います。
191212_184158_R.JPG

191212_184056_R.JPG
第一回廊の乳海撹拌のレリーフ。
(中央にヴィシュヌ、その下に彼の化身の亀クールマ。
ヴァースキを引っ張っているアスラが左側に、神々が右側に描かれています。)

東西南北にレリーフは描かれていてストーリーがあります。
ポイントごとに説明を受けながら見て来ました。
191212_185057_R.JPG
観光時間もゆっくりとしていて、充分だったのですが、
191212_184435_R.JPG
16日の最終日前日に時間に余裕があったのでアンコール・ワットは再訪することになりました。
191212_185133_R.JPG
夕日スポット、「プレ・ループ」へ
191212_191944_R.JPG

191212_192537_R.JPG
正面はあまりに急階段なので左右に手すり付きの階段があるので下りはこちらから。
191212_194110_R.JPG
移動中の湖越しの夕日の方が感動的です。
191212_195100_R.JPG
最後は夕食付きのディナーショーでした。
191212_222023_R.JPG


写真の量が膨大で少しずつまとめたいと思っていますが年内はここまでとなります。
皆様、よいお年をお迎えください。
来年もよろしくお願いいたします。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

さえ
2019年12月25日 22:02
しばらく更新が無いと思っていたらやっぱり海外でしたか!
現地の人がプレート持って待っている情景は見るのですがお客がプレートは初めてです。やっぱり海外は大変ね!
私たちは定年になったら毎年ハワイに行ってハワイの山を歩こうと思っていたけど、curumiが番狂わせ!それも良しと思って、izumiさんのレポを楽しませてもらいます。またどこかでお会いしたいわ。時間が出来たら遊びに来てくださいね。来年いっぱいでうちも第二の定年です。
izumi
2019年12月26日 11:35
さえさん
ここ数年は観光旅行が中心でしたから効率よく観光出来るツアー旅行に申し込んでいました。
一長一短で、今回は原点に戻って個人旅行となりました。
ホテルが選べるのが魅力的でオールトマーケットまで歩いて数分の所でした。(決して高級ホテルではありませんが、普通のホテル。)
毎日の観光はやっぱり説明を聞きながら見たほうが良いのでオプショナルツアーを申し込みました。

ハワイは我が家は夫と息子がお気に入り、私も好きですがやはり色々な所へ行って見たい気持ちが先行して。

孫ちゃんがもう少し大きくなったら絶対に連れて行くと夫は今から言っています。

我が家は明日から京都の湯の花温泉に一泊して、息子達家族はお嫁さんの実家の奈良へお里帰り。

私達は亀岡に行ってまだ残っている荷物整理を兼ねて1日まで。
姫路城が綺麗な内に見て来ようか?なんて言っていますが・・・

我が家もボチボチと山歩きを再開しましたが、寒くなると少し遠のいてしまって。
来年はまた、お邪魔させていただきたいと思っています。
orihime
2019年12月28日 20:39
izumiさん、いいな!いいな!

アンコールワット遺跡が見たくて、
カンボジア旅行したいなあ!なんて思いつつ
実現出来ぬまま現在に至ってます。

レポ、楽しみにしてま~す(^_-)-☆
izumi
2019年12月30日 21:10
orihimeさん
アンコール遺跡巡りは体力勝負です。
娘からも階段登りがかなり大変。
しかも暑いから日本の冬の時期がお薦めと言われてました。
少し前までは階段に手すりもほとんどついてなかったようですから、大夫整備されてきているようです。